« 見応えのある一戦 | トップページ | こんな日もあるさ »

2013/05/10

希望を捨てない

いつもALSの治療法に繋がる貴重な情報を提供してくださっているAlexkazu さんのブログに、現在イスラエルと米国で行われている幹細胞を使ったALS患者への治験に関するセミナーに参加されたZenigataさんからのご報告が掲載されました。
詳しくは↓

「Zenigataさんから最新の情報です。」 - ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
「Zenigataさんからの追記情報です。」 - ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで

私も推移データを拝見いたしましたが、注目するのは「安全性確認のための第1相治験のデータであり、投与量は最小」という部分。最小量で明らかな効果を確認できたことで、投与量を増やして現在行われている第2a相治験の結果に期待しています☆

ただ残念なのは、投与しても時間経過と共に再び進行するということ。
これはiPS細胞でも同じであると考えられます。
進行を止めるには定期的な幹細胞の移植が不可欠になります。
ALSの根本原因を治癒する、または進行を止める治療法の発見も重要です。

※Alexkazu さん、Zenigata さん special thanks!!

|

« 見応えのある一戦 | トップページ | こんな日もあるさ »

難病」カテゴリの記事

コメント

AlexKazu さん

こんにちは♪
いつも情報ありがとうございます。
メラトニンですね!
私も探してみますヽ(´▽`)/

投稿: style-TK | 2013/05/15 15:02

こんにちは、メラトニンにも神経保護効果もあるようです。
アメリカでは、お店でメラトニンのサプリメントが販売されております。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3+%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88&tag=googhydr-22&index=hpc&jp-ad-ap=0&hvadid=23873272625&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=11370158641808824628&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&hvdev=c&ref=pd_sl_9ark7bpfod_b
5~20mgタイプがお勧めです。

投稿: AlexKazu | 2013/05/13 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/57352208

この記事へのトラックバック一覧です: 希望を捨てない:

« 見応えのある一戦 | トップページ | こんな日もあるさ »