« 誰の為の福祉支援法案(2) | トップページ | 画像の再アップロード »

2005/05/27

ガマンの限界!?

ES細胞研究の規制緩和、下院が法案可決  (2005.05.25 CNN)

ワシントン(CNN) 米下院は24日、胚性幹細胞(ES細胞)の研究規制緩和法案を、238対194の賛成多数で可決した。ブッシュ大統領がすでに拒否権行使を表明するなか、大統領拒否権を覆すために必要な賛成3分の2(290票)には及ばなかった形だ。法案は今後、上院で審議される。

おおっ!こんなことになっていたのかー!!
やるじゃん、連邦議会♪
あんな暴君の言うことを聞いていたら、ますます世界のES細胞研究から取り残され、利権を失うってことにガマンできなくなったのでしょう。

彼は拒否権を行使するつもりらしいですが、それこそ彼の大好きな民主主義に矛盾するのではないでしょうか?
もともと研究規制法だって、彼の独断による大統領令だし、民主主義精神に基づいてほしいものです。(怒)

更に記事には

下院では同日、ES細胞研究についてもう1つの法案を可決。共和党と大統領が後押ししたこの法案は、ヒトの胚ではなく成人や臍帯血(さいたいけつ)から採取した幹細胞を使った研究に連邦予算支出を認めるというもので、これは賛成431反対1の圧倒多数で可決された。

何を元に研究するのか、それも一つの選択肢であり、選択肢は多い方がイイに決まっています。
日本と違って倫理的な問題もあるかとは思いますけど、この研究を必死の想いで期待している難病患者が何万人もいるということを考えてほしいですね。

※関連記事
ES細胞:米下院、規制緩和法案を可決 大統領と対立必至(毎日新聞)

|

« 誰の為の福祉支援法案(2) | トップページ | 画像の再アップロード »

難病」カテゴリの記事

コメント

アリスさん、こんにちは♪

>くううぅぅぅ~~~っっっ、惜しいっ!
>あと52名なのに・・・
ねー!(残念!)
大体、与党内からも批判が出ているのに大統領令なんか勝手に発令して、「お前は独裁者か!」って感じですよね。
発令するなら、皆が喜ぶような発令しろって言いたいです。

>パーキンソン病の患者さんたちはどう思ってるんでしょうか?
ホント、レーガン前大統領が生きていれば黙ってなかったのに・・・(涙)

投稿: style-TK | 2005/05/28 12:52

style-TKさん、こんばんは!

> 大統領拒否権を覆すために必要な賛成3分の2(290票)には及ばなかった形だ。
くううぅぅぅ~~~っっっ、惜しいっ!
あと52名なのに・・・
反対の194人の中から52人を洗の(以下、略)

それよりも、暴君ブッシュを洗脳するほうが先ですね~(問題発言?(^^;)
ヤツにES細胞研究の必要性について、小一時間・・・(IQ低すぎて理解できないかも(^^;)

パーキンソン病の患者さんたちはどう思ってるんでしょうか?
マイキー(マイケルJフォックス)、ヘルプ!

投稿: アリス | 2005/05/27 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/4299678

この記事へのトラックバック一覧です: ガマンの限界!?:

« 誰の為の福祉支援法案(2) | トップページ | 画像の再アップロード »