« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

障害があっても

いま(10時)新聞の番組欄みて気付いたこと。
今日2時からフジテレビ「ザ・ノンフィクション」で障害者で(確か)ネットアイドルのあゆみさんが特集されます。
私は以前、彼女のHPを見たことがありますけど、すごく前向きな方だと思いました♪

お時間ある方ご覧下さい☆o(^-^)o

**追記**
で、観ました~。
感想は・・・ありきたりかもしれないけど、頑張ろう!って思いました(^_^)
彼女なりの工夫や明るさは全て素晴らしく、生きている意味を分かってる。

人は誰でも恋をするし、できればその人の側にいたいと思うもの。

でも、障害があると強気になれない気持ちも分かります。
それでも対等であることが大事。「付き合ってもらってる」なんて思っちゃいけない。
それは私の捨ててはいけないプライド。

私の運命の人に、きっと逢えると・・・信じています(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/29

UDマウス

UDマウス
前回の記事にも書きましたマウスの故障はやはり直りそうも無いので、昨日お店に行って新しいの買いました~♪
買ったのはアリスさんからも教えて頂いた、コクヨのユニバーサルデザイン・マウス『手の匠 白[EAM-UD1W]』マリメッコもあったので握ってみましたけど、何かイマイチ・・・(´・ω・`)ショボーン 
UDマウスの方はカバーの上からでちゃんと握れないけど、今までにない握り感(^_^)

帰ってきて開けて握った感じも、大きすぎず小さすぎず私にはいい感じでした(正解?・笑)。
ただ・・・手首を置くスカート部分だけ場所を取ってしまうのが欠点ですね~。でも、チョット近未来っぽいデザインもグーッ♪今回買ったのはワイヤータイプ。ワイヤレスタイプは電池内臓なので重くなっちゃうみたいですので、購入をご検討の方は電池分重くなることをお忘れなく。

昨日TVで『電車男』観てたら、電車がこのマウスを使っているのを発見!(笑)
やるじゃ~ん☆

ぢつは私・・・光学式もインテリマウス(真ん中のホイール)も使うのが初めてだったりします(汗)
世の中、進んでるんですねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/27

超高速Wクリック??

ここ2、3日マウスの左クリックがおかしい。
軽くクリックしてもWクリックになってしまいます(悲)
文字をドラッグしたくてもできないし、ソフトは勝手に起動したり、最小化しようとしても小さくなって・・・スグ元の大きさになっちゃう・・・_| ̄|○がくっ
使ってるとイライラしてくる~(ウキーッ!)

その内直るかとガマンしてきたが無理っぽいので、買い替えを本格的に検討してます。
明日、お店に見に行って、良いのがあれば買ってきます☆(マウスだけは試さないと)
いいのあるかなあ・・・(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/26

若年性ALSと知って

先日、医学系Blogで若年性ALSに関する記事を見つけました。
その内容は私にとってあまりにも衝撃的な内容であり、正直いまも戸惑っています・・・。
その内容の一部を抜粋しますとー

若年性ALSは25歳未満に発症する稀な病態で、その特徴として、進行が緩徐、かつ生存期間が長い(発症後30年以上の生存)ことが挙げられる。

 今回、24歳に発症し、現在73歳の若年性ALS症例(男性)がドイツから報告されている。手指の筋萎縮・筋力低下にて発症し、下肢に麻痺が及び、発症 2年後には球麻痺、さらに痙性が出現した。発症7年目に入り進行は緩徐化。13年目の段階で上肢の弛緩性麻痺と痙性歩行の状態。22年目には歩行器が、 29年目には車椅子が必要になった。49年目の現在、人工呼吸器や持続的な栄養管理は不要の状態である。頭部MRIは比較的高度のびまん性の皮質萎縮を認めるが、FLAIRでもほとんど白質病変は認めない。家族内類症や血族婚はなく、弧発性と考えられる。

今まで病院の先生や、ネットで調べても分からないでいた私の進行スピードが遅い理由。
この論文でハッキリしました。

私が若年性ALSであるということ。

発症年齢も経過もドイツの方に似ています。・・・ということは、私は徐々に動かなくなっていく身体を恨めしく思いながら、ひょっとすると後30年生きなければいけないかもしれないのです。

ALSは、1年間で新たに発病する人は人口10万人当たり約1人で、全国では4、5千人の患者さんがいると考えられています。では、その中にいったい何人若年性ALSの方がいるのでしょう?百人?二百人?それとも・・・何十人?(涙)
もちろん、いい面は早急な死を迎える覚悟する必要性が、(言い切れませんが)一般のALSの方に比べて少ないとは言えます。それに、長く生きた方が新しい治療法を受けられる可能性も大きいのですから。

それでも、時々やることやったら死んだ方がいい・・・とも思うのです。
人工呼吸器を付けて、ベットの上で天井のシミだけ見て生き続ける勇気もありませんし、悲しみながら苦しみながら、細く長く生きる人生なんて生きてる実感を持てないでしょう。

それでも、その時(人工呼吸器を付けるか否か決断する時)まで人生は続くのです。
それが例え30年後でも・・・。

神様がいるのなら教えてほしい。
あなたは私に何をさせようというのでしょう?
私と同じ思いをしている仲間は、この日本に何人いるというのですか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/07/23

近未来のキーボード

全キートップにカラーディスプレイを搭載したキーボード~ロシアのデザイン会社が開発 (7/14/2005)

電光表示 ロシアのデザイン会社Art.Lebedev Studioは14日(現地時間)、全てのキートップにカラーディスプレイを搭載したキーボードのコンセプトモデル「Optimus keyboard」を発表した。

 テンキー装備のフルキーボードで、左端にはアプリケーション起動などに使えるマクロキーを装備。全てのキートップにLCDと思われるカラーディスプレイを装備し、ソフトウェアで表示を変更できるため、1つのキーボードで複数の言語に対応できる。

 また、アプリケーションやゲーム用のプロファイルを用意することで、それらに対応したショートカットや、コマンドのアイコンを表示できる。

つまり、全てのキーが電光表示だってことか~。これは面白いアイデアだと思います♪
複数の言語に対応したキー表示させられるのもグーだが、もう少し発展させると自分好みのキー配列にカスタマイズできれば最高かもしれません(≧∇≦)b

例えば・・・
通常のキー表示では「ひらなが」は右下に小さめの表示である。カナ入力を好む高齢者にとって、これは小さく分かりづらい可能性が大きいです。メインにひらがな表示で、ABC入力したい場合はボタンで切り替えられれば使いやすい?かもしれませんし、色を分けて表示もできれば尚イイ♪
配列も変えられれば更に自分仕様になりますし(^_^)
そこまでできるか分かりませんが、商品化を楽しみに待ちたいと思います。

キーボード


| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/07/22

やっと!(汗)

退職して4ヶ月、今日やっと障害者年金の申請手続き終わりました☆
診断書もらったり、何だかんだで今日になってしまい何とか7月中に間に合って一安心(申請した月から貰える予定)。といってもスグ貰える訳でもなく、社会保険庁で審査され資格が認められた後、等級が決められるので早くても三ヵ月後くらいになるらしいです。

私の場合、厚生年金加入時の発病なので「障害厚生年金」となり、通常貰える障害基礎年金よりは少し多くいただけるみたいです(^_^)
でも・・・どちらの年金にしても、財源は皆さんが毎月払っている(もちろん、私もまだ払ってます)国民年金か、違うとしてもどのみち税金から捻出されているわけですよね・・・。
あの問題の障害者自立支援法案でイチバンの問題であるう「応益負担」は、障害年金しか貰っていない障害者に一割負担させお金を出せということで・・・。障害年金=元は税金・・・国が徴収したお金を障害年金で与え、そのお金の一部を障害者が払うことで国が払う支援費を削減する。(容認なんてできないけど)

確かに国の払うお金は減るけど、何かしっくりこない・・・。税金で与え、そのお金(元税金)で払う??
まあ、年金貰ってる高齢者もそうだから、そうなんですけど。高齢者とは社会的背景が違いすぎるせいか、何か矛盾を感じるのは私だけでしょうか・・・(汗)
何が言いたいのか、自分で書いてて余計分からなくなってきました~・・・_| ̄|○がくっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/20

