« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/30

ALSに初のワクチン!

ブログお友達のアリスさんに教えて頂いたニュース。

難病ALSに初のワクチン マウス実験で延命効果

 運動神経が死んで全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、筋委縮性側索硬化症(ALS)のうち、遺伝性へのワクチンを日本とカナダのグループが開発、マウスで延命効果があったとの実験結果を米科学アカデミー紀要電子版に30日、発表した。

 グループの漆谷真滋賀医大分子神経科学研究センター助手によると、ALSに有効なワクチンは世界初で「ヒトへの応用が可能で、早期治療が期待できる」としている。

遺伝性ALSではありますが、朗報ですね!(≧∇≦)b
(遺伝性ではない)私には効かないのかな~。試せないのかなあ・・・滋賀医大問い合わせてみようかなあ。

アリスさん、情報ありがとうございます☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/01/29

インドパワーと日本の未来

昨晩放映されたNHKスペシャル「インドの衝撃 -第1回 わき上がる頭脳パワー-」を観ました。
BRICs (※詳しくは、こちら)の一角として急速な経済成長を続けるインド。以前から私は個人的には中国なんかよりも日本にとって脅威なのはインドだと思っています。なぜか?それはインド人の理数系学問の優秀さです。国を挙げて理数系を強化しているだけに、その優秀さは日本のお家芸である製品の高性能さを凌駕するといっていいでしょう。

現にIT有名企業はこぞってインド人エンジニアを好(高)待遇で採用してますし(^_^;
知識を武器に戦ってくる人々ほど恐いものはありません(汗)

詰め込まなければいけない少年期にゆとり教育なんてやって、著しく学力を下げてる日本・・・。
ストイックさを失った種族は滅びる運命しかなのだろうか(悲)

きょうあすのNHKスペシャル(http://www.nhk.or.jp/special/)午後10時~10時59分 NHK総合で、
「第2回 11億の消費パワー」
「第3回 台頭する政治大国」が放映されます☆必見です(*^▽^*)

| | コメント (3)

2007/01/27

7月までもつのか?

アパグループの耐震偽装問題に関しては、きっこさんが去年から元イーホームズの藤田東吾社長の話として紹介されていて知っていましたが、やっと表沙汰になりました。
何が問題かって、あの元祖大バカ総理で有名な森喜朗が「アパグループ」の後援会長で、さらには「アパグループ」の元谷外志雄代表が、新大バカ総理の安倍さんの後援会「安晋会」の副会長だっていうんですから救いようがありません(呆)

こんなの誰がどう見たってグルで隠蔽しようとしていたのは明らかですよね?
昨日の施政方針演説でもお得意の「美しい国」を連呼してましたが・・・
「あんたのような腐った政治家の温床である自民党が与党であるうちは絶対無理!」
と思ったのは、私だけではないハズです。

野党にはアパと安倍、森との関係を国会の場で徹底的に追求してほしいものです!
民主党も本当に政権獲ろうっていうのなら、「温暖化対策で2015年で国内でのガソリン国産新車の販売を禁止します」くらい言え!って思うんですが。
それにしても・・・あの人、7月までもつのかな・・・(苦笑)

きっこのブログ: ガケップチのアパ晋三

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/26

コーヒーブレイクにいかが?

最近よく見てるブログ「P O P * P O P 」さん。世界中から興味を引かれるWebツールを分かりやすくご紹介してくれていて、イチオシなサイトです(≧∇≦)b

そこでこんなの↓紹介されていたので、早速貼り付けてみました♪(最小幅700px)

続きを読む "コーヒーブレイクにいかが?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/01/24

理系ですね

以前にも言いましたが、ここ2週間は友人のWebサイト作りに勤しんでいます。
作っていると上手く表示されない不具合も多く、自分自身の技量不足を痛感してしまいます(汗)
ごまかそうと思えばやれなくもないのですが、あまり妥協したくない思いがあるために中々前に進めません(理系だなあって?・苦笑)
友人だからいいものの、普通の仕事だったらこうはいきませんね。

この作業で毎日4~5時間があっという間に過ぎてしまうので本当にブログを書く気力が残ってません。でも、たまには脳を使わないと衰退していくだけですし、いい脳運動だと思ってます(笑)
きょうには目処が付きそうなので、もう少しです。頑張ります!(・∀・)

追伸
関係ないんですがここ数日、談合事件で私がいた会社がニュースによく出てる。
悪いことで自分のいた会社がニュースに出るのはチョット悲しいです・・・(涙)
私自身の思いは世論とは違いますが今は言いません。ただ、「談合=絶対悪」だとは私は思っておりません。
機会があれば、いつかお話しますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/20

グーグル関連番組告知

20070120あす21日午後9:00~NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃 ~あなたの人生を“検索”が変える~」が放映されます。

以前、雑誌「TIME」のWebサイトに載ってるグーグル本社の写真(詳しくは、こちら)を見たのですがスゴかったです!
社員にいい仕事をしてもらうには気持ちいい環境をってことかな~。検索ナシでは生きていけない?!といわれれば、そうかもしれません・・・(汗)

あすは必見です!(≧∇≦)b

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/01/18

ALS関連番組告知

今週は友人のWebサイトのデザインを変えたいとの依頼を受け、久々にHTMLコーディングに勤しむ日々を送っています。なので、ブログ更新もサボりぎみです(^_^;

さて、ALS協会から教えていただいたALS関連番組のお知らせです。
あす放送予定のテレビ朝日「スーパーJチャンネル」の中で、千葉県の患者さんが出演されるらしいです(※ただし、何か大きな事件などあった場合は延期となる事もあり)
ご覧下さい☆

放送日時 2007年1月19日(金曜日) 夕方 午後5時36分~
(番組は午後4時53分から始まります)

番組・特集名 
スーパーJチャンネル
金曜特集:難病ALS 筋萎縮性側索硬化症とは

放送地域
全国テレビ朝日系列局の中から、下記の放送局でご覧いただける予定です。

テレビ朝日(関東圏)/北海道HTB/青森ABA/岩手IAT/秋田AAB/山形YTS/宮城KHB/新潟NT21/長野ABN/愛知NBN(メーテレ)/山口YAB/福岡KBC/長崎NCC/大分OAB/鹿児島KKB/沖縄QAB         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/16

きょうか!?

忘れてましたが、きょう16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間、ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンスが行われます。メンテナンス中はココログの閲覧は可能ですが、コメントやトラックバックも受け付けることができません。

・・・って、前回72時間も掛けてメンテしたのに結局うまくいかなかったという失態を犯したニフティさん。
今度はちゃんとお願いしますよ、ホント。

|

2007/01/13

深夜番組

私は普段0時半くらいに寝ています。深夜まで起きていると昼夜逆転しそうで、いい大人としてイカンと!(笑)
なので、今までは新聞のTV欄で深夜に面白そうな番組があっても、わざわざビデオ入れて録画するのも面倒なので諦めていました。

LOST シーズン1 DVD Complete Boxそれが昨年暮れにHDDレコーダーを購入したおかげで気楽に録画できるようになったので、結構使ってます☆(HDDレコーダーについては、こちら
今年から始まったTBS系月・火曜放送中の海外ドラマ「LOST」、ハマリそうです~(*^▽^*)

録画も簡単。
ADAMS(TV-Asahi Data And Multimedia Service)という地上波およびアナログ衛星放送に関する番組情報を毎日最大8日分自動受信更新してくれるので、画面上のTV番組欄から録画したい番組を選ぶだけでOK☆
HDDレコーダー買ってヨカッタです!(≧∇≦)b

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/01/11

今度はどうする、ブッシュ?

ES細胞法案、再び採決へ 11日に米下院で 10日 東京新聞

 【ワシントン9日共同】ブッシュ米大統領の初の拒否権行使で昨年廃案となった、胚性幹細胞(ES細胞)の研究を促進する法案と同一の法案を200人以上の超党派議員が1月から始まった新議会の下院に再提案、11日に審議と採決が行われる。

 過半数の賛成による可決が確実視されるが、その後、送付先の上院でも可決された場合、野党の民主党が多数派を占める議会の意向を無視して大統領が再び拒否権を行使するかどうかが注目される。

昨年7月、米上院で可決されたヒトの胚性幹細胞(ES細胞)研究への連邦助成を拡大する法案について、拒否権を発動した大バカブッシュ大統領(#゚Д゚)ゴルァ!!(詳しくは、こちら
妊娠中絶反対派の支持票欲しさに拒否権を発動してみたものの、中間選挙で民主党に大敗してしまった今となってはどう出るのか??楽しみです( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/09

ストリーミング配信テスト

携帯で撮った動画ファイルをストリーミング配信できるのかテスト。






出演: 昨日のちびっ子ギャング1号2号。うるせー(笑)

※参考サイト
簡単ストリーミング 動画配信方法

☆番組告知☆
今晩1月9日 火曜日21:00からTBS系で「難病と闘う子供たち 私たちはこんな病気と闘っています」が放映される予定です。詳しくは、こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/07

彼が?!

きょう知りました・・・

EXILEのMATSUが自身の病気告白 (nikkansports.com 2007年1月7日)

20070107 ダンス&ボーカルユニットEXILEのパフォーマー、MATSU(31)が国の難病(特定疾患)に指定されているベーチェット病であることが6日、分かった。昨年の活動を追ったフジテレビ系ドキュメンタリー番組「EXILE~6年目の真実~」で明かした。

 MATSUは高校時代に口内炎ができるなど、初期症状が出始めたという。昨年9月、新ボーカルを選ぶ最終オーディションのリハーサルで病状が悪化。左目がほとんど見えない状態で、時折休みながらダンスリハーサルに臨んでいた。体調を崩すと3日ほど寝込んでしまうこともあるという。最悪の場合失明に至る可能性もあり、症状を抑える薬を使用するなど治療を続けている。

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!! ・・・ ショックです(涙)
EXILEは好きなグループの1つです。一昨日深夜に放映されたそのドキュメンタリー番組は録画してあり、きょうにでも観ようと思っていたところです。しかも、ベーチェットとは・・・

ベーチェット病と言えば、かつて放送されていた月9ドラマ「愛し君へ」で主人公の藤木直人が犯される病気であり、あのドラマで知られるようになりました。そして・・・私の大好きだった女性もベーチェット病です(詳しくは、こちら) 彼女のことは今でも時々思い出し、どーしているのか心配になります。また中国へ行ったら漢方薬を買ってこようとは思っていますが。

MATSUはEXILE公式サイトで、こうコメントしています。

僕が頑張って生きている事で、少しでも皆さんに勇気や希望、
そういったパワーを与える事が出来たら本望です。
僕は決してネガティブにこの病気を受け入れてはおらず、
逆に、この病気に出会えた事で沢山の事を感じ、沢山の事を学びました。
これら全ての出来事が自分の財産だと思っています。

僕はこの運命の出来事で、自分の進む道、生きる道、そして、生きてきた意味を少し感じられたと思います。
僕を産んでくれた両親に感謝し、僕を支えてくれているEXILEメンバー、スタッフの皆さん、
そしてファンの皆さん、僕に関わる、全ての皆さんに感謝します。

頑張れっ!!(涙)
あなたが踊る姿に私は勇気をもらうでしょう。
そして、私も頑張ろうと思うのです。
共にもうダメだって思うその時まで・・・頑張りましょう!(*^▽^*)

EXILE公式サイト

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/01/04

新年早々

毎日ホリデー状態の私にはお休み感覚が年々マヒしてきてるようで、今年は本当に「お正月気分」になれませんでした。更に、正月三が日はお墓参りに新年のご挨拶に行ったり親戚が来たりと普段より忙しく、パソコンの電源入れる時間もあまりありませんでした・・・(苦笑)

そんな三が日の出来事。
まずは箱根駅伝、私の母校が総合2位!!
そんなに愛校心がある訳でもないが、それなりに嬉しい☆

もう一つ。もうかれこれ6,7年前、私がネットを通じて初めて知り合った平山病の女の子(彼女の以前の記事は、こちら)。今でも時々メールをやり取りする仲です。その彼女から届いた新年メールには「結婚しました」の文字!!
おぉ、やったね!
おめでとーーーー(≧∇≦)b

ヨカッタ・・・本当におめでとう~(涙)
昨年10月くらいのメールで(結婚)する予定とは聞いていましたが・・・良かった!
彼女は他にも精神的な病気になったりと大変だった時期もありましたが、それを側で支え続けた彼氏。彼氏とは会ったことはありませんが、以前に私のWebサイトの掲示板(現在はありません)に書き込みしてくれた時に「ずっと彼女を守っていくつもりです」と書いてくれていました。
彼女の弱いところも全部ひっくるめて受け止めてくれた彼氏、イイ男です!(・∀・)カコイイ!!

とはいえ、これからがスタートだと思います。
支え合ってステキな家庭を作っていってほしいです☆
マリーさん(仮名)、お幸せにね~(*^▽^*)

新年早々嬉しい知らせはいいものです(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/01/01

平成19年 元旦

20070101


| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »