« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/23

世界に先駆けて

10日ぐらい前に腰を痛めてしまい、まだ治らず少し痛い・・・(。>0<。)
寒くなると痛くなることが増えるので要注意ですね~。

さて、iPS細胞関連ニュースが入ってきました☆

再生医療実用化、国に責務…臨時国会に推進法案 (2012年10月23日読売新聞)

 様々な臓器の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)などを使う再生医療の実用化に向けた法整備として、民主、自民、公明の3党が検討を進めている「再生医療推進法案」の原案が22日、明らかになった。

 病気の治療で再生医療を利用する機会を世界に先駆けて国民に提供すると明記し、研究促進から実用化までの国の責務を初めて法律で定めるのが特徴だ。

 3党はすでに法案の内容について大筋で合意している。23日に担当者間で詰めの協議を行い、早ければ29日召集予定の臨時国会に議員立法で提出する方針だ。

 再生医療実用化にあたっての基本法となる推進法案は、研究開発や提供、普及が進むよう、国に対し「必要な法制上、財政上、または税制上の措置を講じなければならない」と義務づけた。具体的には、〈1〉大学などでの先進的な研究開発への助成金交付〈2〉高度な技術を有する企業などの参入促進〈3〉必要性の高い「再生医療製品」などの早期承認、審査体制の整備〈4〉専門知識を有する人材の育成――などを挙げた。

 再生医療を巡っては、病気や事故で傷ついた臓器や組織を作り直す治療として、患者らの期待が高まっている。一方、iPS細胞はがん化する可能性が指摘されるほか、精子や卵子をつくる技術の研究には生命倫理上の課題もある。法案では、安全確保や生命倫理について有識者らの意見を聞き、国民の理解を得ながら推進することも記した。

病気の治療で再生医療を利用する機会を世界に先駆けて国民に提供する。
ホント、お願いします☆(≧∇≦)
多くの難病患者には時間はあまりありません。
一刻も早い臨床実現へ、よろしくお願いいたします!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/10/12

これからが

今更ですが、京都大学の山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞・・・
本当におめでとうございます!!(≧∇≦)
iPS細胞が誕生してからずっとその研究動向に注目してきただけに心から嬉しく思います☆

私がALSを発症した20年前は絶望しかありませんでした。
それでも未来を信じて前を向いて生きてきました。
今はiPS細胞のおかげで、私にはしっかり希望の光が見えています。

さあ、これからが勝負ですね。
可能性は無限大です!!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012/10/04

カシューナッツ

ALSにアナカルジン酸が有効か?!という、京大のニュース以降、カシューナッツやイチョウ関連のサプリなどを食べている患者さんも多いかと思います。
私も薄皮付きのカシューナッツを食べていますが、実際にカシューナッツの実(種子)にアナカルジン酸が含まれているのか分からず不安でした。そこで、普段お世話になっている某有名健康食品企業の研究部門の方にアナカルジン酸について聞いてみたところ、以下のようなご意見を頂きました。

アナカルジン酸は、カシューナッツの殻はもちろん、種子にも含まれており、特に種子油に多く含まれるようです。

参考までにご覧ください。「京都薬用植物園」
http://www.takeda.co.jp/kyoto/area/plantno164.html

普段見かける市販されているカシューナッツは、種子の中身を塩漬けしたものです。
果肉は食用にされるのですが、しかし殻はかぶれる成分が含まれるため、食材としてあまり利用されていないようです。カシューナッツは漆(うるし)に近く、かぶれる成分が忌避されています。

海外では、カシューナッツ種子油として数点販売されているようですが、日本ではほとんど販売されていないようです。

しかし、市販されているカシューナッツにも含まれておられるようですので、継続してとることで、よろしいかと思います。

と言うことなので、今後も頑張って食べたいと思います☆(≧∇≦)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »