« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/30

地鎮祭

天気も良くなって気持ちも少し前向きに♪(励ましてくださった皆さん、有難うございます☆)

昨日は新しい家の工事のための地鎮祭が行われました。
以前の家が完全に取り壊されてから初めて現場を訪れてみたのですが、玄関先にあった金木犀の木も無くなってしまっていて、何かとても悲しくなってしまいました・・・(涙)
地鎮祭の様子その木は以前にも(駐車場拡張のため)切られそうになったときがあり、その時は父親に言って残してもらったのに・・・。今回も散々切らないようお願いしていたはずが切られてしまっていました。
新しい家は基本的に兄がメインなので、大学から家を出て生活している兄にとっては思い入れはなく、ジャマだから切った程度のことなんです(悲)

こんな兄ですが、口には出さないけど、身体の不自由な私や母の面倒は自分が見なければいけないと思っているらしく、その気持ちを考えると文句も言えません。
それでも私は家を出て、できれば自分の力で生きていきたいと思っています。
でも、戻ってこられる場所があると思えば安心して頑張れると思うので、金木犀は思い出としてココロの中にしまって、今は新しい家ができることを楽しみに待ちたいと思います(^_^)
ちなみに、新しい家には光ファイバーを入れる予定なのだ~☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/28

ここ2,3日の出来事

・入院していた伯母さんが亡くなった
・ガールフレンド→友達になった
悲しいことが続くと気も滅入ります。
ガールフレンドの件は、自分に原因があったと反省。
だから、今はあまり書く元気がありません。(悲)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/25

もうすぐ中秋節

9月28日(旧暦8月15日)は中国では中秋節といい、月餅を食べる習慣があり、中秋節には月餅を贈り合うのが一般的です。
私も以前この時期に現地にいたことがありますが、デパートやスーパーでは沢山の色んな月餅が売られていて、見るだけでも楽しいです。
しかし、この月餅のオーソドックスなのにはアヒルの卵の塩漬けが入っていて、甘いんだかしょっぱいんだか(基本的には甘い)分からないし、結構ボリュームがあって、普段お菓子系をあまり食べない私にはヘビーでした(笑)
そんな私も7年前に初めて上海に行った時に会社の現地事務所でコーヒーと一緒に出された月餅を食べた時に、あまりに美味しくて驚きました。たぶん、高いのだったんだと思います(笑)

最近は色んな味の月餅があって、オーソドックスなのが苦手な方でも大丈夫みたいです。スターバックスではコーヒー味の月餅が売られているらしい!(笑)
日本では横浜中華街くらいでしか売っていなさそうで残念・・・って思ったら、ネットでも売ってました☆→コチラ
もうすぐ、中国から王お姉さんが来るから買ってきてもらおうかな~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/09/24

アルバムソフト

デジカメで撮影した写真をPCに取り込んで閲覧するのにアルバム感覚で見ることの出来るフリーソフトを発見♪
『蔵衛門10デジブックPLUS』っていうフリーソフトで、コメントも入れられて、それを好きなレイアウト(限られては
いるけど)で印刷も出来るし、結構使えそう。
もともと会社にいる頃、『画殿蔵衛門』というソフトを使っていて、これはそれの機能限定版。
画像の編集はシェアウェア版を買わないとダメだけど、コメントも一緒に印刷したりするのはこれで十分かもしれません。
買ってもいいかなぁなんて思ってたら、メールが来てキャンペーン中らしい☆(買っちゃう~?・笑)

蔵衛門通信200号突破記念感謝キャンペーンはコチラ↓
http://www.kuraemon.com/campaign/20040902/

『蔵衛門10デジブックPLUS』ダウンロードはコチラ↓
http://www.kuraemon.com/products/digibookplus/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/23

散髪しました♪

昨日は約2ヶ月ぶりに髪の毛を切りに行ってきました☆
ガールフレンドに付き合ってもらって、いつも行ってる亀有の美容院に行こうと思っていたのですが、店長の腰痛が再発したらしく(以前の腰痛に関しては、コチラ)いないということなので、わざわざ片道1時間半掛けて運転してもらうのも忍びなく、今回は地元のお店へ♪
ベリーショートより少し長めくらいに短くしました。(笑)
もともと短目が好きで(シャンプーが楽・笑)、っというよりも、長いのが似合わないんですね。
似合わないと分かっているけど、一度くらい冬ソナのヨン様ヘアーみたいなのしてみたいと思う今日この頃です・・・(笑)
もう少し涼しくなったら・・・?(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/20

黄金の国・・・?

一昨日の夜、NHK BS1で放送されたBSドキュメンタリー「日本に来てはみたけれど~中国人就学生寮の1年」を観た。
近年、増加する外国人犯罪の対抗策として国は外国人就学生の入国審査基準を厳しくしたことは記憶に新しい。
番組では日本語を習得し、日本の大学に入学するために必死に勉強しながら物価の高い日本で苦悩する学生達の姿が描き出されています。

苦悩する中国人就学生入国後3ヶ月はアルバイトしてはいけない規則の中、持ってきた十万円と10kgのお米で生活する男の子。彼らにとっての十万円とは、ほぼ年収にも匹敵する額である。最近の中国は目覚しい経済発展によって所得も増えてはいますが、それは限られた沿岸地域の大都市部のみだけです。彼らの親がどんな思いでお金を工面し日本へ子供を送り出したか彼らも重々承知しているからこそ、何がなんでも日本で成功しなければいけないという重荷を背負って頑張ってるのでしょう。

しかし、そんな苦学生に日本は決して優しくなく、やがて夢を諦めて国に戻る者、国にも戻れず消息を絶ち不法滞在者になる者が出てきます。
日本で犯罪を犯す不法滞在外国人は、きっと最初は彼らのように日本での成功を夢見て真面目に勉強しに来た人も多いでしょう。そう考えると、外国人犯罪を増やした原因は日本の社会自体にあるとも言えるのではないでしょうか。

一生懸命勉強して国立大学に合格した女性は合格の報告を中国の両親に電話します。母親に代わってと父親に言うと、今いないから、後日入学手続きを終えたら連絡してくれと言われます。後日、手続きを終えて電話した彼女に父親は衝撃的な告白をします・・・母親は半年前に急死したと。
半年もの間、頑張ってる娘のことを考えて母親の死を隠し通した父親の思いからも娘への愛と期待を感じました。

多くの日本人が中国人に対して良いイメージを持っていません。
でも、中には物価が10倍もするようなこの国でジャパン・ドリームを夢見て必死に頑張っている人達もいるということ。そんな彼らに決して優しくない日本の社会。
今でも彼らにとって日本は『黄金の国』なんです・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/09/17

初遭遇?

昨晩のこと。
お風呂にでも入ろうかと思い、着替えを取りに部屋の明かりをつけて中に入ると・・・
窓の障子の辺りで、「ガサガサッ!」
はぅ、ゴ・・・ゴキ○リかぁぁぁ!? と思い、窓に目をやると何やら動く物体が・・・
あきらかに永遠のライバルとは違う容姿・・・
「ヤ、ヤモリかぁー!?(汗)」
奴もビビったらしく、4本の足でクネクネと横に移動。
少し開いていた窓のところの網戸の隙間から逃げていきました。(ふぅ~・・・)
その間、一歩も動けずに目だけで奴を追っている私(笑)

良かった~、出て行ってくれて♪
ヤモリは家を守る神様だから殺しちゃいけないっていうしネ。(^_^)
でも・・・、家の中で遭遇したのは初めてかもしれない。あんまり会いたくない相手です(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/09/16

今、気になってる本

少し前に新聞の広告欄に載っていて目に留まり気になっている本。
【セックスボランティア】河合 香織 (著)
セックスボランティア】河合 香織タイトルにも惹かれたけど、アマゾンのレビューを読んで更に読んでみたくなりました。レビューの中にあったフレーズの一部を引用させていただくと、

24時間テレビのようなもののおかげで、障害者は、何か爽やかなものに打ち込む人間か、聖職者のような高潔な人間でなければならない、という風潮がまた強まってしまうというのだ。たしかに、障害者は欲望など持ってはならず、恋愛やセックスのことを語るなどもってのほかで、静かに生きて静かに死んでいくべきだという風潮は拭い難くある。むろんそういう仙人のごとき生活を自ら送る障害者もいるだろうが、障害者を「個」として認めるなら、恋愛や性愛に執着する障害者がいてはいけないとすることはできないはずだ。

まったく同感です。
障害者の「性」を語ってはいけないみたいな風潮が根強い日本。恋愛する事すら許されないかのような社会のままでいいのでしょうか・・・。
幸い私には女神のようなガールフレンドがいますが、少し前まではもう一生恋なんて出来ないし、しないとすら思っていたのですから。(彼女がいなかったら、きっと今でもそう思っていたでしょう)

是非、読んでみたいと思います♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/09/14

あなたの恩師とは?

