2014/09/28

その後、近況

ALSによる悪魔のような急激な進行から3ヶ月。
何とか進行スピードは落ちてきましたが、中々日常を取り戻せないでいます(;ω;)
少しずつ日常を取り戻せるよう頑張りたいとは思ってはいますが、あまりにも急激に失いすぎました(涙)

ブログを読んで下さってる皆様にはご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ございません。
日常を取り戻せるよう頑張っていますので、復活できるよう祈っていてください(o^-^o)
取り急ぎご報告まで。。。

| | トラックバック (0)

2014/07/06

止められない

今から約4週間前、突然右足の裏から始まった闘病生活22年間で最悪最速なALSによる筋萎縮。
何とか止めたいと頑張ってきましたが、努力虚しくどんどん痩せてしまい、更にALSはガン細胞のように他の部位にも伝染。右腕も左の腹筋もわずか1週間で残存筋肉の50%が失われてしまいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
こんなスピードで進行していったらあと半年ももたないかもしれません・・・。
夜寝るときは大丈夫なのに、朝起きると痩せてしまっています。
朝が怖いです・・・(涙)

あぁ、どうして突然こんなスピードに?!
チクショー!ALSなんか大嫌いだ!!
お願いだから止まってくれ!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014/06/28

ALS関連ニュース(06/27/2014)

脚の筋萎縮のスピードは落ちてきたものの、まだまだ安心はできない状況です(´;ω;`)ウウ・・・
そんな中希望が持てるニュースが入ってきました☆

iPS細胞:ALSマウスが長く生存 京大 (毎日新聞 2014年06月27日)

 京都大iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究グループが26日、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の状態を再現させたマウスにヒトのiPS細胞から作られた細胞を移植することで約8%生存期間が長くなる効果があったと発表した。論文は米科学誌「ステム・セル・リポーツ」オンライン版に掲載された。iPS細胞を使ってALSの細胞移植治療ができる可能性が示されたとしている。

 研究グループは、ヒトのiPS細胞から神経の軸索を取り巻く細胞に分化する「グリア系神経前駆細胞」を作製。全身の筋肉が動かなくなるALS症状のあるマウスの腰髄に1匹あたり8万個を移植したところ、平均生存期間は約162日となり、移植しないグループ(約150日)より約8%長生きした。足が動かなくなるなどの症状の進行も緩やかになった。

 また、移植した部位では、移植した細胞が神経ネットワークを維持する細胞に分化していることが確認され、神経細胞の生存を可能にするたんぱく質も増加していた。

 井上教授は「根本的な治療法の確立にはまだ課題は多いが、iPS細胞を使った移植治療である程度の生存期間を延ばす効果が期待できる」としている。

早く!一刻も早く実用化を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/06/14

スイッチが・・・

マズイ・・・ここ一週間で右足の甲と裏の筋萎縮が急速に進んでしまいました・・・(涙)
最近、右足の筋肉痛が続いていましたが、遂に限界を超えてしまったようです。
ALSのスイッチが入ってしまいました。
すねも太ももも痙攣し始めました。マズイ・・・(悲)
何とか止めないと。
お願い!止まってくれ!!
神様助けて・・・( ´;ω;`)ブワッ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/06/08

やっと逢えた

9日前になりますが、同じ市内に住む同病の方のお宅にお邪魔しました。
その方とは同じ訪看ステーションを利用していることからお互いの存在を知り、いつかお会いしたいと思いつつもタイミングが合わず時間だけが過ぎてしまっていました。
それがW杯でレイソルが中断期間に入って、時間に余裕ができたので今回遂にお会いすることができました(*^ω^*)ノ彡

20140531
訪看ステーションの所長さんと看護師さんが同席してくださいました☆
ありがとうございます。

Iさんは旦那さんと2人暮らしで、ALSを発症して15年。私は22年。お互いベテランです(苦笑)
旦那さんがサッカー好きということもあり、レイソル談義で盛り上がりましたよ~(≧∇≦)
季節の良い時期に是非レイソル観戦をご一緒しましょうと提案しました(^_-)-☆

お酒が大好きで今でも毎日飲んでいるIさん。
薬もビールでならむせずに飲めるらしいです。主治医黙認(笑)

約1時間、楽しい時間を過ごせました☆
お互いこの後予定があるため、またお会いすることを約束してお別れしました。
旦那さんにも大変お世話になりました。
本当にありがとうございました!!(o^-^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/23

酵素で神経細胞が再生…京大

あぅー、久々の更新になってしまいました(汗)
3月のJリーグ開幕からほぼ毎週続いたレイソルのホームゲームも10日で一段落。
毎週観戦が終わった途端、疲れが出たのか、身体のあちこち不調が現れてしまいました(´・ω・`)ショボーン
私の体力的には2週に1回くらいが丁度いいです(苦笑)

さて少し前ですが、こんなニュースが入ってきました。

脊髄損傷、酵素で神経細胞が再生…京大グループ (2014年05月16日 読売新聞)

 体内では再生しないとされる神経細胞を酵素(たんぱく質)の投与で再生させることにラットの実験で成功したと、武井義則・京都大特定助教らの研究グループが15日、科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。脊髄損傷などの新たな治療法になる可能性があるとしている。

 神経細胞は、体の各部位と脳の間で信号をやり取りしている。脊髄には、神経系の細胞のもとになる神経幹細胞があるが、通常は体外で培養しないと神経細胞に変化しない。交通事故などで脊髄が傷ついた際、神経幹細胞は患部に集まってくるものの、傷口をふさぐ細胞にしか変化せず、神経細胞にはならないため、信号がやり取りできなくなり、手足にまひが生じる。

 グループは、脊髄で神経細胞への変化を抑えている物質を特定。この物質の働きを止める酵素を、脊髄の半分を損傷させたラットの患部に2週間注入し続けた。すると、投与開始から1週間後に新しい神経細胞ができ始め、4週間後には後ろ脚で体重を支え、動き回れるようになった。投与しなかったラットはほとんど動けなかった。

 武井さんは「軽い脊髄損傷なら、症状をある程度抑えられるのではないか。重度の場合も、酵素で再生を促した後、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞を補えば、より効果的な治療になるだろう」と話している。

失われた神経細胞をiPS細胞を使わずに再生する方法・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
興味深い報告です☆
ALSにも応用できないでしょうか?!
応用を期待しましょう☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ここから