« 名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 | トップページ | 大きな問題 »

2012/03/15

iPS細胞を経由せずに

iPS細胞を経由せずに特定の機能を持つ細胞作製に成功 -転写制御ネットワークを再構築することで分化転換- (平成24年3月14日 独立行政法人 理化学研究所)

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)※1を経由せずに特定の転写因子を導入するだけで、目当ての細胞(目的細胞)の機能を持つ細胞を作製する実験手法を開発しました。実際に、入手が容易な皮膚由来のヒト線維芽細胞※2から、免疫細胞の一種であるヒト単球細胞※3に似た機能を持つ細胞を2週間~1カ月程度で作製することに成功しました。これは、理研オミックス基盤研究領域(理研OSC、林崎良英領域長)LSA要素技術開発グループの鈴木治和プロジェクトディレクター、LSA要素技術開発ユニットの鈴木貴紘特別研究員らの研究グループによる成果です。

多様な細胞へ分化できる万能性を持つiPS細胞は、再生医療や創薬開発などへの応用が期待されています。通常、実験ツールとして入手が容易なヒト線維芽細胞などに特定の転写因子を導入してiPS細胞を作製します。しかしこの場合、iPS細胞作製の効率が低いこと、目的細胞を得るために1カ月程度かかること、iPS細胞から作製した目的細胞にがん化の危険性があることなどの問題が指摘されており、医療応用を実現するためには解決すべき課題が多くあります。

研究グループは、ある細胞だけが持つ機能は、その細胞が独自に持つ転写制御サブネットワーク※4によって調節されていると仮定し、この転写制御サブネットワークを、細胞系譜※5の異なる別の細胞のなかに再構築することを試みました。まず、転写因子の発現情報や文献情報と、転写因子の制御関係を明らかにする実験手法を組み合わせることで、転写制御サブネットワークの相関図と、その中で最も重要な働きをしている転写因子を絞り込むための一連の手法を確立しました。この手法をヒト単球細胞に適用し、単球細胞の機能発現において最も重要な4つの転写因子を同定しました。これらの遺伝子をヒト線維芽細胞に導入したところ、2週間~1カ月程度で貪食能や炎症反応、サイトカインの分泌といった単球細胞に特徴的な機能を持つ細胞(単球様細胞)を新たに作製することに成功しました。さらにこの単球様細胞の全体的な遺伝子発現を詳細に調べたところ、半分以上が単球細胞の遺伝子発現と同様な発現をしていることが分かりました。

今回開発した手法は、どのような目的細胞に対しても容易に適用可能であることから、将来的には入手が容易な細胞から医学的に有用な細胞を直接作製できるようになると期待できます。この成果は、米国のオンライン雑誌『PLoS ONE』(3月13日付け:日本時間14日)に掲載されます。

科学の進歩はまさに日進月歩。
今後に期待しましょう!!(≧∇≦)

|

« 名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 | トップページ | 大きな問題 »

難病」カテゴリの記事

コメント

ひまわりさん、こんにちは♪

ご心配をおかけして申し訳ございません。
未だ問題は解決しておりませんが、助けてくれる友人のお陰もあって気持ちは大分持ち直しました☆
ご心配頂いて本当にありがとうございます(涙)
私は大丈夫ですo(*^▽^*)o

投稿: style-TK | 2012/03/27 15:23

心配です‥

投稿: ひまわり | 2012/03/25 20:36

名無しの応援団さん、サタママさん、こんにちは☆
コメント遅くなりまして申し訳ございません(涙)

*名無しの応援団さん

科学は確実に進歩していますね!
期待しましょう!!

レイソル・・・浦和戦悔しい敗戦でした・・・(涙)
でも、切り替えて次は絶対勝ちます(≧∇≦)


*サタママさん

>年内に、何とか病状をストップ出来れば良いのですが!
希望を捨てず期待しましょう!
きっと治療法は見つかります。
私は堅く信じています(^_-)-☆

投稿: style-TK | 2012/03/20 15:25

年内に、何とか病状をストップ出来れば良いのですが!

もっと、嬉しいニュースを・・・

投稿: サタママ | 2012/03/17 22:05

こんばんは
研究成果が少しずつですが、報告され始めましたね!
今後に期待大です
話しは変わりますが
明日PM2:00からNHK総合で
柏レイソルVS浦和レッズの試合中継がありますね
ジーンズ到来!
楽しみが増えましたね
♪d(⌒〇⌒)b♪

投稿: 名無しの応援団 | 2012/03/16 23:16

むーんすとーんさん、こんにちは♪

ホント、日々進歩していますよね!
iPS細胞を使わずに早く目的の細胞を安全に作れれば嬉しい限りです。
早く臨床まで行ってほしいですね(≧∇≦)

投稿: style-TK | 2012/03/16 14:49

こんばんはhappy01

またしてもすごい研究が進んでいますね。
まさに日進月歩。
研究者さん達がほんとにがんばってくれていますね。
希望を持って成果を待ちましょう!

投稿: むーんすとーん | 2012/03/16 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/54228240

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞を経由せずに:

« 名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 | トップページ | 大きな問題 »