« ここから | トップページ | 覚醒 »

2012/05/10

ALSの症状再現 京大

ALSの症状再現 ヒトES細胞で世界初 京大、治薬開発に期待 (2012年05月09日 京都新聞)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状を再現する細胞を、ヒトES(胚性幹)細胞から作ることに京都大物質―細胞統合システム拠点の中辻憲夫教授や饗庭一博講師らのグループが成功した。ALSの発症メカニズムの解明や治療薬の開発に近づく大きな成果で、米科学誌ステム・セルズ・トランスレーショナル・メディシンで9日発表する。

 ヒトES細胞に、遺伝性のALSで原因の一つとなる遺伝子(変異型SOD1遺伝子)を導入して強く働かせた上で、運動神経細胞と、神経細胞の突起を支持したり機能を維持するために働く細胞(アストロサイト)に分化させることに成功した。

 正常な運動神経細胞と比べ神経突起の太さが定まらず、アストロサイトの機能異常によって運動神経細胞も死滅しやすくなり、ALSが発症した運動神経細胞の形状や性質を再現することができた。

 運動神経細胞とアストロサイトをあわせてALSの症状を再現したのは、iPS(人工多能性幹)細胞も含めて世界初という。

 中辻教授は「遺伝性のALS以外でも、SOD遺伝子の働きの異常がALS発症と関連があることが分かってきており、今回開発したモデルはALSの治療に大きく役立つと期待される」と話している。

 【筋萎縮性側索硬化症(ALS)】 運動神経細胞が変性、消失していく神経難病。全身が動かなくなり、自力で呼吸が困難になると人工呼吸器の装着が必要となる。遺伝性と孤発性があり、遺伝性の約2割は活性酸素を無毒化する遺伝子SOD1の変異が原因となる。

久々にALS関連のニュースが入ってきました。
弧発性ALSの治療に大きく役立つということなので、今後に期待しましょう☆

|

« ここから | トップページ | 覚醒 »

難病」カテゴリの記事

コメント

ひろさん、こんにちは♪

コメントありがとうございます。
ホント、全世界が一体となって治療法を見つけてほしいですね☆
期待しましょう!!

投稿: style-TK | 2012/05/29 15:25

うれしいニュースです。
早く新薬ができることを期待していますよ(^^)
研究者の皆さんがんばってください。
そして世界中みんなで助けあってできることを協力していきましょう。
全員で難病に立ち向かおう(^^)

投稿: ひろ | 2012/05/27 20:13

むーんすとーんさん、サタママさん、こんにちは♪

*むーんすとーんさん

久々に嬉しいニュースが入ってきましたね☆
とにかく早く!早く治療法を見つけてほしい。
患者も、そして家族も年々老いていきます(悲)
一刻も早く!


*サタママさん

季節の変わり目、パパさん体調は大丈夫ですか?
ホント、早く治療法ができるといいですね。
世界中どこでもいいです。
早く見つけてほしいです(≧∇≦)

投稿: style-TK | 2012/05/12 14:43

良い結果が早く出るとイイですね~

夢でなく、現実に治る薬が・・・
期待爆発ですsign01

投稿: サタママ | 2012/05/11 21:46

こんばんは☆

いいニュースですshine
研究が進んで一日も早く治療法が確立しますように。

投稿: むーんすとーん | 2012/05/11 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/54678362

この記事へのトラックバック一覧です: ALSの症状再現 京大:

« ここから | トップページ | 覚醒 »