« 今一度 | トップページ | 去っていく人々 »

2009/07/13

期待☆

「ALS」「若年性認知症」、原因抑える物質発見 (2009年7月12日 読売新聞)

 筋肉が動かなくなる難病である筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)や、若年性認知症の治療につながる物質を、東京都精神医学総合研究所の野中隆主席研究員らの研究グループが見つけた。

 11日からウィーンで開かれる国際アルツハイマー病学会で発表する。

 これまでの研究で、ALSや若年性認知症を発症した患者の脳や脊髄(せきずい)には、TDP43と呼ばれるたんぱく質が異常を起こして蓄積していることがわかっており、これが細胞の死滅や病気発症の原因になると見られている。

 研究チームは、人の神経細胞に異常なTDP43を作り出す遺伝子を組み込み、患者の細胞を再現。この細胞を使って、様々な薬の効果を確かめたところ、ロシアでアレルギーなどの治療に使われていた医薬品と、国内でも市販されている薬剤とを併用することで、細胞内に蓄積した異常たんぱく質を80%以上減らせることを突き止めた。

 ALSは往年のメジャーリーガー、ルー・ゲーリッグ選手が発症したことで知られる難病で、治療法はまだ開発されていない。40~65歳で発症する若年性認知症も治療法がない。

 野中主席研究員は「すでにある薬を使って、ALSなどの進行を大幅に抑えることができる可能性がある。早急に治療薬開発につなげたい」と話している。

すでにある薬併用で進行スピード大幅減!!キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!
iPS細胞を使った遺伝子治療法が確立されるまでもう少し掛かるでしょうし、この治療法で進行を遅らせることができれば、より多くのALS患者に希望の道が開くと思います。
頑張ってくれー!!(≧∇≦)

|

« 今一度 | トップページ | 去っていく人々 »

難病」カテゴリの記事

コメント

ゆきよさん、こんにちは♪

これなら実用化も早そうですよね☆
期待!(≧∇≦)

>あーた、ひきこもってないで、ちゃんと外に出なさい!(笑)
出てるよ~(笑)
近場だけど(汗)
先週土曜は大学の友人と久しぶりに居酒屋行った!
夏はビールだね~( ̄ー ̄)ニヤリ

>また連絡するよ~。お互い元気に夏を過ごそうね。
>ってか、結局会わないのかぃ…。どうするかちょっと相談だね~。
だねー(苦笑)
まあ、お互いぼちぼちでいきましょ(o^-^o)
メールするねん。

投稿: style-TK | 2009/07/15 16:31

来たーーーーーっ!!sign03

一刻も早く、治療薬が作られて認可される日が・・・ 
そして、ALSは治る病 になる事を願っているょ。心から願ってるょ。

あーた、ひきこもってないで、ちゃんと外に出なさい!(笑)
また連絡するよ~。お互い元気に夏を過ごそうね。
ってか、結局会わないのかぃ…。どうするかちょっと相談だね~。wink

投稿: ゆきよ | 2009/07/13 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/45623754

この記事へのトラックバック一覧です: 期待☆:

« 今一度 | トップページ | 去っていく人々 »