« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/31

かっぽう着「リケジョ」快挙☆

再生医療関連で素晴らしいニュースが入ってきましたね!

論文一時は却下…かっぽう着の「リケジョ」快挙 (2014年1月30日 読売新聞)

 生物学の常識を覆す発見を世界に先駆けて公表したのは、30歳の日本人女性が率いる国際研究チームだった。

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子さんが研究を着想してから6年。意表を突く簡単な手法で様々な組織に変化できる「STAP細胞」を作ったとの論文は当初、一流科学誌から「信じられない」と掲載を拒否されたが、日本のベテラン研究陣の後押しが成功に導いた。

 小保方さんは早稲田大理工学部を2006年に卒業後、高校時代から憧れていた再生医学の研究を開始。この年、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したと発表した山中伸弥・京都大教授の講演を聞き、研究に打ち込む決意を強めた。刺激で細胞を変化させるという今回の成果につながるアイデアが浮かんだのは08年に留学していた米ハーバード大でのことだった。

 実験で極細のガラス管にマウスの細胞を通すと、予想より多い幹細胞ができた。「狭い場所を通る刺激がきっかけになったのではないか」と発想を転換して研究を続けた。

 しかし、米国の専門家にも共同研究を持ちかけても、実績のない若手は相手にされない。救いの手を差し伸べたのは10年、センターで研究中の若山照彦・現山梨大教授(46)だった。世界初のクローンマウスを作った若山さんは、突然訪ねてきた小保方さんの協力依頼に「最初は信じられなかったが、僕が証明できれば米国に勝てると思った」と応じた。

 毒素を使ったり、細胞に栄養を与えず飢餓状態にしたり……。11年にセンター客員研究員になった小保方さんは実験を続け、その年の冬、若山さんと、STAP細胞からできた細胞を持つマウスを誕生させた。

 権威ある科学誌ネイチャーに論文を投稿したが、掲載は却下され、審査した研究者からは「細胞生物学の歴史を愚弄している」という趣旨のメールも届いた。肩を落とす小保方さんを、幹細胞研究の第一人者である笹井芳樹・副センター長(51)らが支援。データを解析し直し昨年3月、論文を再投稿。掲載が決まった。

 研究室のスタッフ5人は全員女性。研究室の壁はピンクや黄色で、好きなムーミンのキャラクターシールも貼っている。仕事着は白衣ではなく、大学院時代に祖母からもらったかっぽう着。「これを着ると家族に応援してもらっているように感じる」という。

 理系の女子学生や女性研究者を指す「リケジョ」が注目される中で飛び出した成果。日本分子生物学会理事長の大隅典子・東北大教授(53)は「発生生物学は多くの女性研究者が活躍してきた分野。若手が見つけた小さな芽を、周囲のサポートで結実させた点もすばらしい」と喜んだ。

 これから世界で激しい競争が予想される。「プレッシャーを感じるが、10年後、100年後の人類社会への貢献を意識して、一歩一歩進みたい」と決意を話した。

▽プレスリリース
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所

ホント、スゴイですね☆
ただ、STAP細胞の出現でiPS細胞の研究に影響が無いかが心配です・・・。
STAP細胞が見つかったからiPS細胞はもういいではなく、両方重要です!

とにかく・・・
どっちでも良いので、一刻も早いALSの治療法の確立を!!
よろしくお願いいたします。

余談
小保方さん、松戸出身だとか。
きっと柏レイソルのファンに違いない!( ̄ー ̄)ニヤリ
かっぽう着の下に是非レイソルのレプリカ着て~(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/01/25

あの時の私

今週のALSを扱った水10ドラマ『僕のいた時間』第3話が放映されて、遂に医師からALSだと告げられましたね・・・。

20140125観ていて、22年前のもう忘れかけていたあの時24歳の頃の自分を思い出していました。
右手の親指の付け根に違和感を感じ、大学病院へ。
しかし診断に納得がいかず、筑波大、千葉大、慶応、日大、東大病院、あちこち行きました。
結局、発症当初は運動神経疾患ではあるがALSだとは診断がつかず。
ただ、ALSの可能性は告げられていました。
そんなの納得いかず、絶対認めませんでした。
社会人としての私の人生はまだ何も始まっちゃいない。冗談じゃないって。
これから仕事の経験を積む大事な時期だし、結婚して子供を授かって家庭だって築きたい。
まだ24だぞ、冗談じゃないって。
第3話の最後で唐揚げを食べながら深い不安に襲われ、「助けて・・・」とつぶやくシーン。
布団をかぶって独り泣きながら、「神様助けて!!」と心の中で叫んでいたあの時を私を思い出しました。

三浦君の演技はとてもリアルで、20代前半でALSを宣告された人間の気持ちがよく出ていると思います。
是非、ALSを知らない方達に見て頂きたいドラマです(^_-)-☆

第3話を見逃した方は→コチラ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014/01/14

諦めない心

昨日行われた第92回全国高校サッカー選手権大会決勝。
史上初の富山県代表の富山第一と石川県代表の星稜という北陸勢同士の対決となった一戦は延長戦にまでもつれ、0-2から劇的な逆転で富山第一が3-2で制して、初優勝を飾りました。

イヤ~、スゴイ試合でしたね~(^-^;
後半残り5分で2点差を追いつき、延長後半終了間際に決勝点って?!Σ( ̄ロ ̄lll)
良い試合を観させていただきました。

負けた星陵の選手の皆さん。
ショックでしょうが、この経験はこれからの人生できっと役立つと思います。
胸を張って帰ってくださいね。

勝った富山第一の皆さん。
本当におめでとうございます☆
諦めない心、素晴らしかったです。
感動をありがとう!!(≧∇≦)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/07

ALS×水10ドラマ

いよいよ明日1月8日(水)夜10時からALSを扱った連続ドラマ『僕のいた時間』がフジテレビでスタートします!!
主演はイケメン俳優の三浦春馬君。
大学4年生でALSを発症するといった役どころ。

私がモデルです。

・・・嘘です(苦笑)

でも、24歳でALSを発症した私には、きっとダブってしまう点も多いと思います。
仕事も恋も諦めなければならなかった、あの頃。

感慨深いドラマになりそうです・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/01/02

新年あけましておめでとうございます☆

20140102

新年あけましておめでとうございます!!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末はブログ更新する間もなく、新年あけてしまいました(A;´・ω・)アセアセ
しかも大晦日に腰を痛めてしまい、正月早々ついていません(´・ω・`)ショボーン

しかーし!
良いニュースも入ってきました☆
 ↓↓↓

神経と筋肉一体作製 東大、マウス実験で確認 (2013/12/31 日本経済新聞)

 東京大学の研究チームは神経と筋肉が一体になった組織を作製して、神経に与えた刺激によって筋肉が伸び縮みする動きの再現に成功した。マウスの実験で確認した。将来、iPS細胞などから神経と筋肉ができれば、筋肉の異常が原因の難病である重症筋無力症やALS(筋萎縮性側索硬化症)の再生医療につながる。

 東大生産技術研究所の竹内昌治准教授と大学院生の森本雄矢氏の成果。研究チームによると神経と筋肉が一緒になった組織の作製は初めてという。これまで筋肉だけは再現できたが、神経からの刺激によって動く組織はできていなかった。

 研究チームはまずマウスの体内から筋肉の細胞を取り出してシリコン基板の上で培養し、細い筋肉の細胞が束になった筋肉線維を作った。この筋肉線維にマウスの神経のもととなる神経幹細胞を加えたところ、神経と筋肉が一体になった「運動神経細胞」が得られた。

 神経からの刺激で筋肉が収縮するには、神経細胞が筋肉線維の中に入り込み筋肉とくっつく「神経筋接合部」ができなければいけない。神経細胞にグルタミン酸などの神経伝達物質を与えると筋肉に刺激が伝えられ、伸びたり縮んだりした。神経筋接合部ができていたのが確認できた。

 筋肉の収縮は筋肉線維に電気刺激を与えることでも起こるが、神経刺激で筋肉を動かすことはできていなかった。

 iPS細胞などを使った再生医療では、複数の細胞が立体的に成長した3次元の組織が万能細胞からできるかが実用化の課題となる。マウス実験の段階ではあるが、神経と筋肉が一体になった組織ができたことで治療に近づいた。神経と筋肉の間で信号のやり取りが異常になる重症筋無力症やALSなどの難治性疾患や、脊髄の神経が切れて下半身がまひする脊髄損傷の治療にも道が開けると期待される。

今年こそはALS治療法の臨床に繋がる研究成果を期待しましょう☆
今はとにかく進行を遅らせる努力をするしかありません。
同病者の皆さん頑張りましょう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »