« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

チョット自慢☆

障害認定:千葉・我孫子市、独自の調査項目新設 (毎日新聞 2006年7月29日)

 4月に施行された障害者自立支援法に基づく障害程度区分の認定で、千葉県我孫子市は28日、独自の調査項目8項目を新設した。障害者団体などから「知的・精神の障害が、1次判定で低めに判定される傾向がある」との指摘を受けた改善策で、障害実態に合った判定の材料にする。同法に基づく福祉サービスは10月に始まるが、厚生労働省によると、独自の調査項目を設けたのは同市が全国で初めて。

 厚労省によると、在宅障害者のサービス必要度を6段階ではかる障害程度区分は、調査員の106項目の聞き取り調査を基にコンピューターで1次判定。主治医か問診した医師が意見書を添え、専門家による「障害程度区分認定審査会」で2次判定する。障害者団体から「設問は身体障害には有効だが、知的・精神障害では実態を反映し切れない」と苦情が出ていた。

 新設する8項目は▽具体的な利用希望サービス▽てんかん発作の頻度、時間の長さ、回数▽危険や危ないことに対して身を守れるか--などで、結果は文章でまとめる。また、医師が意見書に盛り込む食事や生活のリズムなども、調査員が事前に聞き取り、判定材料を補強する。いずれも2次判定の資料に活用する。

 福嶋浩彦市長は「障害の全体像をとらえるために独自に実施する。今後も改善点を考えていきたい」と話している。

これ、実は私の住む市なんです☆
我孫子市は近隣市町村の中では一番福祉に力を入れています。それって市長のリーダーシップはもちろん、市民の皆さんの意見を率直に伝えられる各市民委員会の存在も大きいと思います(この件は有識者の審議会によるものですが)。そんな私も某福祉関連委員会の委員をやらせてもらっていますし(*^▽^*)
私の委員会でも自立支援法に関する熱い意見交換が行われていました。その中で座長さんが言っていた言葉が印象に残っています。

「国の言うことを鵜呑みにしていてはいけない。いま労力を惜しまず真剣に審議し、(市独自の)対策をとるかとらないかで自治体の勝ち組負け組が分かれる」

トップダウンだけじゃなくボトムからの意見も受け入れないと文句意見をいう私みたいな市民が多いっていうのは良いことだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/28

ダバオ滞在記 18 -総括-

5泊6日の視察滞在はあっという間でした。
普段日本にいる時は1週間に1回外出できればいい方ですが、この滞在中は本当に毎日忙しく出て歩き、心地よい疲労感を感じる毎日でした。

私がフィリピンでの自立生活の可能性を考え始めてから早一年以上。今年5月のある新聞記事をきっかけに行動に移し、ついに一歩を踏み出しました。行って良かったと思います☆
この滞在で私が見て感じたことは、実際に生活する中の一部分に過ぎないでしょう。正直いいと思えることばかりで、逆に少し怖くなって疑ったりするところもありますが・・・。それでも、私は行く価値は十分あると感じました。

もちろん日本での自立生活を諦めてるわけではありませんし、私はまだ自分が国内で社会に貢献できることがあるはずだと信じているので、国内での可能性をすべて諦めて海外に活路を見いだすというよりも、「選択肢」として海外での自立生活も候補にすることができるかが重要だと私は思うのです。
前にも書きましたが、私を含め独身で親に介護してもらっている障害者はいつまでも親はいてはくれないんです。親亡き後、どう生活していくのかしっかり自分で考え行動し、準備しなければいけないと思うんです。(特に30過ぎて家でのほほんとニートしてる、重度でも進行性でもない障害者の方)

今回私が見て感じたこと、ほとんど全行動をレポートしたつもりです☆
よりリアルに伝わればと思い"顔出し"写真も載せましたし、TV局の取材もお受けしました。でも、本当の私は病気になってから鏡もあまり見なくなりましたし、まして写真やビデオに撮られるのは好きではありません。そこに写っているのは普段見ることのない「今の私の本当の姿」であり、病気が進行して痩せ細りぎこちなく歩く姿を第三者的な視点で見ると、どーしようもない悲しさが襲ってきます・・・(悲)
それでも、私と同じように海外での自立を考えてる方の参考になるのであればと思い、喜んでお受けしました。

私、思うんです。
内容にもよりますが、情報っていうのは共有してこそ価値が出るものだと。
自分だけが知ってればいいとか、教えたくないとか、そんな心の狭いことじゃなくて、みんなで共有して、それぞれの持つ情報で不足分を補っていくことが大事じゃないでしょうか。

願わくば、このダバオ滞在記を読んで自分も行ってみたいって思い、行動に移す障害者の方が出てくれれば嬉しいです(*^▽^*)
障害者が海外で一人で暮らすことってそんなに簡単なことじゃないかもしれません。でも行動しなければ何も始まらないのです。

ダメだったなら別の方法考えればいいじゃありません?(^o^)
人それぞれ考え方違うと思いますが、これからもダバオでの生活のことも含めて、私は私の方法で楽しく、そして大人な生き方を模索していくつもりです。だって、それが私の生きる道だから。
なんちって(笑)

これで、約半月掛かった「ダバオ滞在記シリーズ」おしまいです。
飽きずに最後まで読んでくださった貴重な皆様に心から感謝と御礼申し上げます☆
ありがとうございました。懲りずに今後ともよろしくお願いいたしますね(笑)

最後に・・・今回の渡航でお世話になりました叔父さん、友人のお二人には心から感謝しています。
本当に本当にありがとうございました!!

20060728

※参考資料1:掛かった費用
約85,000円 成田-ダバオ往復航空機代
約65,000円 宿泊代/運転手付きレンタルカー3日分/ヘルパー4日分
約35,000円 4人分飲食代 他
----------------------------
計185,000円

※参考資料2:ダバオ関連サイト
YEHEY!DAVAO/ウェブリブログ
はっぴぃ定年ライフ
my DAVAO CITY
Official Web Site of Davao City
Davao City - Experience Davao

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/07/27

ダバオ滞在記 17

本題に入る前に、ダバオ滞在記 12でレポートしたMarco Polo Hotel の中にあるプレジデンシャル スイートルームの写真の載ってるブログ発見しました☆ス、スゴイんですけど(汗)
 ↓↓↓↓
Photos@Philippines
泊まってみたい!一泊幾らだろ・・・?3万くらいだったら一度泊まってみたいけど、そんな安いわけないですね(^_^;

さて、本題。
7月3日(月)滞在最終日。あっという間に日にちが過ぎ、きょう日本へ帰ります(´・ω・`)ショボーン

AM5:00 起床。あまり眠れませんでした・・・(悲)
AM5:45 宿舎出発。朝焼けがとてもキレイ☆
AM6:00 ダバオ国際空港到着。
チェックインを済ませ、朝食を軽く食べて、いよいよ飛行機に乗り込みます。

20060727_1
さようなら、ダバオ!
AM7:45 PR810 Davao --> Manila

20060727_2
さようなら、ミンダナオ島~(ToT)/~~~

約1時間半のフライトで無事マニラに到着です☆
現在、9:55。成田行きの便はPM2:50。5時間もあります。これを一番改善してほしいです!

ボヤいても何も変わりません(苦笑)。日本にいる頃からマニラでの過ごし方を検討した結果、マニラマカティ市内にあるHard Rock Cafe に行こうと決めていたので、タクシーで一路Hard Rock Cafe へ。

20060727_3
20060727_4
マニラマカティ・・・都会です!(汗)
ジープニー、あまり見かけません。鉄道などの交通インフラが整備されてるせいでしょうね。

20060727_5
ハードロック・カフェ MAKATIに到着☆同じ建物内にタワーレコードやスタバなんかも入ってました。
ショップで姪っ子と甥っ子にTシャツをお土産に購入して、自分用にも2枚購入~(*^▽^*)

20060727_6
昼食代わりにハンバーガーとフィリピンでの最後のサンミゲールビールで乾杯したのですが、相変わらずでかいハンバーガーは寝不足のせいか食欲が無く1/3しか食べられませんでした・・・(悲)

Hard Rock Cafe MAKATI
Levels 3 & 4, Glorietta III Ayala Center, Makati City, Philippines

20060727_8
関係ないですが、「ハードロックカフェ成田 東京」が今秋 オープンするらしいです!結構近い、ラッキー♪

ハードロック・カフェを後に空港へ戻ります。

20060727_7
PR432 PM2:50 Manila --> Narita
フィリピンともしばしお別れです。次の訪比は冬?の予定(^_^)v

PM8:00 成田空港到着
PM9時過ぎ、無事家に帰宅しました~(≧∇≦)b

約14時間の長旅と共に今回の視察は無事終了です。さみしいなあ・・・(´・ω・`)ショボーン
次回、この旅を振り返り総括してダバオ滞在記は最後としたいと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/26

ダバオ滞在記 16

マッサージを終えて夕食まで時間があったので、きのうお昼を食べたフィリピン料理屋さん(詳しくは、こちら)の隣にあるショッピングモール「VICTORIA Plaza」に行ってみました。

20060726_1
20060726_2
2階建てです。やはり暑いせいでしょうか、モール内は冷房効いてますし、みんな涼みに来ているようです(笑)
ただ、このモールにある唯一のエレベーターが壊れていて使えませんでした・・・_| ̄|○がくっ
直そうよ・・・スグさあ。

20060726_3
このモールにはイミテーション(偽物)のスニーカーなんかも堂々と売られていて、ナイキやアディダスの偽物が1000円くらいから買えます。ネタで一足買っていこうかと思ったのですが、あまりにも作りが悪いのでやめました(笑)

20060726_4
今晩は明日の出発が早いので、少し早めに夕食をとります。
行ったのは VICTORIA Plaza の目の前にある韓国料理屋さん「KIM CHI」です。焼肉でも食べて明日の出発に備えます☆お店の前に急なスロープあり。しかも鉢植え置いてるし・・・(苦笑)

20060726_5
焼肉~♪・・・って喜んだのもつかの間、メニューを見ると・・・焼肉無い??
ショック!ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
韓国家庭料理屋さんだったのね・・・(悲)
仕方ありません(涙)
でも、チヂミやチゲ鍋、のり巻きとか美味しかったですよ。店内にいた他のお客さんはみんな韓国人っぽかったです。
ヘルパーの彼女辛いのダメで、チヂミとかのり巻きしか食べられなかったみたいで申し訳ないことしてしまいました・・・ゴメンね(^_^;


おまけ☆
20060726_6
ダバオには日本人会の他に日系人会があり、写真は日系人会が運営するインターナショナルスクールです。

さあ、あす帰国です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/25

ダバオ滞在記 15

7月2日(日)滞在5日目。
明日は朝早くダバオを発たなければいけませんので、行動できる最後の日です。
一応視察したかった場所は全部見ることができましたので、きょうは市内観光をすることにしました(*^▽^*)

20060725_1
まず向かったのは、The San Pedro Cathedral。
サンペドロ大聖堂はダバオ市で最も古い教会で、1847年スペイン統治時代に建設されました。市役所の目の前にあります。ダバオに住む人の多くがカトリックです。そのほかにイスラム教の方が住むイスラム街もあります。

20060725_2
日曜だったので大勢の方がミサに訪れています。

大聖堂を後にし、昼食に行こうと思っていたイタ飯屋さんまでそう遠くないということだったので「じゃあ、せっかくだし歩こう」ってことになったのですが、コレがまた大変なことに・・・。

20060725_4
ハッキリ言って、街中のバリアフリーはまだまだです!(´・ω・`)ショボーン
歩道は狭く、車道と歩道の間は日本のように擦り付け(スロープ)にはなっていません。ですから車道を渡る度に20cmくらいの段差を車いすを持ち上げてもらわないとなりません。介助は一人ではとても無理です(悲)
しかも、ダバオにはほとんど信号がありません。大きな道路を横断する際は車いすの場合、特に注意が必要です。

そんな大変な思いをして辿り着いたのが、Js Gaisano South Mall 5階にあるイタリアン・レストラン「PICOBELLO」です。写真ありませんが、ペンネのカルボナーラとピザとサラダをオーダー。店内は欧米系の外国人が多かったですよ~。味は普通に美味しかったです☆(≧∇≦)b
PICOBELLO
Address : 5TH LEVEL GAISANO SOUTH MALL, ILUSTRE ST., DAVAO CITY, PHILIPPINES

20060725_3
食後、滞在も5日目で疲れもあったのでマッサージに行くことにしました(^o^)
タイ式マッサージがあるというのでオススメだという「Tan-Ton」というお店に行きましたが、2階にありエレベーターはありません(号泣!) しかも、残念ながら私は全身は危険だといわれて、足のマッサージだけしかしてもらえませんでした・・・(悲)
それでも気持ちよかったですよ♪
TAN-TON RELAXATION CENTRE
Address : 2/F CVA & Sons Bldg., JP Laurel Ave., Davao City

おまけ☆
20060725_5
この日の朝、宿舎の庭で撮った1枚です。午前中なのに恐ろしく暑いです(笑)
でも湿気が日本ほどないので、日陰はいられなくはない・・・かな?(長時間は苦しいかも・汗)
ここ最近千葉はずっとお天気悪いですし、あの焼けるような太陽の日差しが恋しくも思えたりします(*^▽^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/23

ダバオ滞在記 14

午後は不動産物件事情を見に行きます。
事前に入手した現地情報によると、ダバオには不動産屋さんといわれるものが少なく、物件情報は新聞広告をマメにチェックするか、自分の足で歩いて「For Rental」と書かれた看板のある家を探すしかないようです(^_^;

私たちは宿舎から近い「Insular Village」に見学に行きました。
この Village っていうのは、塀に囲まれた住宅地で24時間のセキュリティが常駐し、住宅街に出入りするのも許可された人しかできません。しかも、Village 内にDavao Museum という美術館まであるというじゃありませんか!(^_^;
ダバオはマニラに比べ治安は良く、慣れてくれば一般の住宅街でも大丈夫らしいですが、最初は多少お金が高くても Village 内に借りるのが安全面で安心です☆

20060723_1
Insular Village 内の道路。
・・・人っ子一人いません(汗)
っていうか、家はどれもこれもデカイです!どう見ても高級な家ばかりで、叔父さんも友人も私もただただビックリするばかりです。領事館員や外国企業の部長クラスの駐在員じゃないと住めなさそうな家しかないんじゃないだろうかと思いました(ば、場違い・・・?)

20060723_2
・・・と思ったら、長屋タイプのもありました。
メゾネットタイプといいましょうか、2階建てで一人で住む私にとっては手頃な大きさではあります。しかし、2階建ては階段を一人で上り下りできない私には使えません。

20060723_3
隣も同タイプですが、先ほどのより少しだけランクが下がる感じです。
運良く一番角部屋の塀に「For Rental」の文字が!しかも偶然オーナーの方が外にいたのでお願いして中を見せて頂きました。
写真は残念ながら無いんですが、1Fは入ってすぐリビング、奥にダイニングキッチン、トイレと納戸、さらにその奥にお手伝いさんの部屋などがあります。私は上がりませんでしたが、2Fには部屋が2つに2シャワールームあるらしいです。家賃は15,000ペソ(3万チョット)で、正直健康だったら借りたいくらいでしたが、2階建ては・・・ねぇ(汗)

賃貸物件には家具付きと家具なしがあり、それで家賃が大きく違うらしいです。この Village 内では2万円/月は違うというので一年契約だと24万違いますが、それだけあれば自分の気に入った家具が入れられるのでどちらが得かは一概には言えません。それに、ヘルパーさんの費用や自分の障害年金の支給額等によってどれくらいまでなら家賃で払えるのかも違うかと思います。

で、今日の予定を終えて夕食へ☆

20060723_4
きょうは最近できたばかりだというタイ料理屋さん「KRUA THAI」に行きました(*^▽^*)

20060723_5
このお店の左隣はBO'S COFFEE CLUB というフィリピンではセブ島にもあるカフェがあり、右隣はフィットネスクラブでした。ここだけオシャレな建物で目立ってました(笑)

20060723_6
味は・・・めちゃくちゃ美味しかったです~!
ホント、トムヤムクンもコクがあるというか美味しいし、他の料理も美味しいです(*^ー゚)b グッジョブ!!
こんな美味しいタイ料理がリーズナブルなお値段で食べられるなんて、ダバオはいい所ですね。

お店は入り口から店内段差はなく通路も広いです。
しかし、トイレはバリアフリー対応ではありませんでした・・・(残念)
それ以外は大満足な夕食でしたよ☆

KRUA THAI
Address:SM City, Ecoland, Davao City
Contact Nos.:297-8592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

ダバオ滞在記 13

ホテルを後にして昼食を食べに行きます。
向かったのは「VICTORIA Plaza」というショッピングモールの駐車場にあるフィリピン料理のお店です☆
この旅で初めてのフィリピン料理の外食だったりします(笑)

20060722_1
VICTORIA Plaza 。日本と同じような「豆腐」はここのスーパーでしか買えないらしいです。

20060722_9
フィリピン料理のお店、名前は「Probinsy」。
この駐車場には他に、韓国料理や日本料理屋さんもありました。

20060722_2
20060722_3
上は鶏肉だったかな?食べませんでした・・・(悲)
下のはカレーみたいだけど少し違います。ココナッツミルクの香りがして辛くはありません。コレをご飯の上にかけて頂くわけです。美味しかったですよー(*^▽^*)

20060722_4
出た!ラプラプ?(笑)
ちょっとモチっとしていて、味は美味しいです。

20060722_5
バイキングってどれ食べようか目移りしちゃんですよね~。
で、結局食べきれないほどお皿に取ってしまう貧乏人です・・・m(。-_-。)mス・スイマセーン

20060722_6
そして遂にコレが・・・「ハロハロ」(の元)ですー!
この具から自分の好みでトッピングし、その上にかき氷を乗せるらしいです。具にはタピオカ、果物等いろいろあります。最後にコンデンスミルク?をかけてできあがり☆
ヘルパーの子が食べてるのを一口分けてもらいましたが・・・あ、甘い。私、甘いの苦手なんです~(ToT)

20060722_7
紫芋のプリン。コレ、美味しかったです!
さほど甘くなくて、ほのかに香るココナッツミルクがいい感じです(゚∀゚*)ウマー

20060722_8
これも美味しかったです♪ ←デザートみんな美味しい?(笑)
普段甘いものをほとんど食べない私が美味しいと思って食べるなんて滅多にありません。そういった意味ではフィリピン料理が合っているのかもしれません。

今回食べた感じではフィリピン料理好感触でした(≧∇≦)b
しかし、これらはフィリピン料理のごく一部に過ぎませんから、本当に口に合うかどうかは今後も要検証ですね。

フィリピン料理って辛くもなく、他の東南アジアのメジャー料理の影響を受けていない気がします。友人曰く、「王様のいない国の料理は美味しくない」といわれ、妙に納得してしまいました(でも、英国って料理マズイっていうなあ・・・笑)

Probinsy
Victria Car Park, Bajada, Davao City

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/21

ダバオ滞在記 12

7月1日(土)滞在4日目。
きょうは次回来た時に泊まることになるであろうホテルのチェックに行きます。
というのも、今回お世話になった団体の宿泊施設は今回特別に泊めていただいており、活動趣旨から次回は協力できないと言われてしまったんです(悲) 仕方ありません、次回訪ダの際にはしばらくホテルを拠点に住居やヘルパーさんを探すことになるかと思います。
それに、もしかしたら私のブログを見て自分もダバオに行ってみたいと思われる障害者の方がいるかもしれません。そうした方の参考にもバリアフリー対応の客室の様子をレポートしようと思いました。

ネットで事前に調べたところ、Grand Regal Hotel、Marco Polo Hotel、Waterfront Insular Hotel の3つにバリアフリールームがあるらしいのですが、Waterfront Insular Hotel は現在全部使用中で見学できないということでした。

20060720_1
まず向かったのが Marco Polo Hotel です。市の中心街にあります。このホテルがダバオで一番高い建物なんですよ!(^o^)
サマール島からも見えました。

20060720_5
大統領も泊まったことがあるらしいです☆
4つ星クラスかな?キレイですし、従業員の対応もまあまあです。

20060720_2
早速バリアフリールームを見せていただきました。
洗面・バスルームは車いすでも楽に行けるくらいの十分なスペースです。バスルームはシャワーのみですが、私的にはバスタブが無い方が入りやすいですし、どうせシャワーしか浴びませんので好印象でした(≧∇≦)b

20060720_3
ちょっとピンぼけですが、トイレには両サイドに手すり(片方は可動式)があり、便器の右前(写真下中央)前の床にはフラッシュボタン(便器洗浄)があります。欲を言えば、ウォシュレット欲しいですね~。(外国じゃ難しいか・・・)

あとベッドがダブルベッドのみで部屋自体そんなに広くはないです(狭くもない)。ダブルベッドはいただけませんが、一人で泊まるのなら問題ありません(^_^)v この部屋と同タイプのバリアフリールームは全部で6つあるそうです。料金は確か一泊3400ペソ(7,500円くらい)が正規料金だったと思います。あとは旅行代理店を通じてどこまでネゴできるかですね(笑)

見学を終えて、ダバオに何回も来ているTV局の方が言うには、ここがダバオで一番いいホテルだから他のホテルは期待できないらしいです。(事実、次に行った Grand Regal Hotel はダメでした・・・)
ということで、場所も街の中心にありますので動きやすいですし、次回訪ダの際は Marco Polo に泊まりたいと思います☆

おまけ↓
20060720_4
コレがダバオのメイン交通機関「ジープニー」です(^o^)
みんなそれぞれデコラティブに飾り付けていて面白いですよー。中には「TURBO」って書いてあるけど、どう見ても「ターボは付いてないだろ~(笑)」ってツッコみたくなるのもあったりして、見ていて楽しいです♪

でも・・・本当にターボ、付いてるのか・・・?まさか!?イヤイヤ・・・(^_^;

マルコポーロ ダバオ
PO Box 81540, CM Recto Street, Davao City 8000, Philippines
電話: (63 82) 221-0888 ファックス: (63 82) 225-0111
http://jp.davao.marcopolohotels.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

どうせ票が欲しいだけのくせに!

米大統領が初の拒否権発動 ES細胞助成法案(2006.07.20 - CNN/REUTERS/AP)

ワシントン──ブッシュ米大統領は19日、米上院で前日可決されたヒトの胚性幹細胞(ES細胞)研究への連邦助成を拡大する法案について、拒否権を発動した。同大統領の拒否権発動は、約5年半前の就任以来初めて。

下院の共和党議員らは拒否権を覆そうとしたものの、採決結果は235対193で、賛成票が必要とされる3分の2に届かなかった。

大統領は発動理由について、医療研究目的で受精卵を破壊することが「われわれのまともな社会で尊重するべき道徳の一線を越えている」との認識を示した。

ブッシュ大統領が、米上院が18日に賛成63、反対37の賛成多数で可決した「ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)研究への連邦助成を拡大する法案」に対して拒否権発動しました!
あのバカブッシュ・・・(怒)
どうせ妊娠中絶反対派の支持票が欲しいだけのくせに、何が「われわれのまともな社会で尊重するべき道徳の一線を越えている」だぁ??
ある世論調査の結果によれば、米国民の70%がES細胞の研究を支持しているといいますし、なによりもES細胞による治療法を心待ちにし、毎日病気と闘っている私たち難病患者の辛さも知らないくせによく最もらしいことを言えたものです(゚Д゚#)ゴルァ!!

何なんだろう、この人・・・(呆)
さすがはどっかのおバカさん総理の盟友だけのことありますね。はあ・・・悲しい(ToT)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/07/19

ダバオ滞在記 11

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。昼食を終え一休みした後帰ることにしました(日帰りできちゃうところがグーでしょ?)

来る時はフェリーだったのですが、実はもう一つ、ナントこのパラダイスビーチへ直接来られる船があったのです。ただ、小さいので上下船の際に幅40cm程の板を渡らなければなりません。来る前に、以前に車いすの方が乗ったことあると聞いていましたが、それはキケンだと叔父さんに言われクルマ(フェリー)で来たのです。

が、実際にビーチからその船を見て「・・・いけるんじゃない?」ってことになり(笑)、クルマは一足先にフェリーで戻って先回りしてもらい、私たちは小さなボートにチャレンジです!(*^▽^*)

20060719_1
この写真もお気に入りの一枚です☆
桟橋の先に停泊しているのが私たちが乗るボートです。キンチョーしてきた(笑)

20060719_2
桟橋とボートとの距離は約1m。ボート、結構揺れてる~!車いす降りようかと思ったら、そのまま持ち上げられて乗せられちゃいました!(゚Д゚;∬アワワ・・・

が、大丈夫でしたよー(^o^)/

20060719_3
サマール島が遠くなってきました・・・。
ヨカッタな~、パラダイスビーチ♪ありがとうー。また来るねー(ToT)/~~~

20060719_4
同じ船に乗っていた少女。
子供がカワイイのは万国共通ですね☆

20060719_5
プププッ、いい味出してるなー(笑)
少し痩せれば将来イケメンかも?

約10分ほどで対岸に到着です。
サマール島側と同じ感じかと思っていたら・・・ヤバイ!陸地までスゴイ高さです(1.5mくらいあるぞ!)
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ  どーしよう、これは私の足では降りられる高さじゃありません。ついに"お姫様ダッコ"される時が来たかあぁぁ・・・と、覚悟していたら・・・

20060719_6
ぬおー、こんな高さでしかも細い板の上を車いすごと持ち上げて降り始めたじゃありませんか!(◎皿◎)ナンデスト!!
ちなみに、このボート片道一人10ペソ(20円くらい)なんですよ(^_^)v

20060719_7
無事下船して進みづらい砂地を係の方が車いすを駐車場まで押して下さいました(*^o^*)
もちろん、チップ払いましたよ。

最後にオマケ↓
20060719_8
いい感じでしょ?(^o^)
この写真、同行していたTV局のカメラマンの方が撮ってくれたんです。
やっぱ上手いですね~(≧∇≦)b

さて、パラダイスビーチの魅力伝わりましたでしょうか?(*^▽^*)
健康な方はもちろん、ある程度障害があってもその気さえあればビーチリゾートへ行けるということが伝わったら嬉しいです。諦める前に行動してみるのも手だと私は思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/18

ダバオ滞在記 10

10の大台に乗ってしまいました・・・(^_^;
どんどん行きますよ~☆

20060718_1
みんな楽しそう(*^▽^*)
平日だったおかげでそんなに混んでなかったです。

20060718_2
私たちは少し陸側のテーブルに座りました。
前の写真で分かるようにビーチサイドのテーブルは少し傾斜しているので、バランス崩しやすい私にはキケンです(汗)

20060718_3
どこからか心地よい音楽が聞こえてきました☆辺りを見回すと・・・
おぉ、スグ近くで生演奏のバンドが癒し系の優しい歌を歌ってるじゃありませんか~!(≧∇≦)b

20060718_4
20060718_5
そんなゆったりとした時間の中での昼食。
天ぷらもお肉も美味しかったです☆この他にチーズバーガーも食べたんですけど、冗談抜きで美味しかったですよ。もちろんビールがウマイ!(笑)

食べてると・・・

20060718_6
バンド来たっ!(笑)
日本人だっていうと日本の歌を演奏してくれました・・・が、全然知らない曲。でも、叔父さん知ってました!(昔の曲だったのね)
チョット恥ずかしかったけど、生演奏エガッダ~(*^▽^*)

20060718_7
ビーチサイドのベッドチェアー、寝てみたいなあ・・・。

20060718_8
で、寝てみました♪(笑)
心地よい波音と青い空、ゆったりとした時間・・・贅沢なひとときです。
この写真、今回滞在中撮った写真の中で私のイチバンのお気に入りなんです(*^▽^*)
彼女は恋人ではありませんが、雰囲気出てません?(笑)
いつか・・・大好きな人と撮りたい一枚です☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/17

ダバオ滞在記 9

20060717_1
南国リゾートっぽいでしょ?(^_^)v

20060717_2
波打ち際のスグ横で食事ができて、樹木と日よけの屋根のおかげですごく涼しかったです☆
高校生くらいかな?かわいかったですよ~。やっぱり、ビーチには水着ギャルですね。 ←エロおやじ?(笑)

20060717_3
桟橋側から見たビーチ。
ご覧のように樹木が屋根を覆うかのように繁っているので、屋根だけに比べて相当な断熱効果を発揮しています。ちゃんと木を切らずに、屋根に穴を空けてるところが好感持てました。

20060717_4
パラダイス・ビーチ最高☆

20060717_5
椰子の実ジュース。40ペソ(約80円くらい)
残念ながら飲みませんでした(´・ω・`)ショボーン

20060717_6
捕獲された宇宙人・・・じゃなくて、私です(笑)
どーしても海に入りたくて、叔父さんとヘルパーの女の子に支えてもらい、十何年ぶりかで海に入りました。

気持ちいいー!(号泣!)

ホント嬉しかったです・・・ありがとうございます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/16

ダバオ滞在記 8

6月30日(金)、滞在3日目。
昨日、病院とショッピングモール2箇所回れたので少し予定に余裕ができました。人と会う予定が現時点で確定できず、今日の時点では会えないということだったので、急きょ予定を変更して行けたら行きたいと思っていたダバオ湾に浮かぶ島、サマール島に行ってみることにしました☆

20060716
サマール島は市街から船で20分ほどのところにある島です。ダバオ市に面している方はビーチリゾートがたくさんあり、週末は旅行者などで混むらしいです(だから予定を変更して金曜のきょうにしたんです)

20060716_1
クルマで行くにはフェリーに乗ります。
このフェリー、基本的に船内がいっぱいにならないと出港しないらしいです Σ(゚д゚lll)ガーン

20060716_2
最後にバイクを載せたら出港です。
私達が乗船してから出港まで20分くらいでした。

20060716_3
出港して10分くらい。サマール島・・・思っていたよりデカイ!

港に着いてからは道が舗装されておらず、わだちも多いのでゆっくりじゃないとガックンガックンして大変です。しかも、目的のビーチへはクルマを降りてから長く急な坂道を下らなければならず、ハッキリ言って大変です!(悲)

20060716_4
しかーし!
それをクリアすると・・・辺りは南国リゾートの気配がしてきて、期待で胸が高まります☆o(^-^)oワクワク

20060716_6
海キターッ!!
ぢつは私、南国ビーチリゾート初めてなんです。だから、すごい嬉しい!(ToT)

20060716_5
ようこそ、パラダイス・ビーチへ♪
あぁ・・・青い海に白い砂浜、波の音。ありがとう、ダバオ!ありがとう、パラダイス・ビーチ!

つづくー!(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/15

ダバオ滞在記 7

滞在3日目に行く前に(滞在記7なのに、まだ2日しか終わってない・・・全部終わるのはいつ??)、ちょっとブレイク♪ ←早く先に進めって(笑)

20060715_1
宿舎の近くに停まっていた「トライシクル」というバイクを改造して人が沢山乗れるようにした乗り物です。この場所の近くにはPNJK学校(フィリピン日系人会学校)とミンダナオ国際大学があるので、その生徒さん達を当てにして集まってるんだと思います。
乗ってみたいですが、身体の不自由な私には無理そうです・・・(´・ω・`)ショボーン

20060715_5
ダバオにも数年前からコンビニができて24時間営業だそうです。
残念ながら入りませんでしたが、写真のお店の左前、スロープもちゃんとあります。やるじゃん(≧∇≦)b

20060715_2
この人達何してると思います?
ぢつは学校に来ている子供達の授業が終わるのを待ってる保護者さん達なんですよー。
あさ学校に送りに来てそのまま帰りまで待ってるんですって!(汗)
そのための場所があるのもスゴいですけど、ずーっと待ってるって~(苦笑)

20060715_3
ちゃんと売店まであります(^_^)v
暑いですもん、水分摂らないと死んじゃいます。

20060715_4
お菓子なんかも売ってます。

ホント、軽くカルチャーショック受けました・・・。
だって、1年中真夏なのに外で何時間も待ってるなんて・・・スゴ過ぎます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/14

ダバオ滞在記 6

今回滞在期間中の夕食は、生活するようになった際にフィリピン料理以外が食べたくなった時に行けるお店のチェックとして、あえてフィリピン料理以外のお店に行くことにしました。
今晩はTV局の方がオススメの日本料理屋さんに招待して下さるということになり、お言葉に甘えさせてもらいました。ありがとうございました☆

20060714_1
お店の名前は「つる」。ダバオにはもう一店舗あるらしいです。
日本食レストランは他にも数店舗あり、私たちがダバオに来る少し前にもバイキング形式のお店がオープンしたそうです(^_^)v

20060714_2
20060714_3
お寿司も刺身も普通に美味しいです(≧∇≦)b
なんか日本にないお魚も入ってました。名前は確か・・・ラプラプ?(スミマセン、忘れました・涙)

20060714_4
天ぷらの盛り合わせも美味しかったです♪
やはり海沿いの街だからでしょうか、お魚美味しいです(笑)

この席で意外な発見がありました。
TV局の方、ナント叔父さんが会社時代に営業の接待で使っていたお店のご子息だったと分かり、2人で盛り上がって上機嫌でした(*^▽^*)
世の中狭いですね~(笑)

ホントご馳走様でした☆ ⌒(*^-゚)b

日本料理つる
(082)221ー 0901 FAX (082)221ー3585
J.Camus St.8000 Davao City,Philippines

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/13

ダバオ滞在記 5

やっと、2日間のココログメンテ終わったー。

さて、ダバオ滞在記の続きです♪
「SM City Davao」の次に向かったのは、ダバオで2番目に大きいモール「Gaisano mall」です。
この Gaisano mall の食料品売り場には日本食材のコーナーがあるらしいので確認しなくては!(^o^)

20060713_1
地下1階、地上4階の映画館を含んだシネコンです☆
映画はハリウッド映画が45ペソ(約100円)で観られるらしいですよ。もちろん、英語で(苦笑)

20060713_2
日本食材コーナー。想像していたより豊富です!
日本酒、ソース、醤油、ポン酢、おぉ、スゴイ!!日本を離れてまだ2日なのに、外国でなじみのある商品を見て嬉しくなってしまいました。

20060713_3
納豆やうどん、冷凍お好み焼きまで売ってますよ~(ToT)

20060713_4
日本のポテトチップスにカレー・ルー、カップ麺にパスタソース、他にも沢山ありますよー。
当然ですが値段は日本国内より高いです。でも、日本食材がこれだけ売ってるのは生活していれば嬉しいことですから、多少割高でも許せます☆

疑問なのは、いったいどんなニーズがあってこんなに売ってるんでしょう・・・ねえ??
そんなに日本人が暮らしているとも思えませんし。不思議です・・・(^_^;

20060713_5
お酒、特に焼酎大好きな叔父さん。一番真剣にお酒コーナー見ていました(笑)
買ったかって?
もちろん!(*^▽^*)

20060713_6
試しに日本製じゃないボディソープ買ってみました。
泡立ちはイマイチでしたが、まあOKでしょう☆

20060713_7
きょうの予定を終えて、夕食前に一度宿舎に帰りました。
暑かったのでビール飲んじゃいました(笑)
フィリピンで一番人気があるという「サンミゲール」。一本70円くらい♪
私は普段スーパードライ派なので、チョット物足りないかと思ったら・・・これはこれで美味しかったです~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/10

ダバオ滞在記 4

病院の次に向かったのはショッピングモールです。ダバオには主に4つのモールがあります。
実際に生活するようになれば主な買い物はモールですることになるでしょう。たまには日本食も食べたいですし、食材チェックは大切ですね☆

20060710_1
20060710_2
まず行ったのが、「SM City Davao」
ダバオで一番新しくて大きいモールだそうです。駐車場も大きいですし、建物もデカイ!

20060710_7
今回チャーターしたクルマがバンだったので乗り降りが大変でした(涙)
人数が多かったのでやむを得ませんでしたが、叔父さんお世話になりました。

20060710_3
ス-パーは商品が豊富で清潔な印象を受けました☆
ここにも少し日本の食材が売っていました。フルーツはドリアンをはじめ、南国らしく沢山売っていましたよ~(笑)

20060710_4
昼食はモール内の飲茶中華のお店へ。結構混んでいたので期待したが、味は・・・ラーメンまずっ!焼売、ワンタンは普通・・・(´・ω・`)ガッカリ・・・
たぶん、もう行かないと思う(苦笑)

20060710_5
次のモールに向かう途中、ダバオ川を渡る橋の上から。
写真には写っていませんが、右側5,600メートルで川は海に流れ込んでいます。
海近ーい!!

※ココログメンテナンス実施のお知らせ(7/11 14:00-7/13 14:00)
この期間、トラックバック/コメントの受けつけができなくなります。ご了承ください。
・・・って、2日間もメンテなんて普通ありえないでしょ~(呆)
頼むよ、ニフティ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/08

ダバオ滞在記 3

前回の記事の続きで、あの日本当はウエルカムパーティーなんかもあったんですけど、諸事情により掲載できません。ごめんなさい(悲)

6月29日(木)
滞在2日目。昨夜は疲れていたせいもあって少し眠れたので頭痛も治まって一安心☆
朝食をとって今日の予定である病院の視察に向かいます。団体の方が医師にアポとっていてくださいました(謝謝!)

20060708_1
病院へ向かう道中。ちょっと曇り。
中心街から少し離れるとこんな感じの風景が続きます。のんびりしてて好きだけど・・・暑い!(笑)

20060708_2
20060708_6
まずは、もしロングステイ中に体調崩したり万が一の際、キチンとした医療を受けられるかどうかを判断しなければいけません。 ダバオで一番歴史があるという総合病院「DAVAO DOCTORS HOSPITAL」にやってきました。

20060708_3
リハビリルーム。とてもキレイで設備も充実している印象を受けました。
ここに限らず、街中は想像していたよりもずーっと色んなものがキチンとしている気がします(^_^)v
中国で入院した病院より全然いいです。

20060708_4
リハビリと内科の専門医の方に色々質問しました。
薬は手にはいるのか?(私はしないつもりですが)万が一の時には気管切開して人工呼吸器の装着は可能か?来られないぐらい体調悪いときは往診はしてもらえるのか等質問して、薬は今分からないけど他は可能だという答えでした。

話を終えて表に出てインタビューを受けました。
病院の印象等聞かれて「思っていたより対応して頂けるという医師の言葉に安心しました」と答えたが、後になって「本当に実際その時になった際、対応してくれるのか?」という不安もよぎりました・・・。
こればかりは実際に暮らしてみないと分かりません(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

ダバオ滞在記 2

成田を発って約4時間、無事マニラ国際空港ニノイ・アキノ空港に到着です(*^▽^*)
しかし、寝不足で乗ったせいか首が凝って気持ち悪く、頭痛もする最悪なコンディション・・・(涙)

20060707_1
13時頃マニラ空港到着しましたが、JALが着いた第1ターミナルからダバオ行きのフィリピン航空のある第2ターミナルまでクルマで移動しなければならなく、一旦外に出ます(それがイヤだから国際線もフィリピン航空にしていたのに・・・チッ)

20060707_2
20060707_3
フィリピン航空の国際線と国内線がある第2ターミナル。
この第2ターミナル、実は1996年に日本の政府開発援助(ODA)の助けを借りながら新設された新しい国際空港です。以前は国内線と国際線が別の空港だったらしいので、今は国際線と国内線は同じビルの中になって歩いて5分の距離になって便利ですね。
でも、フィリピン航空専用ですので他の航空会社を利用した場合、乗り換えが面倒くさいのは変わりません(^_^;

20060707_4
マニラ→ダバオのフィリピン航空機。
意外と大きいじゃん☆
ヨカッタ、プロペラ機じゃなくて・・・。

20060707_5
TV局の方がマニラで合流して取材開始です。ダバオに到着してクルマに乗り込む様子など撮影しました。
こうして写真で第三者的に見ると、取材だ~と実感します(*^▽^*)

6時過ぎ、無事に宿泊先到着!家を出てから13時間(ToT)
首痛い!疲れたー!しかし、カメラは回る・・・(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/06

ダバオ滞在記 1

6月28日(水)
朝5時起床。というよりも、あまり眠れずに完全な睡眠不足・・・。着替えをすませ軽く朝食を食べようと思ったら、約束の時間より20分も早く叔父さんがタクシーで迎えに来た!早いよ~(^_^;
慌ててヨーグルトだけ飲み、何も口にできないままクルマに乗り込み一路成田空港へ。

空港には予定より30分も早く到着。あまりにも早くてお店も開いてません・・・_| ̄|○がくっ
しばらくすると今回お世話になる団体の方がやってきました。予定ではマニラで合流(同じ飛行機だけど)することになっていたのですが、なんでも搭乗予定のフィリピン航空9:30出発便の時間が変更になって、マニラでの乗り換えに間に合わないため、日航の成田9:45出発便に変更になったらしいんです。Σ(゚Д゚;エーッ!
頼むよ、フィリピン航空・・・。
まあ・・・JALの方がサービスいいし、結果オーライってことで始まった今回の旅なのだ(笑)

・・・っていうか、この先もこんなハプニング・・・ないですよね??(汗)

20060706_120060706_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/04

帰りました!

昨日の夜、無事帰国しました!
5日間という短い期間でしたが内容の濃い視察ができたと思ってます(^_^)v
詳しいご報告はまた後日ということで、取り急ぎ帰国のご報告まで。

※コメント下さった方ごめんなさい。後でお返事いたしますね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »