« 来年再び | トップページ | 市船おめでとう&ALS治療法研究発表会案内 »

2012/01/01

希望を胸に

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

って、昨年の〆記事を書く間もなく新年が明けてしまった私です(苦笑)
昨年は本当に色々ありすぎた一年でした。
今年は良いことは沢山起きてもいいですが、悲しいことは起きないでほしいと切に願います(。>0<。)
と言うわけで、新年一発目は明るい話題からいきましょう!(^_-)-☆

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新たな運動神経変性メカニズムを解明 (2011/12/27 慶應義塾大学医学部)

慶應義塾大学医学部解剖学教室の研究グループ(笹部潤平助教、相磯貞和教授ら)は、九州大学大学院薬学研究院生体分析化学分野(浜瀬健司准教授ら)、および株式会社資生堂フロンティアサイエンス事業部と共同で、筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis, ALS)の病態解明と新規治療法開発に取り組んでいます。
ALSは運動神経が選択的に変性してしまう神経難病の一つです。発症後数年で全身の筋力低下に陥る深刻な病気ですが、現在のところ病気の原因は未解明で、進行を完全に食い止める有効な治療法は確立されていません。これまでに我々はALS においてD-セリンが脊髄への蓄積を来すことを発見しましたが、そのメカニズムや意義は明らかではありませんでした。この度、D-セリン分解酵素(D-amino acid oxidase; DAO)の異常がD-セリンの脊髄への蓄積を引き起こし、運動神経変性の制御に深く関与することを世界で初めて明らかにしました。今後、DAO やD-セリンに焦点をあてたALS治療薬開発への応用が期待されます。
本研究成果は米国科学アカデミー紀要「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」に掲載されます。本研究は、科学研究費補助金、「生命の彩」ALS研究助成基金などの助成によって行われました。

2つ目☆
10日間でiPS細胞できた 大人の細胞活用 京大開発 (2011年12月31日 朝日新聞)

 人の脂肪の細胞から10日間で人工多能性幹細胞(iPS細胞)をつくる技術を、京都大再生医科学研究所のグループが開発した。大人の細胞では世界最短で、従来の半分以下。コスト削減にもつながる。米医学専門誌で発表した。

 再生研の中村達雄准教授らは、皮下脂肪に含まれる脂肪幹細胞からiPS細胞をつくる際、通常使う遺伝子のほかに5種類の薬を加えて、酸素の濃度を5%と薄めにした。すると、6日目でiPS細胞と同じ丸い形に変わり、10日目に、iPS細胞になったことを示す現象を確認した。
 薬剤は、細胞が分化するのに働く酵素をじゃまする作用がある。低酸素状態もiPS細胞づくりを速める。できそこないの細胞が生きにくくする効果もあり、iPS細胞とより分けるのにも役立つ。
 実験を担当した大学院生の島田英徳さんは「iPS細胞をつくる培養液はとても高価。作製期間が縮まり、コストが下がる」。

 iPS細胞を皮膚の細胞からつくるには1カ月以上かかっていた。昨年、慶応大グループが血液中のリンパ球で25日という最短記録を出した。

そして最後にこの記事☆
iPS研究「想像より早く進展」 京大・山中伸弥教授 (2011.12.20 産経新聞)

 あらゆる組織の細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授が19日、産経新聞などの取材に応じ、研究の進展状況について「想像よりもはるかに早く進んでいる」と述べ、再生医療などへの応用に意欲を見せた。

今回のD-セリン、そして昨年分かったユビキリン2と確実にALSの主原因の解明に近づいている気がします。
iPS細胞の研究もどんどん安全にかつ早く作成できるようになっていくはずです。
山中教授の仰るとおり、科学は時に人間の想像を超えるスピードで進歩していきます。
希望を胸に、今年も頑張っていきましょう!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 来年再び | トップページ | 市船おめでとう&ALS治療法研究発表会案内 »

難病」カテゴリの記事

コメント

rumboさん、目黒ーズさん、あけましておめでとうございます☆

*rumboさん

今年中に画期的な発見があるといいですね~(^_-)-☆
お互いマイペースに頑張っていきましょう!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


*目黒ーズさん

今年はACL楽しみですね~(≧∇≦)
まずはグアム合宿に(勝手に)同行しますか?(笑)
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: style-TK | 2012/01/05 16:42

あけましておめでとうございますfuji 今年も明日を信じて、外向き、前向きに行きましょうshine 柏レイソルsoccer オリンピックwatch 釘付けですeyepaper

投稿: 目黒ーズ | 2012/01/05 13:10

遅くなりましたが、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
今年はさらに一歩踏み込んだ、研究成果が出てくれることを期待したいですね!

投稿: rumbo | 2012/01/04 12:03

むーんすとーんさん、こちゃさん、サタママさん、名無しの応援団さん、謹んで新年のお慶びを申し上げます。
早々のご挨拶誠にありがとうございます。

*むーんすとーんさん

>希望を持って待ちましょう
ハイ!!
人間の英知を信じましょう☆(≧∇≦)
強く願えばきっと叶うはずです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


*こちゃさん

>良い話題がたくさんある年になるといいですね!
ですね~(≧∇≦)
お互い今年もマイペースでいきましょうね~(^_-)-☆
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


*サタママさん

>今年こそ素晴らしい年になると信じています。
信じましょう!
きっと今年良いことが起きるよう一緒に祈りましょう。
可能性は無限大です( ̄▽ ̄)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


*名無しの応援団さん

こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
そういえば歯はどうなりましたか?
お互い今年はちゃんと治して元気に過ごしましょうね(笑)

投稿: style-TK | 2012/01/02 16:50

謹賀新年
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

投稿: 名無しの応援団 | 2012/01/02 15:16

明けましておめでとうございますsign01
今年も、宜しくお願いいたします m(_ _)m

良い情報が入っても、なかなか治験や、新薬に繋がらないけど、きっと、今年こそ素晴らしい年になると信じています。
そして、祈っています・・・

投稿: サタママ | 2012/01/01 22:05

あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします

良い話題がたくさんある年になるといいですね!

投稿: こちゃ | 2012/01/01 20:43

あけましておめでとうございますfuji
今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

研究はどんどん進んでいますねsign01
2012年にはもっともっと明るいニュースをたくさん聞けますようにshine
希望を持って待ちましょうhappy01

投稿: むーんすとーん | 2012/01/01 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/53616900

この記事へのトラックバック一覧です: 希望を胸に:

« 来年再び | トップページ | 市船おめでとう&ALS治療法研究発表会案内 »