« いよいよ始動 | トップページ | 完売?!(汗) »

2012/02/07

iPS細胞がん化防ぐ新手法発見

iPS細胞がん化防ぐ新手法発見 京大グループ (2012年2月4日 朝日新聞)

 iPS細胞づくりでウイルスを使うとき、心配されていた細胞のがん化を防ぐ方法を京都大のグループが見つけ、米科学誌で報告する。ウイルスは細胞の特定の場所に組み込まれたときにがん化するので、その場所を見張っておけばいいのだという。

 iPS細胞は皮膚などの細胞に特殊な遺伝子を入れてつくる。ウイルスは、その遺伝子の運び屋として使っている。ウイルスがもつ余計な遺伝子まで細胞に組み込まれて、がんになると考えられてきた。

 京大の鶴山竜昭准教授(病理学)らはマウスの白血球をがん化させて白血病にすることが知られるMLVというウイルスを調べた。他の方法に比べて遺伝子を運ぶ効率が高く、よく使われている。フランスでこのウイルスを使い遺伝子治療を受けた患者2人が白血病になったことがある。

 このウイルスで白血病になったマウスの白血球をみたら、ウイルスの遺伝子は細胞の特定の3カ所を狙って入り込んでいた。ここは、フランスの遺伝子治療で起きた白血病での場所とよく似ていた。

これで近いうちにiPS細胞のがん化問題も解決されそうですね☆(≧∇≦)
一刻も早くiPS細胞を使ったALS治療法確立へ。
研究者の皆さん、どうか頑張ってください!

|

« いよいよ始動 | トップページ | 完売?!(汗) »

難病」カテゴリの記事

コメント

むーんすとーんさん、サタママさん、ひまわりさん、こんにちは♪

*むーんすとーんさん

>iPS細胞の一番の問題点ですもんね。
ですね~。
1ずつ問題をクリアして早く治療法ができることを信じましょう!
可能性は無限大ですね(^_-)-☆


*サタママさん

>ALS患者には、時間がありません
確かに(´・ω・`)ショボーン
でも、希望はあります!
きっと治療法は見つかります。
お互い頑張っていきましょう!


*bk20l さん

相変わらずネガティブですね(苦笑)
希望をなくしたらALS患者には絶望しかありません。
それに私は最後まで希望を信じた患者は必ず治ると思っています。
だから信じています。

*ひまわりさん

仰るとおりです(≧∇≦)
私がALSを発症した頃はまだ人のDNAすら解析できていませんでした。
頑張っていきましょうね(^_-)-☆

雪に地震、嫌になりますね・・・(涙)
ホント、くれぐれもお気をつけください。

投稿: style-TK | 2012/02/09 16:44

可能ですよ!諦めてしまったらその先は何もありません。研究者達の努力は日進月歩ですconfident
今日も雪・雪・雪ですsnow もう雪はいらないsign04
しかも昨夜は地震でかなり大きな揺れでしたsweat02怖かったsign04


投稿: ひまわり | 2012/02/09 08:59

まぁ後100万年ぐらい待ちましょう

我々が生きてる間には無理でしょう

投稿: bk20l | 2012/02/08 18:15

ガン化しなくなって、薬になって、治験に時間が掛かって・・・
まだ先の話なんだろうな~weep

ALS患者には、時間がありませんdown

何とか、時間短縮をsign01

祈っていますsign01

投稿: サタママ | 2012/02/08 08:57

こんばんは。

ガン化の問題が解決されたらいいですよね。
iPS細胞の一番の問題点ですもんね。

ほんと一日も早く、治療法を!

投稿: むーんすとーん | 2012/02/08 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/53925624

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞がん化防ぐ新手法発見:

« いよいよ始動 | トップページ | 完売?!(汗) »