« 遺伝性・・・だけ?(汗) | トップページ | だるい・・・ »

2009/03/08

また1歩☆

iPS細胞の高品質化に成功 米チーム、難病治療に前進 (2009年3月6日 朝日新聞)

 パーキンソン病患者の皮膚からさまざまな細胞に成長する人工多能性幹細胞(iPS細胞)を高品質でつくることに、米国チームが成功した。従来の作製法と比べ、iPS細胞の性質のばらつきを抑え、がん化などの危険性も減らせるという。6日付の米科学誌セルに発表する。

 パーキンソン病は神経細胞が減って神経伝達物質のドーパミンが不足し、手足のふるえなどが起こる難病。米マサチューセッツ工科大などのチームは、53~85歳の男女5人の患者の皮膚細胞に、iPS細胞をつくるのに必要な三つの遺伝子を導入した。

 遺伝子の導入には従来通りウイルスを使ったが、iPS細胞ができた後、特殊な酵素で導入遺伝子を取り除き、遺伝子が過剰に働かないようにする仕組みも加えた。すると、iPS細胞の遺伝子の働きぶりが、従来のiPS細胞より、もうひとつの万能細胞の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に近くなることがわかった。

 患者の細胞からつくったiPS細胞は、難病の原因解明の研究や、拒絶反応のない移植治療に使えると期待されているが、導入遺伝子が残っていると性質がばらつくとされ、課題になっている。
 国立成育医療センター研究所の阿久津英憲室長は「技術改良が着実に進んでいる。導入遺伝子を残さない今回のような作製法は、今後の主流になる可能性がある」と話す。

ぢつはこの記事の1日前の5日に行われた学会で生みの親である京大・山中教授は、こう発言していました。
がんに関連する遺伝子 c―Mycを除いて3遺伝子でもiPS細胞を作れるが、成功率は100分の1に落ちる。c―Mycはがんの原因になるが、ないと不完全なiPS細胞になりやすいので、c―Mycが本当に悪者なのかは、まだ研究が必要だ

また1つ問題クリアーってことでしょ?(*^▽^*)
「再生医療の目的はまもなく達成されるかもしれない」(英エジンバラ大学再生医学センター(Centre for Regenerative Medicine in Edinburgh)所長ウィルマット氏 談)
あぁ・・・一日でも早く!早く!(涙)

|

« 遺伝性・・・だけ?(汗) | トップページ | だるい・・・ »

難病」カテゴリの記事

コメント

むーんすとーんさん、こんにちは♪

風邪引いてしまいました・・・(ToT)

>研究って一つきっかけがあると
>その後とんとんとんって次から次へ進むことがあるんですねー。
ですね~(*^▽^*)
個々の研究機関がそれぞれ別に研究するのではなく、連携してくれた方が格段に進むと思うので、是非連携してくれるといいですね(^_-)-☆
きっと彼らはやってくれます!(笑)

投稿: style-TK | 2009/03/12 17:09

研究って一つきっかけがあると
その後とんとんとんって次から次へ進むことがあるんですねー。

朗報であることは間違いないですよね♪
信じて待ちましょうねー。

投稿: むーんすとーん | 2009/03/11 00:13

アリスさん、こんにちは♪

>最近こーゆーニュース多いですよね。 (^o^)
ですね~(*^▽^*)
日本も頑張ってほしいですが、患者としては世界中どこの国でもいいから早く治療法を見つけてくれって言うのが本音ですしねー。
期待しましょう!

投稿: style-TK | 2009/03/10 18:16

こんちはっス!
最近こーゆーニュース多いですよね。 (^o^)
今までどーしてもクリアできなかったことが、何かのキッカケでクリアできると、それをヒントに他のことで引っかかっていた研究もグッと進むのかもしれませんね。
研究者の皆さん、引き続き頑張って下さいね!

投稿: アリス | 2009/03/09 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/44281885

この記事へのトラックバック一覧です: また1歩☆:

« 遺伝性・・・だけ?(汗) | トップページ | だるい・・・ »