« 生みの苦しみ? | トップページ | 初?体験 »

2005/05/20

大きな一歩

患者のクローン胚からES細胞、韓国チーム作製(2005年05月20日 朝日新聞)

 自分の病気やけがを、自分の細胞を使って治す時代が来るか――。韓国ソウル大などのチームは、将来の再生医療の対象と考えられる患者9人の体細胞を使ってクローン胚を作り、それを基にあらゆる組織の細胞になりうる胚性幹細胞(ES細胞)を11株作ることに成功した。米科学誌サイエンス(電子版)で20日速報する。

おおっ!ついに成功したんですね・・・(TдT) アリガトウ!
この成功は難病の原因解明や治療法の発見の飛躍的な前進につながる成果だと言えます。
これに関係する記事を以前書いたのですが(コチラ)、私の体細胞を使ってクローン胚を作り、幹細胞をモーター・ニューロンへと分化させ、成長するにつれてどのような問題が生じるかを正確に突きとめ、機能不全に陥っている細胞に影響を与える方法について実験することが理論的には可能になります♪

同チームは昨年2月に報告した際は、242個の卵子からES細胞1株ができただけだったが、今回は約17個の卵子からES細胞1株ができたことになり、作製成功率が10倍以上になったわけです(やるじゃん!)

もちろん、まだ道のりは長いでしょうけど、諦めるにはまだ早いです。
頑張って生きましょう、難病同士諸君☆

|

« 生みの苦しみ? | トップページ | 初?体験 »

難病」カテゴリの記事

コメント

アリスさん、こんばんは♪

>A国も見習えよ~っ
ねー(怒)
大統領令の禁止令なんて、あきらかに宗教関係の支持層へ「いい顔」したいだけのくせに。

>(余談ですが、B大統領父子って、歴代の大統領の中で一番IQが低いそーですよ・・・)
どうりで・・・ねぇ。
まぁ、日本の総理大臣や議員なんかにも救いようのない大バカさんが数多くいるのでエバれませんが・・・(呆)

>こういう研究って、一度取っ掛かりができると飛躍的に研究が進むことがありますよね。
そう!後100年掛かると思われていたことも、科学の驚異的な進歩のおかげで一気に解明されるかもしれませんし☆
頑張ってほしいです!

投稿: style-TK | 2005/05/22 18:23

こんばんは~!
おおっ、やるな、韓国!
A国も見習えよ~っ
(余談ですが、B大統領父子って、歴代の大統領の中で一番IQが低いそーですよ・・・)

こういう研究って、一度取っ掛かりができると飛躍的に研究が進むことがありますよね。
この調子で頑張って欲しいですね(^O^)

投稿: アリス | 2005/05/20 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/4208199

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな一歩:

« 生みの苦しみ? | トップページ | 初?体験 »