« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

韓国ALS新薬値下げ!!

ユスパム社より昨日10月30日より韓国ALS新薬が値下げされたとの通達がありました。

なお日本の薬事法によりこの場に改訂額等を明記することができませんので、詳しくは下のPDFファイルをご参照下さい。よろしくお願い申し上げます。

Yoo_s_neurosolution__価格改定_20101030 (PDF 146KB)

値下げ嬉しいーー!!(≧∇≦)
貯金を切り崩して薬代を払っている私にとって、できるだけ安い方が助かります(涙)
約7万円の値下げは大きいですね。
欲を言えば・・・もっと安くなってほしい~(苦笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/10/25

訃報

先日記事にも書きました同病の方が本日25日午前1時55分に息を引き取られたとのことです。
最後は穏やかな表情で笑っているような死に顔だったそうです。
ご本人もご家族の方もさぞ無念だったことと思います。

悔しいです(泣)
それでも私はこの悲しさ悔しさを乗り越えて生きていきます。あの方の分も生きていきます。
そして必ず治ってみせます。

だから、どうか空の上から見守っていて下さい。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/10/20

悲しすぎて

韓国旅行から帰ってきてすぐに悲しい知らせが2つ続けて入りました。

1つは、日本人3人目として韓国のALS新薬を服薬していた方の容体が悪化して、もう先が長くないというご報告。
服薬当初から効果が現れず、それでも約10ヶ月飲み続けられてこられたのに一向に好転せず、どんどん進行してしまいました(涙)
ご自分には効果が出ていないのにもかかわらず、新薬の日本許認可のために少なからずご尽力されていた素晴らしい方です。それだけにショックですし、悔しくてなりません!
どうして、どうして効いてくれないのか。孤発性ALSでも原因がまったく違うタイプがあるということなのでしょうか。
本当に悔しいです。

そして、もう1つ。
レイソルの車椅子サポーターお友達だったシニアご夫婦のご主人様が、私が帰国した日にお亡くなりになったというご報告。
ここ1年は名古屋に行かれていてお会いしていませんでしたが、千葉にいられた頃は仲良くして頂いて、アウェイで一緒に応援したり、09年の元旦に一緒に国立で天皇杯決勝戦を観たことを思い出すと悲しくてなりません(´;ω;`)ウウ・・・

もちろん、いつまでも悲しんでいるわけにはいきませんし、お二人ともそんなことを望んではいないでしょう。
でも、しばらくは落ち込みそうです・・・。
ハァ・・・悲しい・・・(ノω・、)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/16

第4回韓国ALS新薬の説明会@大阪(11/8)

韓国のALS新薬の第4回説明質問会@大阪のご案内

11月にユスパム社のYoo会長が大阪のシンポジウムに参加するので、その際に韓国ALS新薬の説明質問会を開催して頂けることになりましたのでご案内申し上げます。

既に服薬されている患者さん、これから服薬を検討されている患者さん、ご家族、病院関係者など自由に参加してください。ぜひ参加されて、疑問、質問など不安に思うこと何でもYoo博士にぶつけてみて下さい。
会費は無料です。

-------------------------------------------
日 時 : 11月8日(月) 午後6時から
場 所 : ホテル モントレラ・スール大阪(MONTEREY LA SOEUR) のラウンジ『リーフオプチェルシ(Leaf of Chelsea)』 ※変更になりました(10/19)
       〒540-0001 大阪市中央区城見2丁目2番22号
       06-6944-7111 (FAX)06-6944-7199
       JR環状線京橋駅西出口→徒歩約3分


大きな地図で見る
-------------------------------------------
※尚、参加される方は必ず前もって連絡して予約してください。
連絡先 E-mail: neoyouth1@yahoo.co.jp
TEL 82-10-4463-5567
FAX 82-50-5566-5567
参加申請の時、お名前、参加人数、電話番号、住所を記入お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

無事、帰国致しました

昨日16:15に無事、韓国ソウルより帰国致しました。
身体の方は疲れてはいますが、大きな体調不良もなく大丈夫です(* ̄ー ̄*)

ソウル滞在中はユスパム社、ネオユース社の方達に大変お世話になりました。
この場を借りて心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!

滞在記は後日ゆっくり書きたいと思っております。
取り急ぎ帰国のご報告まで(^_-)-☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/10/10

4年ぶりに

突然ですが明日、韓国に行ってきます☆(≧∇≦)

海外はもちろん千葉県から出て外泊するのは4年ぶりです。

サッカー日韓戦と焼き肉食べてきます。
大事な人達とも会ってきます。

しかし、まだ準備終わっていません(汗)
っていうか、今の私の体力で果たして無事行けるのか?!( ̄Д ̄;;

帰国は14日の予定です。
無事行って帰ってこられるよう祈っていて下さい。

ではでは、行って参ります☆

| | トラックバック (0)

2010/10/06

繰り返さないことが大事

もう日にちが経っているので手短に(苦笑)

先週土曜のレイソル×栃木SC戦、1-1のドロー・・・(´・ω・`)ショボーン
どん引きの相手をどう崩すのか?
祐三サイドからのセンターリング精度の低さ。
こういう相手の場合どう攻めるのか、いい加減打開策を見つけてほしい。
同じミスは繰り返さない。それが大事ですよ(^_-)-☆

20101002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/10/03

科学の進歩は想像以上に早い

安全で効率的、iPS細胞作製の新手法を米チームが開発 (2010年10月01日)

【10月1日 AFP】胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を使用せずヒト幹細胞を作製する方法を開発したと、米ハーバード大医学部(Harvard Medical School)などの研究チームが医学誌「セル・プレス(Cell Press)」オンライン版に9月30日、発表した。この手法を使えば、極めて効率的に人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製できるという。

 通常は、成熟細胞をiPS細胞に作り替えるタンパク因子を獲得するため、ヒトゲノムを恒久的に書き換えるという手法が取られている。

 これに対し研究チームは、遺伝情報のメッセンジャーであるリボ核酸(RNA)分子を改変し、タンパク質を符号化して細胞のDNAと結合しないようにした。この改変RNAを成熟した皮膚細胞に繰り返し導入したところ、タンパク質の再プログラミングがはっきりと確認され、iPS細胞に作り替えられた。

 こうしてできたiPS細胞に筋肉細胞の発達に関連したRNAを導入すると、iPS細胞は筋肉細胞に分化した。この一連のプロセスは、シンプルで効率も良い上に、危険な遺伝子組み換えを行う必要もないという。

 ハーバード幹細胞研究所(Harvard Stem Cell Institute)のDoug Melton氏は、「この新たな手法は、ヒトの成熟細胞の作り替えにおける飛躍的な前進だ」と話した。同研究所はただちに、この手法を用いて、患者個人や病気に応じたiPS細胞の作製に入る予定だという。(c)AFP

科学の進歩は日進月歩。
より安全に、より簡単に患者本人からiPS細胞の作製できる日はそう遠くないはずです。
ALS患者の皆さん、その日が来るまで頑張りましょうね!(≧∇≦)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »