« ちばぎんカップ | トップページ | iPS細胞を経由せずに »

2012/03/08

名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見

切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 —神経再生の理解および治療に期待— (2012/03/05)

切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見 -神経再生の理解および治療に期待-

【ポイント】
名古屋大学大学院理学研究科の松本邦弘教授、久本直毅准教授らの研究グループは、線虫をモデル動物にした研究により、軸索(神経の線)を切断された神経が再び軸索を形成(軸索再生)するのに必要な分泌蛋白質とその受容体を発見し、さらにその下流で働く細胞内のシグナル伝達経路を同定しました。この研究成果は、英科学誌『Nature Neuroscience』オンライン版に3月4日(英国時間)に掲載されました。

【背景】
神経細胞は軸索という長い突起を介して電気信号を伝達しており、外傷などで軸索が切断されると神経として機能できなくなります。神経は、軸索が切断されてもそれを再生する能力を潜在的に持っていますが、中枢神経を含む多くの神経ではその力が弱いか阻害されており、さらに加齢によっても低下するため、切断された神経の軸索再生の多くは起きにくいとされています。
これまでの研究では、軸索を切断された神経が再生を開始する能力をもっていること、さらにその能力が線虫のような体制の単純な動物からヒトまで種を越えて保存されていることについてはわかっていましたが、その仕組みについては部分的にしかわかっていませんでした。特に、軸索を切断された神経細胞に対して、細胞の外側から軸索再生を誘導するしくみについては、その必要性はおろか存在の有無すら曖昧なままでした。

【研究の内容】
今回、研究グループは、モデル動物である線虫C.エレガンスを用いた解析により、SVH-1 と命名した増殖因子に類似した分泌蛋白質と、その受容体蛋白質であるSVH-2 が、神経切断後の軸索再生に必要であることを初めて明らかにしました。SVH-1 あるいはSVH-2 遺伝子を欠損すると、切断を受けた神経において軸索の再生が起きなくなりました。また、線虫には寿命があり、若い線虫では神経再生の効率がよいのですが、年を取るにつれて次第に再生できなくなります。そこで加齢した線虫において、遺伝子導入法によりSVH-1 蛋白質やSVH-2 蛋白質を大量に作らせたところ、若い線虫と同じレベルまで神経再生能力が回復しました。さらに、研究グループは、神経を切断すると切断された神経細胞でSVH-2 蛋白質が作られ、それが細胞外にあるSVH-1 蛋白質からのシグナルを受けて、細胞内シグナル伝達経路のひとつであるJNK MAP キナーゼ経路を活性化することにより、軸索の再生を促進することも明らかにしました。なお、上述の因子はいずれも発生過程での軸索の伸長には影響を与えず、切断された軸索の再生のみを制御していました。

【成果の意義】
今回のSVH-1 とSVH-2 の発見、および下流のシグナル伝達経路の同定は、軸索再生における新規の制御機構の発見であり、これまで曖昧だった外側からの軸索再生促進シグナルの存在を明らかに示したものです。従って、本成果は神経再生における新しい知見であると同時に、切断された神経に対して細胞外から軸索再生を促進する経路を発見したという意味でも重要な知見と言えます。上述の因子はヒトにおいても存在することから、本研究が神経再生機構の理解だけでなく、ヒトの神経切断に対する再生治療の研究や、薬剤開発等の一助になるのではないかと期待しています。

今回の成果がALSの治療法にも繋がるといいですね☆

|

« ちばぎんカップ | トップページ | iPS細胞を経由せずに »

難病」カテゴリの記事

コメント

名無しの応援団さん、こんにちは♪

オリンピック決まってヨカッタですね~(≧∇≦)
酒井も元レイソルの大津もよくやりました!

そう、地震大きかったです(´;ω;`)ウウ・・・
あれで長かったらやばかったです。
怖いですね・・・(涙)

投稿: style-TK | 2012/03/16 14:54

おはようございます
昨夜、ロンドン五輪アジア最終予選の最中に千葉周辺で震度5の地震がありましたが
大丈夫だったんでしょうか?
心配しています

投稿: 名無しの応援団 | 2012/03/15 07:40

こんばんは
難しい事はよく解りませんが、前進しているという事ですね!
話は変わりますが
今から、ロンドン五輪アジア最終予選が始まります!
頑張れ日本
テレビの前で観戦・応援しています
日本・日本・日本・ファイト一発

投稿: 名無しの応援団 | 2012/03/14 19:58

サタママさん、こんにちは♪

ホント、情報を共有して必要なら協力して進めてほしいですよね☆
色々組み合わせれば予想以上の成果が期待できるかもしれませんし。
希望を捨てず信じましょうヽ(´▽`)/

投稿: style-TK | 2012/03/09 16:05

こんばんはsign01

サタママにはあまりにも難しくて、内容を理解することは出来ませんが、あちこちの大学でばらばらに研究してないで、皆で研究して下されば、もっと早く結果が出るんじゃないかと、いつも思っていますthink

でも、何だかもう少しで、新薬に手が届きそうと思っているのはサタママだけかしら・・・

また、色々教えて下さいねhappy01

投稿: サタママ | 2012/03/08 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/54170341

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋大学 切断された神経の線を再生させるシグナル伝達経路を発見:

« ちばぎんカップ | トップページ | iPS細胞を経由せずに »