« 障害者権利条約、遂に世界標準化へ | トップページ | マイナーアップデートは必要か? »

2006/08/29

ブログは生きてる証

ネットで知り合った方のブログが数週間ほど前から見えなく(存在しなく)なってしまいました。
彼は同じ県内に住む同世代で、筋ジストロフィーを患っていて人工呼吸器を付けています。
健常者ならブログが更新されなくなったり消えていても、飽きて止めたか忙しくなったのかなあ程度にしか思いませんが、障害者、それも重度となると「突然更新されなくなる」=「何かあったんじゃないのだろうか」と心配になります(;・∀・)ダダイジョウブ・・・?

メールを二度送りましたが音信不通・・・(悲)
心配です。

ぢつは今年の初めにも他の障害者の方のブログが更新されなくなり、二ヶ月後に脳梗塞で死にかけ奇跡的に一命を取り留めたという事実を知ったということがあったのです。

私もそうですが、ブログが更新されていることが生きてることの証だったりする気がします。重度障害者って本当に毎日を一日一日必死で生きてるんです。いつもどこか痛かったり、ご飯を食べるのも精一杯な日だってあったりします。
彼が元気でいてくれればいいですが・・・心配です(´・ω・`)ショボーン

|

« 障害者権利条約、遂に世界標準化へ | トップページ | マイナーアップデートは必要か? »

難病」カテゴリの記事

コメント

edaats さん、こんにちは♪

>時々お越しくださりありがとうございます。
いつも写真上手いなあって思いながら拝見させて頂いてます☆

>特にブログは読み手は勝手なもので一応更新されるのが前提で覗いてしまうだけに、必要以上に心配してしまいますね。
>先日も2月以来まったく更新がストップしてしまったので心配していたらご病気でキーボードが叩けないということがわかった事例もあります。
そうですね、障害者だけじゃなくシニア世代の方にも当てはまりますね。
元気な方だったりすると、ホント必要以上に心配してしまうと思います。

>ネットワーク社会だからこそのいい面でもありますが、余計な心配をしてしまう不健康な面かもしれませんね。(^_-)
ですねー(^_^;
顔が見えないっていうのはこうした時もどかしく、健康によくないです。

>でもご病気でも歳とってもキーボードが叩けるのだけでコミュニケーションがとれるって素晴らしいことです。
ハイ、私もそう思います(^_^)v
一昔だったら家で一人ぼっちで外部との接触もままならない日々を送っていたはずですし、テクノロジーの進歩には感謝しています。

投稿: style-TK | 2006/08/31 17:32

時々お越しくださりありがとうございます。

私もシニア世代になりましたが、同じようにシニアのネット仲間でもブログが更新されなかったりすると本当に心配になります。
特にブログは読み手は勝手なもので一応更新されるのが前提で覗いてしまうだけに、必要以上に心配してしまいますね。

先日も2月以来まったく更新がストップしてしまったので心配していたらご病気でキーボードが叩けないということがわかった事例もあります。

ネットワーク社会だからこそのいい面でもありますが、余計な心配をしてしまう不健康な面かもしれませんね。(^_-)

でもご病気でも歳とってもキーボードが叩けるのだけでコミュニケーションがとれるって素晴らしいことです。

投稿: edaats | 2006/08/31 15:30

あんさん、むーんすとーんさん、こんにちは♪

*あんさん

>ず~っとご無沙汰していて、ごめんなさい。(少し引きこもってました・・・)
こちらこそ、お久しぶりです(^o^)
あんさんも体調よくなかったんですね・・・(悲)

>お知り合いのかた、心配ですが思いは届いていると思います。
私もそう願ってます(ToT)
元気だといいなあ。ブログを消したってことは意図してのことだと思うんです。
だとすると、突然倒れたのではないのかな・・・と推測してます。

>style-TKさんのブログもいろんな方に届いて、励ましになっていると思います。
>これからも応援していますよ~!
ありがとうございます!(涙)
あんさんもカナダですね☆向こうのレポート楽しみにしてますね~(・∀・)/~~

*むーんすとーんさん

>連絡が途絶えた時に、やっぱりものすごく心配になってしまいますよね。
>わたしもそういうことがあったりしたよ。
>なんとかその後連絡とれて無事だとわかったときはほっとしました。
連絡方法はメールしか知らないっていうのが悔やまれます(涙)
電話番号聞いておけばよかったです。

>連絡くるといいですね。祈ってます。
ありがとうございます!
嬉しいなー。みんな優しい方ばかりでよかったです(ToT)
きっと・・・大丈夫です!そう祈ってます。

投稿: style-TK | 2006/08/31 13:15

こんばんは。
心配ですね。ただ忙しかっただけとかならいいですね。

ネットやブログで簡単に会えない人とも
連絡とれたり仲良くなったりできるのはすごいいいことだし
それで毎日楽しかったりするけれども
連絡が途絶えた時に、やっぱりものすごく心配になってしまいますよね。
わたしもそういうことがあったりしたよ。
なんとかその後連絡とれて無事だとわかったときはほっとしました。

連絡くるといいですね。祈ってます。

投稿: むーんすとーん | 2006/08/30 23:52

style-TKさん、こんにちは。

ず~っとご無沙汰していて、ごめんなさい。(少し引きこもってました・・・)
ダバオに行かれたり、いろいろと挑戦されているのを陰ながら応援していましたよ。

お知り合いのかた、心配ですが思いは届いていると思います。
style-TKさんのブログもいろんな方に届いて、励ましになっていると思います。
これからも応援していますよ~!

投稿: あん | 2006/08/30 23:50

マンデリンさん、じまぁさん、こんにちは♪

*マンデリンさん

>style-TKさんがおっしゃるように、重度障害者にとっては「生きている証」であり、それは「口」や「耳」の役割でしょうかね。
そうですね。
普段家で過ごすことが多い障害者にとって、ネットが唯一外部の方とコミュニケーションできるツールだったりします。
ブログを通じて色んな方の考え方に触れたりすることで、自分の中で社会とのバランス感覚を保ってる気がします(^_^)v

>お知り合いの方の無事を祈らずにはおられません。
ホント心配です・・・。
彼がコレを読んで連絡くれることを密かに願ってます(ToT)

*じまぁさん

>障害があると、困っている友人のところに
>すぐに駆け付けられないのも辛いんですよね。
>力になれないもどかしさを私は何度も痛感しています。
そうですね・・・もどかしいですね。
ただ心配することしかできない自分が悔しいです(涙)
ホントどうしたんだろう?
何事もなければいいのですが・・・。

投稿: style-TK | 2006/08/30 14:05

style-TKさん、こんにちは。

お知り合いの方、とても心配ですね。
ご無事なことを願っています。

障害があると、困っている友人のところに
すぐに駆け付けられないのも辛いんですよね。
力になれないもどかしさを私は何度も痛感しています。

blogが書ける事、読める事の平凡の尊さを
改めて感じました。

投稿: じまぁ | 2006/08/29 20:22

blogってその人が何を考えているのか、何を聞いてほしいのかの情報発信であり、コミュニケーション手段になっていますよね。style-TKさんがおっしゃるように、重度障害者にとっては「生きている証」であり、それは「口」や「耳」の役割でしょうかね。お知り合いの方の無事を祈らずにはおられません。

投稿: マンデリン | 2006/08/29 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/11667989

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは生きてる証:

« 障害者権利条約、遂に世界標準化へ | トップページ | マイナーアップデートは必要か? »