ふと思ったこと。
よく、『私の恩師が・・・』と言ったりしますけど、残念ながら私は使ったことがありません。
なぜなら、どれくらい影響を与えてくれたら【恩師】と呼べるのか・・・というよりも、それほどの影響力を持った方に出会っていないのかもしれません。(悲)
学校の先生?会社の上司?お世話になった方は沢山いらっしゃいますけど・・・。

お世話になった方という意味で誰か?と言われれば・・・
3年前に中国の病院に一人で3ヶ月入院しに行った時に、現地で色々面倒を見てくださった中国人の王さんです。と答えるでしょう。
仕事でも個人的にも何の関係なかった私をまるで家族のように面倒見てくれて、言葉の通じない国で一人ぼっちの私が何の心配もなく3ヶ月過ごすことが出来たのも彼女のおかげです。

退院してからも毎年彼女に会いに行き、今でも交流があります。
そんな彼女が10月に2年ぶりに来日するかもしれません。今からスゴク楽しみ♪
皆さんは恩師と呼べる方いらっしゃいますか?(^_^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/09/12

BF調査結果レポート その4(最終回)

最終回は客室です☆

客室内にあった机机天板にあるライトのスイッチ【客室内の机】
まぁ、一般的な執務机です。(笑)
強いて言えば、卓上用のライトのスイッチが天板上にあって押しやすいのは合格♪
でも、もう少し端にないと、上に何か置いちゃって間違って消しそう?かも。それにちょっと大げさすぎないかなぁ・・・(分かりやすいと言えば分かりやすいけど)

窓が小さく暗い室内【窓】
ホテルのくせに窓が小さい!(怒)
構造上小さいという訳でもなさそうなのに何故この程度なんでしょう。低層階ならまだしも、せっかく遠くまで見れるのだからもう少し大きくすればカップルに受けそうなのに~(笑)もったいない!
せめて、隣の壁に絵でも飾りましょう☆

ベット横のキャビネット【ベット横のキャビネット】
高さ的にも低めでいいのですが、証明のスイッチが壁に~(涙)
これだと車イスでは届かないです。天板上か前面上部に分かりやすく設置すべきですね。(点字表示もなかったです。)

■総評■
全体的に殺風景(笑)
聴覚障害者に配慮し、非常時にフラッシュなどにより情報を伝達する非常警報装置を設置するか、若しくはそれに代わる設備を用意するはずなのに、それも無いし。
ホテルという場所はある意味非日常な空間であり、訪れるお客さんは皆期待して部屋の鍵を開けるのだから、開けた時に思わず笑みがこぼれるような空間を提供すべきではないでしょうか。それが例えバリアフリー対応な部屋であってもです。
使いやすさ+デザインが備わった時に、『あぁ、いい部屋だなぁ♪』と初めて思えるのであって、使いやすい=ユニバーサルデザインでは決してないのですから・・・ね。(^_^)

参考に、以前泊まった北京のBFルームの写真の記事をリンクしておきます♪
5ツ☆というのもあるかもしれませんが、ワクワク感が全然違いますよー。(笑) →中国滞在記-北京(5)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/11

BF調査結果レポート その3

今日はバスルームのレポートです☆

トイレ詳細【トイレ】
INAXのオストメイト洗浄機能が付いたウォッシュレットタイプです。
手すりなども十分だと思うのですが、せめてウッド・タイプにしてほしかったです。(悲)
というよりも、なんかこう・・・いかにもっていうのはどうかと思いますね。
ちなみに北京で泊まった5ツ☆ホテルのトイレには壁に12インチくらいのTVが埋め込まれていて、何時間でもいられそうでした。(^_^)

トイレの壁についてるスイッチ類【トイレの横の壁についているスイッチ類】
ウォッシュレットのスイッチと洗浄ボタンが並列されて配置しています。洗浄は自動にすればいいのになぁと後で思ったけど、実はそうだったのかも?(座らなかったから分からなかった・・・笑)
それらのスイッチより少し高めに「緊急呼び出しボタン」が設置されていたけど、個人的な意見を言わせてもらえれば、このボタンはもし転倒して立ち上がれない時(私は1人では起き上がれません)には届かないので使えません。出来れば、床から30cm以内くらいにある方が安心します。

バスタブ詳細【バスタブ】
これは意見が分かれるかもしれませんが、私の意見としてはバスタブはいりません。(笑)
エプロン部分をまたぐのも危険ですし、一応座った形でエントリーできるようにはなっていましたが、バスタブ内に座ってしまうと起き上がれないです。長期滞在ならまだしも、1~2泊程度ならシャワーしか浴びないので、楽に入れるシャワー・ルームの方が安心して1人で入れるのです。車イスの方や介助する方の労力を考えてもその方が実用的ではないでしょうか☆
【シャワー】
壁2方向に取り付け可能で、高さも自由に変えられましたし、お湯の出し止めも簡単なタイプでした。シャワーノズル部分だけでもボタンでお湯を出し止め出来ます。(これは合格♪)

バスタブ横のスペース【バスタブ横のスペース】
壁にもシャンプー、リンス、ボディソープの機械が取り付けられていましたが、ボタンが硬くて私なんかには無理だよ~って思っていたら、ちゃんとここにも置いてありました。(笑)
その他にも取り外し可能な簡易手すりも用意されています。

この部分から座ってバスタブ内に滑るようには入れるのですが、その斜め部分がバスタブ内で立っていると滑って転びそうでスゴク恐い!(涙)とりあえず、フロントに電話してバスタブ内に敷く滑り止めをお借りしたのですが、入っている最中は常に転ばないよう気を使ってました。←これだからバスタブはキライ!っていうか、いらない。(笑)

実際に使ってみて・・・
こんなに広いんだから、車イスのまま入れるシャワールームの方がよっぽど実用的では??という感想です。(^_^)
次回はベットルームと総評です☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/09

BF調査結果レポート その2

出発当日、ガールフレンドに迎えに来てもらい一路千葉市を目指します。
ウチから千葉市へはR16をひたすら南下します。この道で千葉市に向かうのは10年近く前に千葉大付属病院に通っていた以来でしたので、何か懐かしく外の風景を眺めていました。
途中、白井を通過した際に、道路沿いの梨畑には沢山のお客さんが来ており、もうそういう季節なんだなぁと実感しました(笑)

予定通りホテルに到着し、チェックイン。ロビーに入るなり、私だと分かったらしく向こうから声を掛けて来ました。
思ったより対応はよく、今までの経緯が残念に思えます(悲) 鍵をもらい、早速部屋へ向かいます。
エレベーターを降りて一番近い部屋です。(この点は合格☆)
扉は残念ながら引き戸ではありませんでしたが、鍵穴の上には点字が表示されていました。(この位置でいいのかは??)
鍵にも点字が付いてました。最近のホテルはカード式の鍵が多いのですが、めずらしく違います。カード式だと部屋固定できないのかな?

部屋は広めで車イスでも十分な大きさです。
バスルームの扉は引き戸。このホテルではユニバーサル・ルーム以外でも59室が引き戸にしているらしいです。
中の幅は車イスでもOK♪ トイレはオストメイト対応です。
洗面所も車イスでもできるよう下が開放されていました。

全体的にキレイでいいんですが、なにかこう・・・少し病院くさいと言いますか、もうちょっと温かみとかホテルっぽくてもいいのかなぁというのが感想です。(きっと、こういう特別個室の病室あると思います)
この辺は考える余地アリですね☆

カギ鍵穴の上の点字バスルームの扉
バスルーム内部部屋内ベットとTV

次回はバスルームに関してレポートします☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/09/08

BF調査結果レポート その1

先日泊まりに行ったホテルの客室(ユニバーサル・ルーム)のバリアフリーの実態をレポートしたいと思います♪

行ったのは、千葉市中央区にあるホテル、京成ホテル ミラマーレです。
京成ホテルグループは積極的に施設のバリアフリー化を取り入れており、その中でもミラマーレは2年前に完成した新しいホテルです。ちなみに京成ホテルグループはその取組みを評価され、【平成15年度バリアフリー推進化功労者表彰・内閣総理大臣賞受賞】を受賞されたらしく、少し期待していました。

HPを観ていると、丁度9/1から開業二周年記念特別プランを企画されていて、毎日10組限定で格安に泊まることができるらしいんです☆ 早速、予約を入れようとガールフレンドに電話してもらった所、ユニバーサル・ルームは対象外なので特別プランでは泊まれないというではないですかっ!
・・・それはないだろー!(怒)
確かにユニバーサル・ルームは通常のツインより広く、大きさ的には1ランク上のツインと同じ大きさではありますが、それは車イスを考慮したスペースを確保するためにやむを得ない大きさであり、必要条件です。
ただ部屋が大きいから対象外って! それを聞いた私はメールを送りました。
「ユニバーサル・ルームが対象外ということですが、では私のような者でも通常のツインで大丈夫なのですか?それよりも、障害者や車イス利用者はお得なプランを利用できないと言う事ですか??」
しばらくして返事が来て、「通常料金のお客様からの問い合わせが多いので、お得プランからユニバーサル・ルームを対象外にしていますが、今回は空いているので特別にお受けします。」と言うではないですか。

私の意見を言わせてもらえれば、お得プランではユニバーサル・ルームは対象外になっているので、本当に必要な人は通常料金で泊まるしかないと思ってしまうのでは?? 一概に言えませんけど、安く泊まれるならその方がいいと思うのですが・・・ねぇ?

ハード面がいくら整備されても運営する人たちの意識といったソフト面まで理解されていないと、せっかくの取組みも意味がありません。『誰がためにユニバーサル・ルームを作ったんだろう?』・・・と思いつつ、実際に会って話す事として予約を入れました。

次回、実際に泊まった部屋をレポートします☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/05

今日はこれから1泊でお出かけ。(BF調査)

今日はこれから1泊でお出かけです。
いま計画中の成田のホテルのバリアフリー工事の参考になりそうなホテルをネットで発見して、忙しいガールフレンドに無理を言って急きょ行くことにしたのです。
そのホテルグループは、『平成15年度バリアフリー推進化功労者表彰・内閣総理大臣賞受賞』を受賞しているらしいので、どれだけ整備されているか自分の目で見てきたいと思います♪
レポート結果は後日御報告したいと思います。
では、行ってきまーす☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/04

やったな~、ネネ(涙)

先日の事。
ウチの愛犬ネネは家の中に入るのが大好き♪
普段は庭で放し飼いなのですが、仮屋の庭のフェンスがまだネネ仕様になっていない為に逃げる可能性があったのでヒモでつなげていました。そんなネネをカワイそうに思い、夜は家の中に入れてあげていました。

その日もリビングの床で悠々と寝ていたのですが、母親が庭に出ると一緒に出たがって窓の近くでウロウロ(^_^)
『ダメだよ~ネネ、出れないよ♪』と言うと、少し悲しそうな顔でこっちを見た後、トボトボと私の部屋の方にしばらく行って、またリビングで寝始めました。

部屋に携帯を忘れた事に気付いた私は部屋に入り明かりをつけると・・・
なんと、カーペットの一部が濡れている?じゃありませんか!!
雨が漏ったのかー?? イヤ、ここは1階で上には部屋がある(汗) ま、まさか・・・
ネネ~、やってくれたなー!(怒)
そうです・・・オシッコしちゃったんです、私の部屋に・・・トホホホ。

よく新しい場所に行くと匂い付けにしますけど、家の中にしなくても~。若しくは単にオシッコがしたかっただけかもしれません。
その後、庭のフェンスを全部直して逃げられないようにしてネネを解放☆
もう、しばらく家の中には入れられません・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/01

障害を持って働くということ Ⅱ

少し前の記事ですが、こんなのを発見!

2004/08/10
知的障害を持つ人々の雇用の場を創出することを目的に特例子会社を設立-ブリヂストン、「ブリヂストンチャレンジド株式会社」-
2004/08/03
障害者の雇用促進を目的とした新会社を設立-NTT、「NTTクラルティ株式会社」-

ここでキーワードとなるのが、「特例子会社制度」です。
簡単に言ってしまえば、親会社で障害者を雇用する環境が無い場合、子会社で雇用した障害者を親会社の雇用としてカウントできる制度ということです。
この制度だと、ある程度安易に障害を持った方でも働ける環境を提供できるので、雇用促進を促す効果を得ることができるのです。
まずはそれでいいと思います♪
働ける環境と正当な賃金、もっと障害者が社会に出て行くようになれば必然的にインフラのUD化も進んでいくでしょう。
そうして社会が少しずつ変わっていくことを期待しています。(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »