« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/29

神経幹細胞:皮膚から直接作成

神経幹細胞:皮膚から直接作成…iPSより早く 慶応大 (毎日新聞 2012年3月29日)

 ヒトの皮膚細胞から直接、神経のもとになる細胞(幹細胞)を作ることに、慶応大の赤松和土講師と岡野栄之教授が成功した。さまざまな組織になる能力を持った人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作って神経幹細胞に分化させる方法では半年かかるが、約2週間に短縮でき、安全性も高い。脊髄(せきずい)損傷患者への治療に応用できる可能性が広がるという。28日付の米誌「ステム・セルズ」(電子版)に論文が掲載された。

 岡野教授らはiPS細胞作成に必要な4種類の遺伝子を皮膚細胞に入れ、培養に使う物質を7日後から3日間だけ別の物質に切り替えることで神経幹細胞を作った。

 これまでに、iPS細胞から作った神経幹細胞を、人為的に脊髄を傷つけて歩けなくしたマウスなどに一定期間後に移植し、歩けるようになることを確認している。効果が見込める移植時期はマウスの場合7~10日後、ヒトは2~4週間後とみられる。従来は神経幹細胞作成に半年かかったため、あらかじめ他人の細胞で作ったiPS細胞や神経幹細胞を用意しておく「細胞バンク」が不可欠とされた。今回の手法ならバンクは不要で、拒絶反応のない自分の細胞を使える利点もある。

少し前に理化学研究所がiPS細胞を経由せずに特定の転写因子を導入するだけで、目当ての細胞(目的細胞)の機能を持つ細胞を作製する実験手法を開発したニュースをお知らせしました。詳しくは→こちら

今度は慶応大です(≧∇≦)
可能性は無限大ですね。今後に期待しましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/27

未だ解決せず・・・

抱えている大問題は未だ解決しておりません。
今週か来週には解決する可能性が出てきましたが、一度失った信頼はそう簡単には取り戻せないものです。
信じてみるのもこれが最後です。
今度裏切ったら、もう後はありませんからね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

今日の千葉はやっと春らしくなってまいりました。
早く問題を解決して気持ちも晴れ晴れしたいものです・・・(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/20

大きな問題

Jリーグが開幕して二週間。レイソルのこととか書きたいのですが、ここ数週間大きな問題を抱えていて余り精神的余裕がありません(涙)
詳しくは書けませんが、本当に困った状況です(≧ヘ≦)
良い方向で解決してくれるといいのですが・・・。
まったく困りました(´;ω;`)ウウ・・・

| | トラックバック (0)

2012/03/15

iPS細胞を経由せずに

iPS細胞を経由せずに特定の機能を持つ細胞作製に成功 -転写制御ネットワークを再構築することで分化転換- (平成24年3月14日 独立行政法人 理化学研究所)

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)※1を経由せずに特定の転写因子を導入するだけで、目当ての細胞(目的細胞)の機能を持つ細胞を作製する実験手法を開発しました。実際に、入手が容易な皮膚由来のヒト線維芽細胞※2から、免疫細胞の一種であるヒト単球細胞※3に似た機能を持つ細胞を2週間~1カ月程度で作製することに成功しました。これは、理研オミックス基盤研究領域(理研OSC、林崎良英領域長)LSA要素技術開発グループの鈴木治和プロジェクトディレクター、LSA要素技術開発ユニットの鈴木貴紘特別研究員らの研究グループによる成果です。

多様な細胞へ分化できる万能性を持つiPS細胞は、再生医療や創薬開発などへの応用が期待されています。通常、実験ツールとして入手が容易なヒト線維芽細胞などに特定の転写因子を導入してiPS細胞を作製します。しかしこの場合、iPS細胞作製の効率が低いこと、目的細胞を得るために1カ月程度かかること、iPS細胞から作製した目的細胞にがん化の危険性があることなどの問題が指摘されており、医療応用を実現するためには解決すべき課題が多くあります。

研究グループは、ある細胞だけが持つ機能は、その細胞が独自に持つ転写制御サブネットワーク※4によって調節されていると仮定し、この転写制御サブネットワークを、細胞系譜※5の異なる別の細胞のなかに再構築することを試みました。まず、転写因子の発現情報や文献情報と、転写因子の制御関係を明らかにする実験手法を組み合わせることで、転写制御サブネットワークの相関図と、その中で最も重要な働きをしている転写因子を絞り込むための一連の手法を確立しました。この手法をヒト単球細胞に適用し、単球細胞の機能発現において最も重要な4つの転写因子を同定しました。これらの遺伝子をヒト線維芽細胞に導入したところ、2週間~1カ月程度で貪食能や炎症反応、サイトカインの分泌といった単球細胞に特徴的な機能を持つ細胞(単球様細胞)を新たに作製することに成功しました。さらにこの単球様細胞の全体的な遺伝子発現を詳細に調べたところ、半分以上が単球細胞の遺伝子発現と同様な発現をしていることが分かりました。

今回開発した手法は、どのような目的細胞に対しても容易に適用可能であることから、将来的には入手が容易な細胞から医学的に有用な細胞を直接作製できるようになると期待できます。この成果は、米国のオンライン雑誌『PLoS ONE』(3月13日付け:日本時間14日)に掲載されます。

科学の進歩はまさに日進月歩。
今後に期待しましょう!!(≧∇≦)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012/03/08

名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見

切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 —神経再生の理解および治療に期待— (2012/03/05)

切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 -神経再生の理解および治療に期待-

【ポイント】
名古屋大学大学院理学研究科の松本邦弘教授、久本直毅准教授らの研究グループは、線虫をモデル動物にした研究により、軸索(神経の線)を切断された神経が再び軸索を形成(軸索再生)するのに必要な分泌蛋白質とその受容体を発見し、さらにその下流で働く細胞内のシグナル伝達経路を同定しました。この研究成果は、英科学誌『Nature Neuroscience』オンライン版に3月4日(英国時間)に掲載されました。

【背景】
神経細胞は軸索という長い突起を介して電気信号を伝達しており、外傷などで軸索が切断されると神経として機能できなくなります。神経は、軸索が切断されてもそれを再生する能力を潜在的に持っていますが、中枢神経を含む多くの神経ではその力が弱いか阻害されており、さらに加齢によっても低下するため、切断された神経の軸索再生の多くは起きにくいとされています。
これまでの研究では、軸索を切断された神経が再生を開始する能力をもっていること、さらにその能力が線虫のような体制の単純な動物からヒトまで種を越えて保存されていることについてはわかっていましたが、その仕組みについては部分的にしかわかっていませんでした。特に、軸索を切断された神経細胞に対して、細胞の外側から軸索再生を誘導するしくみについては、その必要性はおろか存在の有無すら曖昧なままでした。

【研究の内容】
今回、研究グループは、モデル動物である線虫C.エレガンスを用いた解析により、SVH-1 と命名した増殖因子に類似した分泌蛋白質と、その受容体蛋白質であるSVH-2 が、神経切断後の軸索再生に必要であることを初めて明らかにしました。SVH-1 あるいはSVH-2 遺伝子を欠損すると、切断を受けた神経において軸索の再生が起きなくなりました。また、線虫には寿命があり、若い線虫では神経再生の効率がよいのですが、年を取るにつれて次第に再生できなくなります。そこで加齢した線虫において、遺伝子導入法によりSVH-1 蛋白質やSVH-2 蛋白質を大量に作らせたところ、若い線虫と同じレベルまで神経再生能力が回復しました。さらに、研究グループは、神経を切断すると切断された神経細胞でSVH-2 蛋白質が作られ、それが細胞外にあるSVH-1 蛋白質からのシグナルを受けて、細胞内シグナル伝達経路のひとつであるJNK MAP キナーゼ経路を活性化することにより、軸索の再生を促進することも明らかにしました。なお、上述の因子はいずれも発生過程での軸索の伸長には影響を与えず、切断された軸索の再生のみを制御していました。

【成果の意義】
今回のSVH-1 とSVH-2 の発見、および下流のシグナル伝達経路の同定は、軸索再生における新規の制御機構の発見であり、これまで曖昧だった外側からの軸索再生促進シグナルの存在を明らかに示したものです。従って、本成果は神経再生における新しい知見であると同時に、切断された神経に対して細胞外から軸索再生を促進する経路を発見したという意味でも重要な知見と言えます。上述の因子はヒトにおいても存在することから、本研究が神経再生機構の理解だけでなく、ヒトの神経切断に対する再生治療の研究や、薬剤開発等の一助になるのではないかと期待しています。

今回の成果がALSの治療法にも繋がるといいですね☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012/03/01

ちばぎんカップ

昨日はまた関東でも降雪があり、スゴク寒かったですよー(涙)

さて、この前の日曜は毎年恒例でシーズン開幕を告げる「ちばぎんカップ」を観戦しに、ジェフ市原のホーム:フクアリに行ってきました☆(≧∇≦)

20120226_1
フクアリは観やすくてホントいいスタジアムだと思います(^_-)-☆
車椅子席がゴール裏にもあるので、レイソルサポの皆さんと一緒に応援できます。
こういうスタジアムで観戦すれば、きっとサッカー好きになると思いますよ。

ただ、場所が悪い。
巨大な化学コンビナートの隣で空気悪そうです(A;´・ω・)アセアセ

20120226_2
試合の方は、毎年のことだけどレイソルの仕上がり具合は6,7割程度(苦笑)
前半は(相変わらず)必死に全力で来るジェフに押されるシーンもありましたが、後半はチョット本気になって相手のミスから1点取ってレイソルの勝利☆

20120226_3
内容はまだまだですが、J1王者としてJ2Bクラスのチームに負けるわけにはいきません。

さあ、今週土曜にはJリーグ王者のレイソルと天皇杯王者のFC東京が対戦するゼロックス杯があります。
ゼロックス杯も獲って、波に乗った状態で来週のACL、そしてリーグ戦を迎えましょう!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »