2006/09/13

外国人ヘルパー番組告知(今夜)

今晩放送予定(午後8:00~午後8:30)のNHK教育「福祉ネットワーク」で「シリーズ 介護の担い手たち(3)外国人」があります。(詳しくは、こちら

老後の生活を支える介護の現場。その新たな動きをリポートするシリーズの第3回は、導入が検討されている外国人の問題を取り上げる。すでに各地の施設では、先駆けとして永住ビザを持つ在日フィリピン人がヘルパーとして働いている。東京には、在日フィリピン人向けにヘルパー養成講座を開き、施設に人材を派遣する会社も現れた。外国人ヘルパーは言葉や生活習慣の違いを越えて介護の担い手になれるのか。最先端の動きを伝える。

まさに先日、日比間で自由貿易協定を柱に、人の移動(労働者の受け入れ)、経済協力までを含めた経済連携協定(EPA)が締結されましたし、今後フィリピン人ヘルパーの流入も段階的に進んでいくと予想されます。
しかし・・・島国感情の大きい日本国民ですし、就労条件も厳しいです。日本看護協会も昨日12日、「自国の看護師不足を解消するために安易に外国人看護師を受け入れるべきではない」とする声明を発表して事実上受け入れを拒否しています(汗)

更に日経新聞では、こう伝えています・・・

 日本政府が協定の署名を受け、2年間で比人看護師・介護福祉士合わせて1000人を受け入れる方針を発表したことについて、次官は「フィリピンは日本の医療現場の需要を満たせないだろう」と述べ、実際の就労者数は日本の設定枠を下回るとの見通しを示した。日本での就労前に無給で6カ月間の語学研修を義務付けられていることが理由だと説明した。

 同国看護師協会のマリリン・ヤップ理事長も「日本を目指す看護師は少ないだろう」と指摘、労働市場の開放に向けた日本の取り組みを疑問視している。(元記事は、こちら

介護に興味のある方は、今晩明晩の福祉ネットワーク必見です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/06

新たな動き

告知しました昨日のNHK番組観ました!
8時頃日比間FTA締結への状況ニュースの後、3分程度でしょうか。ルセナで一人暮らししている下半身麻痺、上肢障害がある日本人男性のレポートでした。
ダバオで暮らししている全身麻痺の方といい昨日の方といい、どちらも40代後半の中途障害者です。お二人とも元は同じフィリピン・ルセナの「日本人障害者の家」から始めたんだと思います(違ってたらスミマセン)。この年代の方達とはあまり付き合いがないのですが、スゴイなあと感心してしまいます。

実は・・・私のダバオ取材も昨日の放送で一緒にというお話もあったのですが、残念ながらボツになってしまったようです(号泣!) あんなに取材して頂いたのにテープ勿体ないな~。そんなもんなのか、TVの取材って?・・・と思っていました。

しかし、当時担当だったディレクターの方(現在は別業務)が勿体ないし何とか使えないかと奔走してくださった結果、昨日放送した番組の担当ディレクターの方が、今後の私の海外自立生活への動きも含めて長期スパンで取材したいとの申し出がありました。

で、早速来週お会いすることになりました☆

放送を楽しみにして下さってた皆さんには本当にすみませんでした(ToT)
ただ、こうした新たな動きも出てきそうなので・・・どうなるか分かりませんが、またご報告できることを私も祈ってます(笑)

今後も伝えられる範囲で随時レポートしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします(*^▽^*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/09/04

TV番組告知(未決定ですが)

明日(5日)放送予定の「NHKニュース おはよう日本 ニュース・特集・アジア&ワールド・おはようコラム(午前7:45~午前8:15)」の番組内で、フィリピンのルセナ在住の日本人障害者の方について放送されるかもしれません(3分程度)

現時点で未決定ですので確約できませんが、もしお時間あればご覧になってみて下さい☆
やらなかったら・・・ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/06

ダバオ滞在記 -おまけ-

Davaos_map向こうで入手したダバオの地図(観光用?)をスキャナで読み込み画像化しましたので公開いたします☆(PDFにしようと思いましたが、あまりにもファイルサイズが大きすぎたため断念し、JPG画像 1.3Mにしました)
ダバオへ行かれる予定がある方、どうぞコピってご利用下さい(*^▽^*)
※別窓で開きます(オリジナルサイズ:1650×2202)

※追記
上の地図、元はA2サイズですので4分割(A4)したPDFファイルも公開いたします。プリントアウト後貼り合わせてご利用下さい。
「davaomap0001.pdf」をダウンロード
「davaomap0002.pdf」をダウンロード
「davaomap0003.pdf」をダウンロード
「davaomap0004.pdf」をダウンロード

おまけのおまけ☆
20060806
パラダイスビーチにいた女の子。ポーズ決まってるね(*^▽^*)
しかし・・・叔父さん、いつの間に撮ってたんだ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

処刑人?それとも、必殺仕事人?

前から聞いてはいましたが、ダバオのドゥテルテ市長はスゴイんです。
何がスゴイかって・・・

D.D.S(Davao Death Squad)という私兵を組織して、凶悪犯罪者をバンバン撃ち殺しています。

日本なら凶悪犯罪を起こしても判決によっては死刑にならずに無期懲役になって、結局20年くらいで出所できますが、ダバオでは凶悪犯は出所してもD.D.Sに射殺されます(汗)
市長はダバオのダーティーハリーと呼ばれ、支持率は85%超。米誌「タイム」に「処刑人」として特集されたらしいです。他にも、共産ゲリラが市に逃げ込もうとした時、自らヘリに乗ってマシンガンをブッ放し、ゲリラ狩りに加わったという武勇伝?もあるらしいです・・・(^_^;

20060803ヘリに乗ってマシンガンをブッ放し、自らゲリラ狩り・・・
スゲー人だ!あんた、中村主水(藤田まこと)かっ?!

確かにダバオでは夜間の女性の一人歩きも可能だと言っていましたが、そりゃ殺されるんじゃ怖くて襲えないですよね(苦笑) 他にも、少年少女の非行対策のため「16歳以下は9時門限」という門限条例を作った・・・とか、外国人誘致で銀行の保有を増やし、農村部への低金利融資を指導。農村部を活性化させる等、功績は大きいようです。

治安が良いことは嬉しいですし、日本の凶悪犯罪での被害者遺族の気持ちを思うと、あながち恐怖政治とも言い切れない気がします。絶対殺されるって考えたら犯罪減るんじゃありません?(*^▽^*)
「死を持って罪を償う」
まさに、必殺仕事人だあー!スゲー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/28

ダバオ滞在記 18 -総括-

5泊6日の視察滞在はあっという間でした。
普段日本にいる時は1週間に1回外出できればいい方ですが、この滞在中は本当に毎日忙しく出て歩き、心地よい疲労感を感じる毎日でした。

私がフィリピンでの自立生活の可能性を考え始めてから早一年以上。今年5月のある新聞記事をきっかけに行動に移し、ついに一歩を踏み出しました。行って良かったと思います☆
この滞在で私が見て感じたことは、実際に生活する中の一部分に過ぎないでしょう。正直いいと思えることばかりで、逆に少し怖くなって疑ったりするところもありますが・・・。それでも、私は行く価値は十分あると感じました。

もちろん日本での自立生活を諦めてるわけではありませんし、私はまだ自分が国内で社会に貢献できることがあるはずだと信じているので、国内での可能性をすべて諦めて海外に活路を見いだすというよりも、「選択肢」として海外での自立生活も候補にすることができるかが重要だと私は思うのです。
前にも書きましたが、私を含め独身で親に介護してもらっている障害者はいつまでも親はいてはくれないんです。親亡き後、どう生活していくのかしっかり自分で考え行動し、準備しなければいけないと思うんです。(特に30過ぎて家でのほほんとニートしてる、重度でも進行性でもない障害者の方)

今回私が見て感じたこと、ほとんど全行動をレポートしたつもりです☆
よりリアルに伝わればと思い"顔出し"写真も載せましたし、TV局の取材もお受けしました。でも、本当の私は病気になってから鏡もあまり見なくなりましたし、まして写真やビデオに撮られるのは好きではありません。そこに写っているのは普段見ることのない「今の私の本当の姿」であり、病気が進行して痩せ細りぎこちなく歩く姿を第三者的な視点で見ると、どーしようもない悲しさが襲ってきます・・・(悲)
それでも、私と同じように海外での自立を考えてる方の参考になるのであればと思い、喜んでお受けしました。

私、思うんです。
内容にもよりますが、情報っていうのは共有してこそ価値が出るものだと。
自分だけが知ってればいいとか、教えたくないとか、そんな心の狭いことじゃなくて、みんなで共有して、それぞれの持つ情報で不足分を補っていくことが大事じゃないでしょうか。

願わくば、このダバオ滞在記を読んで自分も行ってみたいって思い、行動に移す障害者の方が出てくれれば嬉しいです(*^▽^*)
障害者が海外で一人で暮らすことってそんなに簡単なことじゃないかもしれません。でも行動しなければ何も始まらないのです。

ダメだったなら別の方法考えればいいじゃありません?(^o^)
人それぞれ考え方違うと思いますが、これからもダバオでの生活のことも含めて、私は私の方法で楽しく、そして大人な生き方を模索していくつもりです。だって、それが私の生きる道だから。
なんちって(笑)

これで、約半月掛かった「ダバオ滞在記シリーズ」おしまいです。
飽きずに最後まで読んでくださった貴重な皆様に心から感謝と御礼申し上げます☆
ありがとうございました。懲りずに今後ともよろしくお願いいたしますね(笑)

最後に・・・今回の渡航でお世話になりました叔父さん、友人のお二人には心から感謝しています。
本当に本当にありがとうございました!!

20060728

※参考資料1:掛かった費用
約85,000円 成田-ダバオ往復航空機代
約65,000円 宿泊代/運転手付きレンタルカー3日分/ヘルパー4日分
約35,000円 4人分飲食代 他
----------------------------
計185,000円

※参考資料2:ダバオ関連サイト
YEHEY!DAVAO/ウェブリブログ
はっぴぃ定年ライフ
my DAVAO CITY
Official Web Site of Davao City
Davao City - Experience Davao

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/07/27

ダバオ滞在記 17

本題に入る前に、ダバオ滞在記 12でレポートしたMarco Polo Hotel の中にあるプレジデンシャル スイートルームの写真の載ってるブログ発見しました☆ス、スゴイんですけど(汗)
 ↓↓↓↓
Photos@Philippines
泊まってみたい!一泊幾らだろ・・・?3万くらいだったら一度泊まってみたいけど、そんな安いわけないですね(^_^;

さて、本題。
7月3日(月)滞在最終日。あっという間に日にちが過ぎ、きょう日本へ帰ります(´・ω・`)ショボーン

AM5:00 起床。あまり眠れませんでした・・・(悲)
AM5:45 宿舎出発。朝焼けがとてもキレイ☆
AM6:00 ダバオ国際空港到着。
チェックインを済ませ、朝食を軽く食べて、いよいよ飛行機に乗り込みます。

20060727_1
さようなら、ダバオ!
AM7:45 PR810 Davao --> Manila

20060727_2
さようなら、ミンダナオ島~(ToT)/~~~

約1時間半のフライトで無事マニラに到着です☆
現在、9:55。成田行きの便はPM2:50。5時間もあります。これを一番改善してほしいです!

ボヤいても何も変わりません(苦笑)。日本にいる頃からマニラでの過ごし方を検討した結果、マニラマカティ市内にあるHard Rock Cafe に行こうと決めていたので、タクシーで一路Hard Rock Cafe へ。

20060727_3
20060727_4
マニラマカティ・・・都会です!(汗)
ジープニー、あまり見かけません。鉄道などの交通インフラが整備されてるせいでしょうね。

20060727_5
ハードロック・カフェ MAKATIに到着☆同じ建物内にタワーレコードやスタバなんかも入ってました。
ショップで姪っ子と甥っ子にTシャツをお土産に購入して、自分用にも2枚購入~(*^▽^*)

20060727_6
昼食代わりにハンバーガーとフィリピンでの最後のサンミゲールビールで乾杯したのですが、相変わらずでかいハンバーガーは寝不足のせいか食欲が無く1/3しか食べられませんでした・・・(悲)

Hard Rock Cafe MAKATI
Levels 3 & 4, Glorietta III Ayala Center, Makati City, Philippines

20060727_8
関係ないですが、「ハードロックカフェ成田 東京」が今秋 オープンするらしいです!結構近い、ラッキー♪

ハードロック・カフェを後に空港へ戻ります。

20060727_7
PR432 PM2:50 Manila --> Narita
フィリピンともしばしお別れです。次の訪比は冬?の予定(^_^)v

PM8:00 成田空港到着
PM9時過ぎ、無事家に帰宅しました~(≧∇≦)b

約14時間の長旅と共に今回の視察は無事終了です。さみしいなあ・・・(´・ω・`)ショボーン
次回、この旅を振り返り総括してダバオ滞在記は最後としたいと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/26

ダバオ滞在記 16

マッサージを終えて夕食まで時間があったので、きのうお昼を食べたフィリピン料理屋さん(詳しくは、こちら)の隣にあるショッピングモール「VICTORIA Plaza」に行ってみました。

20060726_1
20060726_2
2階建てです。やはり暑いせいでしょうか、モール内は冷房効いてますし、みんな涼みに来ているようです(笑)
ただ、このモールにある唯一のエレベーターが壊れていて使えませんでした・・・_| ̄|○がくっ
直そうよ・・・スグさあ。

20060726_3
このモールにはイミテーション(偽物)のスニーカーなんかも堂々と売られていて、ナイキやアディダスの偽物が1000円くらいから買えます。ネタで一足買っていこうかと思ったのですが、あまりにも作りが悪いのでやめました(笑)

20060726_4
今晩は明日の出発が早いので、少し早めに夕食をとります。
行ったのは VICTORIA Plaza の目の前にある韓国料理屋さん「KIM CHI」です。焼肉でも食べて明日の出発に備えます☆お店の前に急なスロープあり。しかも鉢植え置いてるし・・・(苦笑)

20060726_5
焼肉~♪・・・って喜んだのもつかの間、メニューを見ると・・・焼肉無い??
ショック!ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!
韓国家庭料理屋さんだったのね・・・(悲)
仕方ありません(涙)
でも、チヂミやチゲ鍋、のり巻きとか美味しかったですよ。店内にいた他のお客さんはみんな韓国人っぽかったです。
ヘルパーの彼女辛いのダメで、チヂミとかのり巻きしか食べられなかったみたいで申し訳ないことしてしまいました・・・ゴメンね(^_^;


おまけ☆
20060726_6
ダバオには日本人会の他に日系人会があり、写真は日系人会が運営するインターナショナルスクールです。

さあ、あす帰国です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/07/25

ダバオ滞在記 15

7月2日(日)滞在5日目。
明日は朝早くダバオを発たなければいけませんので、行動できる最後の日です。
一応視察したかった場所は全部見ることができましたので、きょうは市内観光をすることにしました(*^▽^*)

20060725_1
まず向かったのは、The San Pedro Cathedral。
サンペドロ大聖堂はダバオ市で最も古い教会で、1847年スペイン統治時代に建設されました。市役所の目の前にあります。ダバオに住む人の多くがカトリックです。そのほかにイスラム教の方が住むイスラム街もあります。

20060725_2
日曜だったので大勢の方がミサに訪れています。

大聖堂を後にし、昼食に行こうと思っていたイタ飯屋さんまでそう遠くないということだったので「じゃあ、せっかくだし歩こう」ってことになったのですが、コレがまた大変なことに・・・。

20060725_4
ハッキリ言って、街中のバリアフリーはまだまだです!(´・ω・`)ショボーン
歩道は狭く、車道と歩道の間は日本のように擦り付け(スロープ)にはなっていません。ですから車道を渡る度に20cmくらいの段差を車いすを持ち上げてもらわないとなりません。介助は一人ではとても無理です(悲)
しかも、ダバオにはほとんど信号がありません。大きな道路を横断する際は車いすの場合、特に注意が必要です。

そんな大変な思いをして辿り着いたのが、Js Gaisano South Mall 5階にあるイタリアン・レストラン「PICOBELLO」です。写真ありませんが、ペンネのカルボナーラとピザとサラダをオーダー。店内は欧米系の外国人が多かったですよ~。味は普通に美味しかったです☆(≧∇≦)b
PICOBELLO
Address : 5TH LEVEL GAISANO SOUTH MALL, ILUSTRE ST., DAVAO CITY, PHILIPPINES

