« ダバオ滞在記 11 | トップページ | ダバオ滞在記 12 »

2006/07/20

どうせ票が欲しいだけのくせに!

米大統領が初の拒否権発動 ES細胞助成法案(2006.07.20 - CNN/REUTERS/AP)

ワシントン──ブッシュ米大統領は19日、米上院で前日可決されたヒトの胚性幹細胞(ES細胞)研究への連邦助成を拡大する法案について、拒否権を発動した。同大統領の拒否権発動は、約5年半前の就任以来初めて。

下院の共和党議員らは拒否権を覆そうとしたものの、採決結果は235対193で、賛成票が必要とされる3分の2に届かなかった。

大統領は発動理由について、医療研究目的で受精卵を破壊することが「われわれのまともな社会で尊重するべき道徳の一線を越えている」との認識を示した。

ブッシュ大統領が、米上院が18日に賛成63、反対37の賛成多数で可決した「ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)研究への連邦助成を拡大する法案」に対して拒否権発動しました!
あのバカブッシュ・・・(怒)
どうせ妊娠中絶反対派の支持票が欲しいだけのくせに、何が「われわれのまともな社会で尊重するべき道徳の一線を越えている」だぁ??
ある世論調査の結果によれば、米国民の70%がES細胞の研究を支持しているといいますし、なによりもES細胞による治療法を心待ちにし、毎日病気と闘っている私たち難病患者の辛さも知らないくせによく最もらしいことを言えたものです(゚Д゚#)ゴルァ!!

何なんだろう、この人・・・(呆)
さすがはどっかのおバカさん総理の盟友だけのことありますね。はあ・・・悲しい(ToT)

|

« ダバオ滞在記 11 | トップページ | ダバオ滞在記 12 »

難病」カテゴリの記事

コメント

むーんすとーんさん、こんにちは♪

>それが一人の拒否権で…。
>アメリカって民主主義国家じゃなかったっけ?と
>本気で悩んでしまったよー。
ホント、この人何なんでしょうね(怒)
ある時は国益に適うならと怪しい牛肉を日本に売りつけるわ、関係のない国民が沢山殺されているのにテロリスト撲滅のためならイスラエルのレバノン攻撃には目をつぶるくせに、よくこんなこと言えたものです。

>病気になったら自分がどんなばかなことしたかわかるのにね。
>一回経験してみたらいいんだよ。
>患者さんがみんなどんな気持ちでいるのかわかるから。
本当そう思います(涙)
医師に「あなたはもう治りません」と言われる絶望感。
それでも必死に前を向いていこうと、勇気を振り絞って恐怖と立ち向かっていることがどれだけのものか、身をもって知ればいいんです!
今に天罰が下りますよ。

投稿: style-TK | 2006/07/21 13:00

上院で賛成63、反対37で。
国民の70%が支持してて。
それが一人の拒否権で…。

アメリカって民主主義国家じゃなかったっけ?と
本気で悩んでしまったよー。

病気になったら自分がどんなばかなことしたかわかるのにね。
一回経験してみたらいいんだよ。
患者さんがみんなどんな気持ちでいるのかわかるから。

投稿: むーんすとーん | 2006/07/20 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/11028820

この記事へのトラックバック一覧です: どうせ票が欲しいだけのくせに!:

» マイケルのビデオクリップ [ぱきぱきちゃん の Pakipaki 話]
このサイトのClick hereってところにカーソルを合わせて力強くクリックするとマイケルJフォックスのES細胞に関するインタビューのビデオクリップが見れます、はい、見られます。弱々しくクリックなんてしちゃいけません、念のため。今日は疲れたので、このビデオクリップの紹介でおしまいっす。{/kaeru_night/}... [続きを読む]

受信: 2006/07/28 02:42

« ダバオ滞在記 11 | トップページ | ダバオ滞在記 12 »