« 御利益♪ | トップページ | サッカーとALS »

2008/10/08

人の尊厳とは

「呼吸器外し」苦悩の審議 (2008年10月8日 読売新聞)

※元記事消失に備え、全文掲載致します。

鴨川・亀田総合病院 「委員会、荷重すぎる」

 鴨川市の亀田総合病院の倫理問題検討委員会が、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の男性患者(68)の「意思疎通が出来なくなったら人工呼吸器を外してほしい」との要望を尊重するよう院長に提言したことについて、同委員会委員長の田中美千裕・脳神経外科部長は7日、同病院が開いた記者会見で、「もし自分が患者、奥さん、主治医だったら、どんな意見を持つか議論した」と説明。「委員会としては荷が重すぎる」とも述べ、苦悩の末の審議だったことをうかがわせた。

 また、提言を受けた亀田信介院長=写真=は、呼吸器外しについては「刑事責任を問われる」と難色を示しつつも、「患者には治療を選ぶ権利があり、それをどこまで尊重できるか、症例ごとの検討が必要だ」として、社会全体での議論の必要性を強調した。

 男性患者の要望は昨年5月、電子メールで病院側に寄せられた。男性の家族によると、男性は現在、ほおの筋肉の動きでパソコンを操作して意思を伝達しているが、これができなくなったら「精神的な死を意味し、耐えられない」としているという。

 亀田院長は、同病院内外の医師らで構成される同委員会に要望への対応を諮問。今年4月、「倫理上の問題はない」とする提言がまとまったが、審議の過程では慎重論も多く出されたといい、提言では刑事責任が問われる可能性や、患者本人の意向、機器の発達など状況変化の継続的な把握の必要性にも言及した。

 終末期の延命治療を希望しない「尊厳死」は、現行法では医師が殺人罪に問われる可能性があるが、責任を問う基準が明確でないとの指摘もあり、日本尊厳死協会などが「免責事項」を明確にする法制化を求めている。

 男性の家族は「本人は議論されることを望んでいたので、委員会の提言を喜んでいると思う」と話した。

 一方、ALSの専門医療に詳しく、厚生労働省研究班での班長を務めた中島孝・国立病院機構新潟病院副院長は「現在の日本のALS患者は、将来に対する不安が非常に強い。まずは不安を取り除くよう、患者・家族の総合的なケア内容を改善すべきだ」と指摘している。

目すら動かせない状態(いわゆるロックイン状態)になっても生きていたいと思う人がいるでしょうか・・・?
そんな状態でも精神や意思は健全であることが、どれほど大きな苦しみであるか計りしれません。

一度呼吸器を付けたら二度と外せない。
人の尊厳とはやみくもに生きろと押しつけるだけの社会には決して存在しません。そういった意味では、今回の倫理委員会の「倫理上の問題はない」とする提言がまとまったことは一定の評価ができることだと思います。

|

« 御利益♪ | トップページ | サッカーとALS »

難病」カテゴリの記事

コメント

むーんすとーんさん、続けてコメントありがとうございます☆

>だからこそ議論されること
>そして選択できることが必要なんではないでしょうか?
そうなのですよ!!!
選択できないことが呼吸器装着の決心にどれ程大きな妨げになっていることでしょう(涙)
どうしてそれが分かってくれないんだろう・・・(´・ω・`)ショボーン

投稿: style-TK | 2008/10/14 17:09

この記事知らなかったです。
教えてくれてありがとうございます。

うーん…人の生きる理由はそれぞれだと思うので。
「誰かに愛される、必要とされている」というだけでも生きていける人もいれば
自分が何事かを為したい、という欲求が強い人もいるので。
「たった一つの正しい結論」なんてものは存在しないのだと思います。
だからこそ議論されること
そして選択できることが必要なんではないでしょうか?

投稿: むーんすとーん | 2008/10/14 00:33

へいぽーさん、こんにちは♪

>この記事を読んでからずっと考えています。
>人の尊厳というよりは、生きるって死ぬって?みたいな。
私もです・・・。
どんな姿でも生きていて欲しいと願う家族の気持ちも分かりますし、実際にそうなるであろう患者として他の同病者の感じている「恐怖」も分かるので、「死」って何なんだろうと考えています。
死=無なのでしょうか・・・ね?

投稿: style-TK | 2008/10/10 14:37

兄さん、おはよー

この記事を読んでからずっと考えています。

人の尊厳というよりは、生きるって死ぬって?みたいな。
体の自由を奪われる。
心の自由を奪われる。

余り書くといけんな。
後で、自分ところで書くわ~むふふ

投稿: へいぽー | 2008/10/10 08:00

ふみさん、こんにちは♪

>ロックインだよ。
ありゃ、間違えました(汗)
お許しを~m(*- -*)m

>毎日自分に話しかける誰かがいたら
>死ぬなと泣いてくれる人がいたら
>それでも人は死をえらべるだろうか。
うー・・・ん、どうでしょう。
ただ、1番に優先されるべきは「本人の意志、希望」ではないでしょうか。
何人であろうともそういった状態にある本人の本当の辛さ苦しさを理解することはできません。
どんなに生きていて欲しいと願っても「もう十分生きた」と言う患者に、それでもなお生きろと言えるでしょうか?
家族の思いは痛いほど分かります(涙)
それでも私は1番に優先されるべきは「本人の意志、希望」だと思ってます。
そしてきっと、この問題の正しい答えなどないとも思ってます。

投稿: style-TK | 2008/10/09 17:28

兄貴~
ロックオンじゃないよ
ロックインだよ。
もし全部動かせなくなっても
毎日自分に話しかける誰かがいたら
死ぬなと泣いてくれる人がいたら
それでも人は死をえらべるだろうか。

投稿: ふみ | 2008/10/08 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/42724199

この記事へのトラックバック一覧です: 人の尊厳とは:

« 御利益♪ | トップページ | サッカーとALS »