20060725_3
食後、滞在も5日目で疲れもあったのでマッサージに行くことにしました(^o^)
タイ式マッサージがあるというのでオススメだという「Tan-Ton」というお店に行きましたが、2階にありエレベーターはありません(号泣!) しかも、残念ながら私は全身は危険だといわれて、足のマッサージだけしかしてもらえませんでした・・・(悲)
それでも気持ちよかったですよ♪
TAN-TON RELAXATION CENTRE
Address : 2/F CVA & Sons Bldg., JP Laurel Ave., Davao City

おまけ☆
20060725_5
この日の朝、宿舎の庭で撮った1枚です。午前中なのに恐ろしく暑いです(笑)
でも湿気が日本ほどないので、日陰はいられなくはない・・・かな?(長時間は苦しいかも・汗)
ここ最近千葉はずっとお天気悪いですし、あの焼けるような太陽の日差しが恋しくも思えたりします(*^▽^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/23

ダバオ滞在記 14

午後は不動産物件事情を見に行きます。
事前に入手した現地情報によると、ダバオには不動産屋さんといわれるものが少なく、物件情報は新聞広告をマメにチェックするか、自分の足で歩いて「For Rental」と書かれた看板のある家を探すしかないようです(^_^;

私たちは宿舎から近い「Insular Village」に見学に行きました。
この Village っていうのは、塀に囲まれた住宅地で24時間のセキュリティが常駐し、住宅街に出入りするのも許可された人しかできません。しかも、Village 内にDavao Museum という美術館まであるというじゃありませんか!(^_^;
ダバオはマニラに比べ治安は良く、慣れてくれば一般の住宅街でも大丈夫らしいですが、最初は多少お金が高くても Village 内に借りるのが安全面で安心です☆

20060723_1
Insular Village 内の道路。
・・・人っ子一人いません(汗)
っていうか、家はどれもこれもデカイです!どう見ても高級な家ばかりで、叔父さんも友人も私もただただビックリするばかりです。領事館員や外国企業の部長クラスの駐在員じゃないと住めなさそうな家しかないんじゃないだろうかと思いました(ば、場違い・・・?)

20060723_2
・・・と思ったら、長屋タイプのもありました。
メゾネットタイプといいましょうか、2階建てで一人で住む私にとっては手頃な大きさではあります。しかし、2階建ては階段を一人で上り下りできない私には使えません。

20060723_3
隣も同タイプですが、先ほどのより少しだけランクが下がる感じです。
運良く一番角部屋の塀に「For Rental」の文字が!しかも偶然オーナーの方が外にいたのでお願いして中を見せて頂きました。
写真は残念ながら無いんですが、1Fは入ってすぐリビング、奥にダイニングキッチン、トイレと納戸、さらにその奥にお手伝いさんの部屋などがあります。私は上がりませんでしたが、2Fには部屋が2つに2シャワールームあるらしいです。家賃は15,000ペソ(3万チョット)で、正直健康だったら借りたいくらいでしたが、2階建ては・・・ねぇ(汗)

賃貸物件には家具付きと家具なしがあり、それで家賃が大きく違うらしいです。この Village 内では2万円/月は違うというので一年契約だと24万違いますが、それだけあれば自分の気に入った家具が入れられるのでどちらが得かは一概には言えません。それに、ヘルパーさんの費用や自分の障害年金の支給額等によってどれくらいまでなら家賃で払えるのかも違うかと思います。

で、今日の予定を終えて夕食へ☆

20060723_4
きょうは最近できたばかりだというタイ料理屋さん「KRUA THAI」に行きました(*^▽^*)

20060723_5
このお店の左隣はBO'S COFFEE CLUB というフィリピンではセブ島にもあるカフェがあり、右隣はフィットネスクラブでした。ここだけオシャレな建物で目立ってました(笑)

20060723_6
味は・・・めちゃくちゃ美味しかったです~!
ホント、トムヤムクンもコクがあるというか美味しいし、他の料理も美味しいです(*^ー゚)b グッジョブ!!
こんな美味しいタイ料理がリーズナブルなお値段で食べられるなんて、ダバオはいい所ですね。

お店は入り口から店内段差はなく通路も広いです。
しかし、トイレはバリアフリー対応ではありませんでした・・・(残念)
それ以外は大満足な夕食でしたよ☆

KRUA THAI
Address:SM City, Ecoland, Davao City
Contact Nos.:297-8592

| | コメント (0) | トラックバック (0)