« 天下無敵の | トップページ | 貢献してます »

2008/03/14

ALSの進行を抑制 ラットで確認

難病ALSの進行を抑制 東北大がラットで確認 (2008年3月13日 東京新聞)
※元記事消失に備え全文掲載致します

 運動神経が死んで全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、筋委縮性側索硬化症(ALS)になったラットの脊髄に、神経細胞を増やす働きがある物質を投与し病気の進行を抑える実験に、青木正志東北大講師(神経内科)らの研究チームが13日までに成功した。

 サルの実験でも同様の効果が出始めており、引き続き効果と安全性が確認されれば、少数の患者を対象にした臨床試験を来春にも始める計画。
 名古屋市で開催の日本再生医療学会で14日、発表する。

 青木講師らは、ALSを発症するよう遺伝子操作したラットの脊髄で、病気の進行に伴って神経のもとになる「前駆細胞」と呼ばれる細胞が増えているのを見つけた。
 前駆細胞が神経になるのを助けてやればALSの症状の改善につながる可能性があると考え、ALSラットの脊髄に、神経を含む多様な細胞を増やす働きがある肝細胞増殖因子(HGF)という物質を、約1カ月にわたりチューブで投与した。

 発症から死ぬまでの日数は平均28日で、比較のため生理食塩水を投与したラットの同17日に比べ、約1・6倍長かった。脊髄内の神経細胞数も、食塩水ラットの倍以上多く残っていた。
 チームは、HGFの働きで、脊髄の細胞死を抑制したり、前駆細胞が神経に成長するのを促進したりした結果ではないかとみている。

ALSの進行を抑制・・・キタ━━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━━!!!!

>果と安全性が確認されれば、少数の患者を対象にした臨床試験を来春にも始める計画。
実験台立候補しまーす!使ってくれー(≧∇≦)b

|

« 天下無敵の | トップページ | 貢献してます »

難病」カテゴリの記事

コメント

rumboさん、むーんすとーんさん、こんにちは♪

*rumboさん

>最近明るい話題が多く、期待が膨らみますね♪
ね~(*^▽^*)
ヘンな自信なんですけど、きっと近い未来に治療法が見つかる気がしてます。
きっと必ず!(^_-)-☆

*むーんすとーんさん

>「治る病気」になる日は近いかも?と期待してます。
>研究者の方々の努力にはほんと頭がさがります。
ですね~。
iPS細胞しかり、日々研究は進歩していくことでしょう。
その日を信じて強く生きていきましょう☆

投稿: style-TK | 2008/03/15 13:45

こんばんは☆

ここんところ朗報が続いてますね♪
「治る病気」になる日は近いかも?と期待してます。
研究者の方々の努力にはほんと頭がさがります。

投稿: むーんすとーん | 2008/03/15 00:30

こんばんは~。
私も今日、職場で新聞を見て、小躍りして喜んでいました(^_^)
最近明るい話題が多く、期待が膨らみますね♪

投稿: rumbo | 2008/03/14 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/40496502

この記事へのトラックバック一覧です: ALSの進行を抑制 ラットで確認:

« 天下無敵の | トップページ | 貢献してます »