« 約1年半ぶり | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »

2012/12/11

ALS関連ニュース@12/10/2012

神経難病・筋萎縮性側索硬化症の原因に蛋白質分解異常が関与する可能性 -遺伝子改変マウスでの知見から- (平成24年12月10日)

 神経難病の一つである筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因は未だに多くの謎に包まれ、治療法が確立されていないのが現状です。今回、高橋良輔 医学研究科教授、田代善崇 同教務補佐員、漆谷真 滋賀医科大学分子神経科学研究センター准教授らの研究グループは、蛋白質分解異常に着目した遺伝子改変マウスの作製により、ALSの疾患再現に成功しました。この新たなALSモデルマウスの病巣で蓄積する異常蛋白質の解析や同定により、さらなるALSの機序解明や治療法の開発が期待できます。

 この研究成果は、米国科学誌「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー」の印刷版に掲載されました。

ALS発症にプロテアソーム障害が関与!
今後に期待しましょう!!

special thanks AlexKazuさん☆(≧∇≦)

|

« 約1年半ぶり | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »

難病」カテゴリの記事

コメント

名無しの応援団さん

チェルシー負けちゃいましたね~(汗)
コリンチャンスのサポーターの多さには驚きました。
さすがブラジルですね~(笑)

天皇杯寒かったです・・・(;ω;)
でも、勝ててヨカッタです(≧∇≦)
元旦決勝行くぞー!!

投稿: style-TK | 2012/12/18 14:45

こんにちは
今日は、夕方からFIFAクラブワールドカップ
3位決定戦
と、続けて
決勝戦ですね!
今夜も、サッカー三昧
そして、選挙特番と続く
今夜は、テレビに釘付けです
サッカー天皇杯でも、柏レイソル勝ったし
楽しみは続きますね
(●^o^●)v

投稿: 名無しの応援団 | 2012/12/16 15:06

名無しの応援団さん、こんにちは♪

京大頼もしいですね~。
絶対世界初でALSの治療法を発見しましょう!!

CWC、いよいよチェルシーの出番ですね~(≧∇≦)
必見です☆

投稿: style-TK | 2012/12/13 17:13

またまた、京都大学ですか!
京都大学が先行してますね
京都大学の研究に期待!
話しは変わりますが
今、テレビでFIFAクラブ・ワールドカップ
ちょうど、広島VS韓国の試合が終わりました
流石、広島
次の試合は、エジプトVSブラジル
サッカー三昧の夜です
(●^o^●)v

投稿: 名無しの応援団 | 2012/12/12 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/56298560

この記事へのトラックバック一覧です: ALS関連ニュース@12/10/2012:

« 約1年半ぶり | トップページ | TDP-43タンパク質の安定化が神経難病ALSの発症時期のカギ »