カッコいいオヤジ、大賛成。

病気になって身体が不自由になってくると着られる服も限られてきます(悲)
まず、動きやすくて脱いだり着たりしやすくないとダメです。ズボンもチャックのファスナーがダメなんで、必然的にジャージみたいにゴムのウエストじゃないといけない・・・等、正直カッコいい服なんて着れなくなってしまいました(´・ω・`)ショボーン

今じゃ、普段ユニ○ロくらいしか買わない私ですが(笑)、昔はよく UNITED ARROWS や、SHIPSBEAMS なんかを好んで買ってました(^_^)でも、さすがに BEAMS は、もう買えないし、大人に似合うブランドで私好みのってないかなぁと思っていたら発見?しました。(って言っても、まだ詳しくは知らないけど・笑)
6月25日にOPENした UNITED ARROWS の新ブランド「DARJEERING DAYS」。コンセプトは、
DARJEERING DAYS時間をかけて成熟し、
ライフスタイルのひとつにまで浸透した「紅茶」のように、
人生のゆたかな時間を楽しむためのブランド。

大人の男のためのブランド、いいじゃないですか☆
私には未だ似合わないかもしれないですけど、カッコいいオヤジ、大賛成。こういうブランド増えればいいですね。
目指せ、ジョージ・クルーニー♪(笑)

できれば、着易くてカッコいい服が欲しいです~(≧∇≦)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/18

どこへ向かうのか、日本の福祉(2)

衆議院で可決した障害者自立支援法案に対するさまざまなブログの反応を集め、幾つかその内容を紹介して、この法案が如何に問題だらけかが分かるサイト「+ だ ちょう +(駝 鳥)」を見つけました。
その中で紹介されている、りょうまの父さんのブログ「父のひとりごと」の記事に以下のことが書かれていました。

今回の「応益負担」になろうとしている部分は、贅沢なものとかでなく、生きていく上で必要不可欠なサービスの部分です。これにより、得をしようとか、利益を得ようとか、甘い汁を吸おうとかそういう類のものではありません。
話を聞けば、国の予算が80兆円。支援費がなくなったのは200億。数字で考えると僅か0.025%ですよ!200億という数字だけ単独で見ると凄く見えますが、国の予算を100万円と仮定した時、僅か250円が足りないと同じで、どこかの議員さんが言っていましたが、これはちょっとやる気があればできることではないでしょうか?
選挙には余り効果が無い社会的弱者(障害者他)には、おざなりに、なし崩し的に法案を通してしまえばいいという姿が見え見えです。

激しく同意します!!
僅か0.025%のために、こんな負担を障害者に負わせようなんて・・・(怒)
他の無駄遣いを無くすことが先であることは誰もが思うことではないでしょうか??

私は分かりました・・・なぜ、この法案がTVの主要ニュースでまったく報道されないのか。
郵政民営化法案に比べた関心の低さもあるでしょうけど、それ以上にこの法案の正当性などなく、この法案を広く世間に知られると困るというのが政府の本音ではないでしょうか。
世間に知られる前に採決してしまえ!というわけでは??

更に許せないのは、自民党の八代英太です!(あえて呼び捨てます)
コイツは絶対許せない・・・(怒)
障害者を謳い文句に当選してるくせに、今回の件で平然と賛成しやがって(#゚Д゚)ゴルァ!!
TVのインタビューで「もう、十分審議しましたよ(笑)」って答えているのを聞きました。自分は給料も多いし、議員年金も貰えるから関係ないってか??
文句でもいってやろうと思いHPの掲示板見たら一時閉鎖中でした。(多分、私みたいな文句が多かったんでしょう・苦笑)
こんなバカがいるから一向によくなんてならない。

