« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/25

フラフラ

最近、右目のまぶたの痙攣が酷く、常にピクついていて痙ったような症状になると、まぶたの内側半分が半分しか開かなくなります(ρ_;)
そこで先月末の主治医の受診時に症状を訴え、痙攣を抑えるという抗てんかん薬を試しに処方してもらいました。
しかし、眠気やふらつきといった副作用が気になり服薬していませんでした。

でも、もう我慢できないほど酷かったので水曜に1錠だけ飲んでみました。
その後1時間ほど経ってからトイレに行きたくなり、いつものように脇を持ってもらい便器の前まで連れて行ってもらい、用を足そうとズボンに手をかけた時・・・

フラフラ~と頭がボーッとして、そのまま後ろに転倒してしまいました(号泣!)
幸い狭いトイレだったため、壁に当たりずり落ちるように倒れたので衝撃が緩和されて、頭を打ちましたが大した怪我もなくよかったです( ´;ω;`)ブワッ

まさかこれほど副作用があるとは・・・二度と飲みません!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/21

時が経つのは早くて

一昨日の日曜にお友達のyukiyoさんが旦那さんと一緒にウチへ来て下さいました☆
会うのは・・・2年ぶり?!
以前はたまに映画に一緒に行ってもらったりしていたのですが、ご結婚されて静岡に引っ越されたので中々会える機会がありませんでした(悲)
今回、千葉に来る別の用事があり、その脚でわざわざ私に会いに来てくれたんです(≧∇≦)

2年ぶりに会う彼女は少しも以前と変わらず、初めてお会いした旦那さんも優しそうな方でよかったです☆
2時間足らずの再会でしたが、楽しい一時でした。

20101219

遠いところおいで下さって本当にありがとうございました。
遠いけど必ずまた会おうね~(o^-^o)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/15

いよいよ?

レイソル、日立柏サッカー場の改修検討 3千席増設 (2010年12月10日 朝日新聞)

 来季のJ1昇格を決めた柏レイソルが、日立柏サッカー場の改修を検討していることが分かった。9日、柏市議会の一般質問で、古川隆史議員(柏清風)の質問に市側が明らかにした。

 同サッカー場は現在、メーンスタンドから見て、左側のゴール裏がホームの自由立ち見席になっている。市などによると、反対側のアウェー自由席の後方に新たに3千席を増設し、ホームとアウェーの席を逆にする。完成目標は2012年3月末。

 現在の収容人数は1万5900人で、座席数は1万2千席となっているため、3千席が増設されても、営業上の収容人数は、現状と同程度になるという。

 答弁の中で、市側は「立ち見席の観戦環境を改善することを主な目的にして、新たにいす席を増設したいという相談が(柏レイソルから)寄せられた」と説明した。

 同サッカー場の改修計画はこれまで、何度か浮上していたが、建設費用などの問題で具体化しなかった。

Jリーグでも一番収容人数が少ない日立台。
赤字経営が続き、ここから脱却するにはもう収容人数を増やしチケット収入を増やすしかないことは誰の目からも明らかでしたが、やっと!!重い腰を上げてくれたようです(≧∇≦)

もちろん今回の改修ではまだまだ十分ではありませんが、贅沢は言えません(苦笑)
できれば・・・端っこで良いのでゴール裏にも車椅子席作って下さい!!
お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

飛び跳ねられるほど?!

iPS細胞:移植、脊髄損傷回復 慶応大など、小型霊長類で成功 (毎日新聞 2010年12月8日)

 さまざまな細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、脊髄(せきずい)損傷のため立てなくなった小型霊長類のマーモセットに移植し、立ち上がれるまでに回復させることに、慶応大と実験動物中央研究所(川崎市)のグループが成功した。マウスの実験では同様の結果を得ていたが、ヒトに近い霊長類での成功は初めて。臨床応用に一歩近づいたと言えそうだ。

 慶大の岡野栄之教授が7日、神戸市で開催中の日本分子生物学会で報告した。

 交通事故などが原因で脊髄を損傷するが、根本的な治療法がない。岡野教授らは、首の脊髄を損傷して手足がまひしたマーモセットに、iPS細胞から作った神経の基になる細胞を、損傷から9日目に移植した。この時期の移植がもっとも効果的とされる。

 移植後は運動機能が回復し始め、約1カ月後には後ろ脚で立つことができ、手の握力も回復した。患部に注入された細胞が神経細胞となり、脊髄を再生したためとみられる。iPS細胞は腫瘍化しにくいタイプを使い、約3カ月後でも腫瘍はできなかった。

 岡野教授は「跳びはねられるほど劇的に回復した」と話し、今後はより安全性の高いiPS細胞で同様の効果を得られるよう研究を進めるという。iPS細胞は作成に半年以上かかり、脊髄損傷後に作っても移植に間に合わないため、国立病院機構大阪医療センターと共同でiPS細胞を事前に作っておく「細胞バンク」の研究も進めている。

霊長類・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
跳びはねられるほど劇的に回復?!スゴイ!!

しかし、現時点でiPS細胞移植による治療法は、脊髄損傷から長時間が経った患者には効果は無いと言います。
是非、この問題を解決して頂きたいです(≧∇≦)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/12/07

2010シーズン終了

先週土曜でJ1、J2リーグとも今シーズンリーグ戦が終了しました。
我らがレイソルは最終戦を勝利で飾り、23勝11分2敗というダントツの成績で来年再びJ1に挑みます。

いやー、J2はもういいです・・・(苦笑)
勝てて嬉しいですが、所詮2部リーグ。長くいるところではありません(^-^;
しかも、来年はFC東京がJ2なんて・・・間違いなく厳しい闘いになりますよ。

来年はJ1ももちろん厳しい闘いになることでしょう。
選手、監督、スタッフ、フロント、サポーター、一丸となって闘いましょう!
優勝目指しましょう、マジで!(* ̄ー ̄*)

20101127

とりあえず、今年1年お疲れいそる(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/03

残念・・・。

2018年と2022年のW杯開催国が昨日深夜に決定しました。
2022年に立候補していた日本は残念ながら落選・・・(´・ω・`)ショボーン

2018年がロシア。2022年がカタール。
結果を見れば、そうだよな~と納得してしまいました。
これで日本の招致資格は早くても2034年以降(アジア枠のカタールが決まったため、アジア勢は2大会資格無し)

っていっても、次のアジアでの開催は、間違いなく中国でしょう(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »