« 50℃?! | トップページ | 寒い寒い寒いー(涙) »

2012/01/18

霊長類ALSモデル動物

ALSのモデル動物を作製 東京医歯大が世界初、サルで成功 (2012.1.18 産経)

 全身の筋肉が萎縮(いしゅく)する「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)のモデル動物を、東京医科歯科大大学院の横田隆徳教授らがサルを使って作製することに成功した。ALSの症状を再現できる実験動物は世界初で、治療法の開発に向けて大きな前進となる。英専門誌に18日、発表した。

 ALSは運動神経の細胞が死んで筋肉のまひや萎縮が全身に広がり、呼吸困難に陥る原因不明の難病。英物理学者のホーキング博士が闘病していることで知られ、国内患者は約8500人とされる。マウスなどの実験動物で症状を再現できないことが治療法開発の壁になっていた。

 横田教授らは、遺伝子の転写調節などに関わる「TDP43」というタンパク質に着目。このタンパク質を作る機能を持たせたウイルスをカニクイザルの脊髄の運動神経細胞に注入し、ALSと同じ症状を起こさせることに成功した。

 このタンパク質は本来、神経細胞の核内にあるが、患者の細胞では核外の細胞質に局在する異常がみられる。ALS症状を示したサルの細胞でも同じ異常がみられ、これが発症の引き金になったことが分かった。同様の異常は一部の認知症患者の脳細胞でも確認されている。

 横田教授は「モデル動物の作製で発症メカニズムの解明や新治療法を試すことが容易になり、ALSや認知症の研究が一気に加速するだろう」と話している。

サルのALSモデル動物。
チョット複雑な思いですが・・・、
犠牲になるサルのためにも必ず治療法を見つけてください!!

|

« 50℃?! | トップページ | 寒い寒い寒いー(涙) »

難病」カテゴリの記事

コメント

イノッチさん、むーんすとーんさん、こんにちは♪

*イノッチさん

>この分だと、年内には期待できる「新薬」治験開始!!
あるかもしれませんね!( ̄ー ̄)ニヤリ
日本に限らず世界のどこかで始まってくれることを期待しましょう☆
その時を信じてお互い頑張っていきましょう!o(*^▽^*)o


*むーんすとーんさん

>実験動物の犠牲の上になりたっているものだというのも
>忘れちゃいけないことでしょうね。
ですね~(;ω;)
より人に近いサルで実験できることは貴重なことです。
感謝しなければいけません。

投稿: style-TK | 2012/01/20 14:54

気持ちは複雑ですが
これでまた研究が前に進みますね。
いいニュースだと思います☆

研究成果は研究される方の努力だけでなく
実験動物の犠牲の上になりたっているものだというのも
忘れちゃいけないことでしょうね。

投稿: むーんすとーん | 2012/01/19 00:29

style-TKさん

新年早々に良いニュースですね!


この分だと、年内には期待できる「新薬」治験開始!!

なんて事になる・・・かも、、いや、きっとなる!!

style-TKさん、皆、頑張ろうな!!!

イノッチも当然頑張る〜っ♫♫!!!

投稿: イノッチ | 2012/01/18 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/53766727

この記事へのトラックバック一覧です: 霊長類ALSモデル動物:

« 50℃?! | トップページ | 寒い寒い寒いー(涙) »