« モヤモヤ | トップページ | 見応えのある一戦 »

2013/05/04

本気度は?

50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で (2013年5月3日 読売新聞)

 政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

 パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想だ。

 難病は患者が少ないため研究が難しく、原因の究明や薬の開発が、世界的に進んでいない。このためマウスなどの実験動物で難病を再現する研究が行われているが、患者に使える薬を見つけるには限界があった。

 iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待される。

政府の本気度はホンモノでしょうか?
本気で取り組んでどんどん前へ進めてください☆
宜しくお願いいたします。

|

« モヤモヤ | トップページ | 見応えのある一戦 »

難病」カテゴリの記事

コメント

サタママさん、むーんすとーんさん、ロックさん、こんにちは♪

*サタママさん

ホント、時間がかかったんじゃ意味がありません!
完璧な安全よりもリスクが多少あってもいいんで、早く実用化を!!


*むーんすとーんさん

時間との勝負ですね!
本気でお金と人をつぎ込んでほしいです(涙)


*ロックさん

不安ですよね・・・(´;ω;`)ウウ・・・
でも、希望だけは捨てずにいきましょう!
信じましょう、人間の英知を(^_-)-☆

投稿: style-TK | 2013/05/05 15:42

今すぐ薬が欲しいです。
心が持ちません。

投稿: ロック | 2013/05/05 10:56

こんばんは。

iPSに関してはかなり国も力入れてるんじゃないかと思いますが。
待ってる患者さん達にはとにかく時間がないですから。
ほんと一刻も早く!

投稿: むーんすとーん | 2013/05/04 23:30

時間が無いので、『2016年』なんて、言ってないで、早くして欲しいですbearing

でも、この国ではこれでも早いと思っているのかなァ~

投稿: サタママ | 2013/05/04 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19206/57309314

この記事へのトラックバック一覧です: 本気度は?:

« モヤモヤ | トップページ | 見応えのある一戦 »