この国の福祉は確実に後退しています。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005/07/17

そりゃあ、カッコいいさ

福山雅治を好きな女性は多い。
そりゃあ、カッコいいと思いますよ、男から見ても(笑)
そんな彼もデビュー15周年を向かえたらしく、現在Web上ではそれを記念して「FUKUYAMA 100%」というサイトを公開してます。
何か、ちょっとアイドルっぽいのが気になりますけど、好きな女性にはこれがたまらないんでしょうね~。

・・・って、私は何で彼のサイト紹介してるんだろ?(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/15

どこへ向かうのか、日本の福祉

障害者自立支援法:衆院厚生労働委で法案可決 「1割負担」さらに論議 (毎日新聞 2005年7月14日)

 障害者施策を見直す障害者自立支援法案が13日、衆院厚生労働委員会で政府案を一部修正の上、与党の賛成多数で可決された。身体、知的、精神の障害別の福祉サービスを一元化し、障害者が自立した生活をできるように支援する。財源を安定化するため、利用したサービス費用の原則1割の定率(応益)負担を障害者に求めるが、野党は「障害者の所得保障が先」などと反対している。低所得者への減免措置の内容などは未確定で、法案成立までさらに論議が続きそうだ。

障害者や関係者の不安の声に応えることなく、与党が多数の力をもって採決したことは断固許せるものではありません!なぜ、そうまでして働けない障害者にまで負担を負わせようとするのか理解に苦しみます。
私たちが怠けているとでも言いたいのでしょうか?
だったら、まず議員年金を廃止し、障害者、健常者の就業率を上げ、ニートの数を減らし、その上で消費税を1%引き上げれば済むのではないですか?働きたくても働けない障害者にどう負担しろというのでしょう・・・(涙)

ここに興味深い記事があります。

 日本の01年の国内総生産(GDP)に占める障害関連分野の割合は0.66%。これはアメリカの半分、ドイツの5分の1、スウェーデンの9分の1。
 そもそも、日本の法律には知的障害者の定義にはない。人数も、政府は46万人(人口の0・36%)とするが、これは療育手帳を持つ人を中心にした数にとどまる。先進国では、知的障害者の人口は2%前後とされる。

また国内の身体・知的・精神を合わせた障害者の総数は656万人。人口の5%。しかし、主な先進国では人口の10~20%とされる。

なぜ日本では「障害者の数が少ない」ことになっているのか。日本では、医学的な面から障害判定するのが中心だが、国際的にはICF(国際生活機能分類)に基づき、生活面の困難や環境要因に注目し、広い概念で捉える。結果的に、日本では難病・慢性疾患・発達障害などが「谷間の障害」となり、支援の対象とならない。

朝日新聞2005年6月28日の記事「審議進む「自立支援法」 障害者施策伴わぬ実態」より

まだまだ見直さなければいけない問題は山積みなのではないですか?
ここはじっくり当事者の意見を十分聞きながら進めるべきです。成立すれば、あとは政省令に委ねられます。そうなれば、あとは厚生労働省がほぼ独断で中身を決定できることになります。もう当事者の声は届かなくなります・・・(涙)

そして、次に待っているのは「社会保障改革の本丸:来年の医療保険制度の見直し」。
今年の介護保険改正と自立支援法はその地ならしに過ぎないのです。

関連:障害者自立支援法案の衆議院・厚生労働委員会採決に対する抗議文 ~このままでは自立はできない!このままでの成立は認められない!~
http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/200507/13kogibun.html

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005/07/14

制約があるからこそ?

このBlogのデザインを少し替えました。今度はシンプルを目指してみました(笑)
私がココログを始めた昨年2月頃は今と違ってテンプレートも少なく、代わり映えしないデザインに満足できない一部の人たちは何とかオリジナルなデザインにできないか試行錯誤していました。
プランもプラス/プロといったデザインを自分でいじれるのもなかった為、いわゆる"裏ワザ"を駆使し、その手法を自分のブログで公開し、それを皆真似してオリジナルを作りあげていたわけです。

最近はテンプレートも増え、わざわざオリジナルを作る人もめっきり減ったように思えます(´・ω・`)ショボーン
私はどこか他人と同じである事があまり好きではない傾向があるんでしょうね(笑)
しかも、もっと自由にオリジナルにできるプラン等あっても、もうダメかな?って思うまでは何とか"裏ワザ"を使って、「このプランでもここまでできるよ♪」って、変な意地を張ったりするのが好きだったりします(笑)

制約があるから面白いんだと思います(^_^)(学校の校則もそうでしょ?自由ならつまらない・笑)
なんでもそう。どーすれば、この制約の中で目標を達成できるか、目標に近づけるか悩みながら進んでいく。だから、達成できた時の喜びも大きい☆

私は難病だけど、だから何かを成したいと思います。
無理だと思われるほど燃えてきます(笑)

ちなみに・・・こんな私ですが、どちらといえばSです・・・(爆)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/12

BFからUDへ

一体的バリアフリー目指す 国交省が町づくり政策大綱 (共同通信)

 国土交通省は11日、高齢者や障害者、外国人など誰にでも利用しやすい町づくりを目指す「ユニバーサルデザイン政策大綱」を公表した。これまで2つの法律に基づいてバリアフリー化が進められていた駅・空港などの旅客施設と、デパートや病院などの建築物について、法律を一本化し、一体的に運用することが柱となっている。  同省は、交通バリアフリー法とハートビル法を一本化した新法を来年の通常国会に提出する。

ついに法律によるユニバーサルデザインの適用が本格的に動き出したようです♪
建築をメインにソフト面も包括し、UDな街づくりが行われることになれば嬉しいですね(^_^)
それこそがまさに私が活躍したい場であると言えます。時代はバリアフリー(BF)からユニバーサルデザイン(UD)へシフトしはじめてます。

施行は早くても来年後半でしょうから、それまで自分自身のスキルアップに励みたいと思います♪(うかうかしてられないかも?・汗)

※国土交通省
「ユニバーサルデザイン政策大綱」について

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/10

数年以内

骨髄細胞から「筋肉のもと」、筋ジス治療に応用期待 (2005年7月8日3時3分 読売新聞)

 人間の骨髄にある細胞から、筋肉のもととなる細胞を大量に作る方法を、京都大の研究グループが世界で初めて開発した。
 全身の筋力が少しずつ衰えていく遺伝病の筋ジストロフィー患者への治療に応用が期待される。8日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

キタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!
ES細胞を使った治療研究以外では初めて治癒に有効の可能性のある報告ではないでしょうか。
更に・・・

 鍋島陽一・京都大教授は「骨髄間質細胞は安全に採取できる。数年以内に、筋ジス患者への治療応用を目指したい」と話している。

数年以内に人間に適用可能!?
素晴らしい・・・(涙)
さすが、京大!(エライッ!!)

でも・・・、筋ジスのみ?ALSは?(涙)
うむむむ、ALSと筋ジスは根本的に原因が違うのでALSには有効じゃないんだろうか・・・。大元に原因があるとされるALSに対しては末端の筋肉細胞に処置を施しても効果は無い可能性は大だが・・・(汗)

いやいや、諦めず様子をみたいと思います♪焦るな、焦るな(ふぅ~・笑)
頑張れっ、京大!可能性は無限大☆

※ALSと筋ジスの違い
筋萎縮症(ALS)は脊髄の運動神経が冒された神経原性疾患群であり、これに対して神経原性でない原因で筋肉の異常を来している疾患群をミオパチー(筋原性筋萎縮)と総称します。ミオパチーにはたくさんの疾患が含まれています。
進行性筋ジストロフィーはこのうち最も患者数が多く、遺伝性であり、進行性筋力低下をきたすという2つの条件を満たすミオパチーです。筋ジストロフィーは遺伝形式で分類されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

THE WHITEBAND PROJECT

また悲劇が起こってしまいましたね・・・。
オリンピック開催の悦びから一転、悲しみにロンドンをはじめ世界中が包まれています(涙)
暴力により故意に人を傷つけ、人命を奪うことは、いかなる場合にも許されるべきではありません。

そのテロの標的になったサミットでの議題にもなっているアフリカ支援に関連して、小仙さんのBlog記事より「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」の存在を知りました。その中の【THE WHITEBAND PROJECT】に賛同し、早速オンラインでホワイトバンド購入しました♪
途上国の貧困問題には私たち先進国が大きく関与していますし、私個人として出来ることはしようと思います。

ただ、オンラインで代引き購入したら手数料や送料で倍の金額になってしまいました・・・_| ̄|○がくっ
可能ならお店で買われた方がいいかも(^_^)
※全国主要書店(取扱店舗一覧:PDF)、タワーレコード(渋谷店、新宿店、TOWER CAFE等での先行発売)、Francfranc DESIGN FOR LIFE・Francfranc全店にて販売しています。一本300円(税込)

ほっとけない世界のまずしさキャンペーン

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2005/07/06

視覚障害者のための配慮

アリスさんのBlog記事「blogリーダー」を受けて、サイドバーを左側に置くことはホームページを音声で読み上げるソフト(以下、HPリーダー)では記事本文まで辿り着くのが大変であるため、Webアクセシビリティから不向きであるという問題について私の対処法を書いてみたいと思います。(※ただし、応急的処置ですので最適ではないです)


  1. まず、ファイルサイズ0Kの透明GIFを用意します。それを予め任意のフォルダにアップします。GIFファイルを作れない方はコチラをご自分のハードに一旦保存してお使い下さい☆ダウンロード spacer.gif (0.0K)

  2. イメージ1次に、このファイルを編集画面の「設定」内の「ブログのサブタイトル(キャッチフレーズ)」に下記コードをコピー&ペーストします。(一部、ご自分のURLに直して下さい)

    <A href="#jump" title="本文へジャンプします"><IMG src="http://あなたのブログ名.cocolog-nifty.com/あなたが保存したフォルダ名/spacer.gif"
    width="0" height="0" border="0" alt="サイドバーを飛ばす"></A>

  3. イメージ22.で作成したリンク先を作成します。

    「マイリスト」で新規にリストを作成してもいいし、既にある方はそれを利用してもいいです。
    大事なのは表示させる順番で一番下にするということです。
    「リストのタイプ」を「リンク」、「リストの名前」を「<!--JUMP-->」(<!-- --> で囲うと画面に表示されません)とします。

  4. イメージ3そのリストに「追加」で追加画面のメモ欄に下記コードをコピー&ペーストします。(一部、ご自分のURLに直して下さい) タイトル、URLは空白で構いません。

    <A name="jump"><IMG src="http://あなたのブログ名.cocolog-nifty.com/あなたが保存したフォルダ名/spacer.gif"
    width="0" height="0" border="0" alt="ここから本文"></A>

    この際、メモ欄を表示するチェックを入れておいて下さい。

  5. 今保存したリスト「<!--JUMP-->」を「デザインの編集」で表示させ、一番下に並べればOKです。
    ※私は既存のリストのメモ欄に入れてます。

最近はスタイルシートが使えるので、透明GIFを使わなくても画面に表示しない方法もあります♪
<span style="display:none"><A href="#jump"
title="本文へジャンプします">サイドメニューを飛ばしてジャンプします</A></span>

<span style="display:none"><A name="jump"
>ここから本文です</A></span>
を、それぞれ2と4に置き換えます。

以上で理論上はHPリーダーでもサイドメニューを飛ばせるハズです。
多少面倒ですが、誰にでも優しいWebのためになればいいですね☆

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/07/05

韓国に学ぼう!

ES細胞、韓国の研究を調査 文科省方針 2005年07月04日

 ヒトクローン胚(はい)から、さまざまな組織になりうる胚性幹細胞(ES細胞)をつくる研究の指針づくりをしている文部科学省は、世界で先進的な取り組みをする韓国の研究や規制状況を調査する。7月下旬に専門家の作業部会で、韓国の研究代表者を招き、韓国の現状を聴く予定だ。

やっと重い腰を上げてくれたようですね☆
韓国のいい所を学び、是非研究を進めてほしいものです。
今後の焦点は、ES細胞をつくるために使う未受精卵の入手方法と、どんな疾患を研究の対象にするかだ。 韓国は女性ボランティアが卵子を提供。研究対象になる疾患の範囲も法的に示されている。

ここが問題ですね・・・(汗) 
ALSも絶対に対象疾患に選んでいただかないと困ります。

最近、ES細胞に関する研究報告も世界的にあまりないですし、壁にぶつかってるのかなあって思っていたりします(悲)
そんなに気長に待っていられない状況になりつつあるし・・・日本も頑張ってほしいです!

※関連記事
韓国政府がES細胞研究者に追加支援、身辺警備も

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/04

いつまでも

昨日は会社時代の同期4人が遊びに来てくれました♪
最近、焼肉に行った人もいれば、約3年ぶりに会う人もいて、久しぶりの笑顔と楽しい会話でいい時間を過ごしました。(^_^)
今回来てくれたのは部署が同じだった同期仲間です。今はみんな、それぞれ現場に配属されているため、普段は滅多に会うこともなく、忙しい毎日を送っています。そんな中、貴重な休日にこんな田舎まで来てくれて心から感謝☆ありがとう~(涙)

新入社員の時に同じ部署に配属されたO家さんとY崎。
O家さんは頭の回転が早くて、苦しい時でもそれを顔に出さずに頑張る努力家。大ざっぱな性格な彼女が繊細なガラス工芸をもう7年も続けているのが意外でスゴイ!5年以内に自宅兼お店で販売か?(笑)

Y崎とは寮でも向かいの部屋だったり、彼が東京にいる頃は本当によく遊びました(笑)
新入社員の時、深夜のファミレスで将来を熱く語ったりもしたし・・・(照)
お互い、いつかは会社のネームバリューじゃなく、自分達個人で仕事を取れるくらいの存在になりたいって言ってたりして。その言葉どおり、彼は社内でも貴重な社寺仏閣のエキスパートの道を歩んでいます。いつかはプロジェクトⅩ出演か?(笑)

S籐君とは同じグループで席を並べた時期もありました。
頭いいくせにおバカなギャグばかり言って(笑)彼には、よく買い物付き合ってもらったりしたし、二人で会話してるとバカな二人以外何者でもなかったハズです(笑) でも、それが楽しかった♪
いつからか、会社も違うのに彼の奥さんも同期会に来るようになり、馴れ馴れしく勝手に皆で下の名前で呼んだりして(笑)すっかり、溶け込んでたのが可笑しかった。挙句の果てには、『君は来れなくても、奥さんは来て』なんて言ったりしてゴメンね~(笑)

そして最近、焼肉にも行ったM浦さん。彼女も頑張り屋さん♪
大人しくて、一見お嬢様系?だけど、実は結構頑固だというウワサの彼女(笑)
でも、そのオトコに頼らなくても全然いいっていう考え方が私は好きです(モテないって意味じゃなく)。近くの現場にいるのも今月一杯。また、ご飯でも行きましょ☆スペインも気を付けてね~(ガウディの作品、写真撮ってきたら見せて・笑)

今思えば、こんな彼らをはじめとする同期に助けられ、彼らがいたから、病気でも12年続けてこれたんだと思います。
なんか、彼らと話していると、自分が会社を辞めたことが夢のように思える錯覚に陥ります(笑)
でも・・・、いいよね。辞めても同期は同期。また会って、飲みながらバカな会話で盛り上がりましょ(≧∇≦)b
ホント、ありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

老いるということ。

先日、ウチに来ていた母の友人と母の会話。
母親:「最近、物忘れが多くて、息子に怒られるの」
友人:「私もよ~。この前なんて、お父さんに『オイッ、なんで電子レンジにメガネが入ってるんだ!』って言われたの。」
母親:「え~!?ホントに?(笑)」
友人:「だから、『誰が入れたのよ!(怒)』って言ったら、『バカ!俺とお前しかいないんだから、お前だろっ』だって」
母親:「あははは♪」
友人:「やんなっちゃうわよ~(笑)なんで入れたのかしらねぇ。でも、チンはしてなかったわ~(笑)」
母親:「私も同じようなものよ~。お互い歳は取りたくないわね」

私:「電子レンジにメガネ・・・ わ、笑えん(汗)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »