« 2010シーズン終了 | トップページ | いよいよ? »

2010/12/08

飛び跳ねられるほど?!

iPS細胞:移植、脊髄損傷回復 慶応大など、小型霊長類で成功 (毎日新聞 2010年12月8日)

 さまざまな細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、脊髄(せきずい)損傷のため立てなくなった小型霊長類のマーモセットに移植し、立ち上がれるまでに回復させることに、慶応大と実験動物中央研究所(川崎市)のグループが成功した。マウスの実験では同様の結果を得ていたが、ヒトに近い霊長類での成功は初めて。臨床応用に一歩近づいたと言えそうだ。

 慶大の岡野栄之教授が7日、神戸市で開催中の日本分子生物学会で報告した。

 交通事故などが原因で脊髄を損傷するが、根本的な治療法がない。岡野教授らは、首の脊髄を損傷して手足がまひしたマーモセットに、iPS細胞から作った神経の基になる細胞を、損傷から9日目に移植した。この時期の移植がもっとも効果的とされる。

 移植後は運動機能が回復し始め、約1カ月後には後ろ脚で立つことができ、手の握力も回復した。患部に注入された細胞が神経細胞となり、脊髄を再生したためとみられる。iPS細胞は腫瘍化しにくいタイプを使い、約3カ月後でも腫瘍はできなかった。

 岡野教授は「跳びはねられるほど劇的に回復した」と話し、今後はより安全性の高いiPS細胞で同様の効果を得られるよう研究を進めるという。iPS細胞は作成に半年以上かかり、脊髄損傷後に作っても移植に間に合わないため、国立病院機構大阪医療センターと共同でiPS細胞を事前に作っておく「細胞バンク」の研究も進めている。

霊長類・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
跳びはねられるほど劇的に回復?!スゴイ!!

しかし、現時点でiPS細胞移植による治療法は、脊髄損傷から長時間が経った患者には効果は無いと言います。
是非、この問題を解決して頂きたいです(≧∇≦)

|

« 2010シーズン終了 | トップページ | いよいよ? »

難病」カテゴリの記事

コメント

キリエさん、むーんすとーんさん、こんにちは♪

*キリエさん

ホント、行政は邪魔するなって言いたいですね。
医療行政は何もかも先進諸外国に遅れてから検討に入る日本。
せめてiPSだけは世界に先駆けて臨床に入って欲しいものです┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

*むーんすとーんさん

ホント、SFが現実になってきましたね(≧∇≦)
未来を信じて頑張りましょう!

投稿: style-TK | 2010/12/10 15:16

こんばんはhappy01

ほんとうに科学技術の進歩は目覚ましいものがありますね。
こんなこと昔は考えられなかったですね…まるでSFの世界。
一刻も早く治療法に活かしてほしいです。
日夜努力されてる方々に感謝です。

投稿: むーんすとーん | 2010/12/08 23:59

頼むよ、早く。行政は邪魔するなよ。
って感じですね。
そして、それまでもってくれ私の体。

投稿: キリエ | 2010/12/08 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/50246165

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び跳ねられるほど?!:

« 2010シーズン終了 | トップページ | いよいよ? »