« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/25

もう1つの日本代表として

22日は日立台でAFCチャンピオンズリーグ2013 ラウンド16 第2戦「柏レイソル vs 全北(韓国)」が行われました☆

第1戦を2-0で勝って有利だとは言え、決して油断はできません!
案の定、前半に1点先制され、後1点取られたらトータル2-2のイーブンになってしまいます(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
それでもレイソルの選手達は落ち着いていました。
結局、3-2でレイソル勝利☆(≧∇≦)

ベスト8進出ですよ~!!(v^ー゜)ヤッタネ!!
今年ACLに出場した日本勢でラウンド16に進出できたのはレイソルだけです。
まさに日本代表として闘っているんです!
日本のトップリーグの誇りと威信をかけて、アジアの頂点へ!!
いくぞ!柏レイソ~ル!!(*≧m≦*)

20130522


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/19

こんな日もあるさ

五月晴れの昨日は日立台でレイソル×セレッソ大阪戦でしたが・・・

20130518_1

1-3の逆転負け・・・( ´;ω;`)ブワッ

あーーー、悔しい!!
逆転負けは精神的に辛いです・・・(涙)
こんな時はスポーツニュースなんか絶対観ません(苦笑)

20130518_2

まあ、こんな日もあります。
しっかり反省して、ACLに切り替えましょう!(^_-)-☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/10

希望を捨てない

いつもALSの治療法に繋がる貴重な情報を提供してくださっているAlexkazu さんのブログに、現在イスラエルと米国で行われている幹細胞を使ったALS患者への治験に関するセミナーに参加されたZenigataさんからのご報告が掲載されました。
詳しくは↓

「Zenigataさんから最新の情報です。」 - ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
「Zenigataさんからの追記情報です。」 - ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで

私も推移データを拝見いたしましたが、注目するのは「安全性確認のための第1相治験のデータであり、投与量は最小」という部分。最小量で明らかな効果を確認できたことで、投与量を増やして現在行われている第2a相治験の結果に期待しています☆

ただ残念なのは、投与しても時間経過と共に再び進行するということ。
これはiPS細胞でも同じであると考えられます。
進行を止めるには定期的な幹細胞の移植が不可欠になります。
ALSの根本原因を治癒する、または進行を止める治療法の発見も重要です。

※Alexkazu さん、Zenigata さん special thanks!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/07

見応えのある一戦

GW最終日の昨日は日立台でマリノス戦でした。
着くと、まだ1時間前なのに既にビジター側はほぼ一杯!Σ( ̄ロ ̄lll)
20130506_2
普段、サッカー観戦には最悪な日産スタジアムで応援されてる横浜サポの皆さんにとっては、臨場感を楽しんで頂けたでしょうか?( ̄▽ ̄)

試合の方は、今シーズン一番の見応えのある一戦でした!
どっちが勝ってもおかしくない内容でしたが、レイソルが2-1で見事接戦を制しました☆(≧∇≦)
特に残り5分のマリノスの猛攻には、周囲から「うぎゃー!」「キャー!」「やめてくれー!」とレイソルサポの悲鳴だらけ(苦笑)

こういう試合を続けていけば上位に浮上できるでしょう!
後は・・・どこか大宮を止めてくれ~(汗)

20130506_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/04

本気度は?

50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で (2013年5月3日 読売新聞)

 政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

 パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想だ。

 難病は患者が少ないため研究が難しく、原因の究明や薬の開発が、世界的に進んでいない。このためマウスなどの実験動物で難病を再現する研究が行われているが、患者に使える薬を見つけるには限界があった。

 iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待される。

政府の本気度はホンモノでしょうか?
本気で取り組んでどんどん前へ進めてください☆
宜しくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »