« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/30

初内視鏡

4日前の26日、市内の病院で人生初の大腸内視鏡検査を受けました。

何故、やったかというと・・・
更にさかのぼること6日前の20日木曜日、いつものようにトイレで大きい方をした後、立たせてもらってズボンを履く際に便座に赤い点があることに気付きました。
確認すると、血痕です(汗)
母にお尻を診てもらうと血が付いているというではありませんか!!Σ( ̄ロ ̄lll)
そんなに痛みとかはありませんでしたが、とりあえず痔かと思い2日様子を見たのですが依然治まらないので、22日土曜に病院へ行ってきました。しかし触診では痔はみつからず、血液検査でも異常はなさそうだということでした。
となると、考えられるのはポリープ?!

そこで、26日水曜に大腸の内視鏡検査を受けたのですが・・・

まず、大変なのは検査前日から飲む下剤ですよ!!( ´;ω;`)ブワッ
当日の朝なんか2リットルですよ、2リットル!
美味くないし(悲)
もーーーう、15分おきにトイレです。

そして、内視鏡!
・・・できることなら二度とやりたくありません!!(;ω;)
グリグリって腸が引っ張られて痛いし(涙)

でも、そんな痛い思いをしたおかげでポリープを発見。無事切除しました☆
しかし、出血の原因はそれではなく、他には異常が見つからず、多分やはり痔があったのではないかとのことでした。

何はともあれ、とりあえず大事に至らず安心しました☆
1週間は安静です。
今日のレイソル観戦はお休みです・・・(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/18

期待しています☆

昨夜の報道ステーションにiPS細胞の生みの親である京大の山中教授が出演されていました。
インタビューの中でiPS細胞を利用した創薬に関して、ALSについても言及されていて、

「ALSについては、ここ最近で大きな進展があり、5年以内の臨床に向けて近いうちに製薬会社にバトンを渡せるところまできた」

一回しか聴けなかったので正確ではありませんので、間違っていたらごめんなさい(。>0<。)
概ねこういった内容をおっしゃっていたと思います。

一刻も早くALS治療薬の確立へ!
期待しましょう☆

【6/19追記】
本日、京都大学 iPS細胞研究所より、下記内容のニュースがリリースされました!

疾患特異的iPS細胞の提供について

京都大学iPS細胞研究所より、理化学研究所バイオリソースセンター(理研BRC)に寄託した、以下の疾患特異的iPS細胞について、同センターより提供が開始されていることをお知らせいたします。
CINCA症候群患者さん由来 疾患特異的iPS細胞 3株
ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者さん由来 疾患特異的iPS細胞 5株

これらの細胞は、国内外の非営利機関における学術研究目的に供給が可能です。尚、一部は、所定の手続きののちに、国内外営利機関にも供給が可能となります。

http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/130619-143328.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/08

延期?!

最近マウスの左クリックボタンの調子が悪く、一回しかクリックしていないのにWクリックになってしまって、スクリーンキーボードを使う私は、もーーーう、イライラ・・・( ゚皿゚)キーッ!!
買い換えるしかないかなあ(;´д`)トホホ…

ところで、コレは一体?!
 ↓↓↓
再生医療新法案、今国会の成立断念…政府・与党 (2013年6月7日 読売新聞)

 政府・与党は6日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療製品などについて審査手続きを簡素化し、早期実用化を可能にする薬事法改正案と再生医療新法案(再生医療安全性確保法案)について、今国会の成立を断念する方針を固めた。

 自衛隊による在外邦人の陸上輸送を可能にする自衛隊法改正案についても、次期国会に先送りする。野党が多数を占める参院で、民主党などの賛成が見込めないためだ。

 薬事法改正案などは提出が5月下旬と遅れた上、先に提出された生活保護法改正案などの審議に時間がかかり、26日の会期末まで3週間を切ったにもかかわらず、審議入りすらできない状態が続いている。政府・与党は、参院厚生労働委員会の委員長を野党の民主党が握っていることから、「審議未了で廃案になる可能性がある」と判断し、継続審議とすることにした。

オイオイ!!先送りって?!( ̄Д ̄;;
一刻も早い治療法の発見を望んでいる私達難病患者のためにも、臨時国会でも通常国会延長してでも早く審議してください!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »